MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
よね家|ランチに提供される「とりわさ丼」は、半生の鶏肉をワサビ醤油でさっぱりと!(鶏料理/水天宮前)

よね家|ランチに提供される「とりわさ丼」は、半生の鶏肉をワサビ醤油でさっぱりと!(鶏料理/水天宮前)

軽く火を通した鶏肉をワサビ醤油に漬けて盛った一品。しっとり半生のとりわさの風味を満喫できる一品だ。14時LOだが、売り切れじまいの場合もあるのでお早めに。よね家[交]地下鉄半蔵門線水天宮前駅6番出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

よね家(最寄駅:水天宮前駅)

とりわさ丼(並)
920円

ランチに提供される「とりわさ丼」は、軽く火を通した鶏肉をワサビ醤油に漬けて盛った一品。しっとり半生のとりわさの風味を満喫できる一品だ。サイズは4種あり、870円〜1050円。14時LOだが、売り切れじまいの場合もあるのでお早めに。夜も、コース(4000円〜)の〆にとりわさ丼が食べられる(要予約)。

よね家

東京都中央区日本橋蛎殻町1-30-10 ☎03-5623-4122 [営]11時45分~14時LO、18時~23時LO [休]土・日・祝 [交]地下鉄半蔵門線水天宮前駅6番出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

電話番号 03-5623-4122
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田駅を起点とする単線、非電化のローカル線です。 2015年までは国鉄時代から走り続けるディーゼルカーも走っていました。 白と緑色に塗られた車両で、田舎の風景によく合っていて、これを目当てに撮影に出かけました……。 今回は、大震災以降の石巻線と女川駅付近で出会ったホヤのお話です。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
山形は蕎麦の名産地であるとともに、滋味深い食材と風土に育まれた食文化がある。ゆるゆるとその地酒を味わいながら、ならではの旨さを堪能できるのがここの魅力だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt