MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ゴールデン バガン|何度でも食べに行きたくなる、厚揚げ入りガパオ(アジア料理/曙橋)

ゴールデン バガン|何度でも食べに行きたくなる、厚揚げ入りガパオ(アジア料理/曙橋)

ミャンマーの少数民族・シャン族のサイさんとモモさん夫妻が営む料理店、「ゴールデン バガン」。シャン州はタイ王国のすぐ隣にあるため、シャンの料理はタイ料理にとても似ている。そのため、ガパオも昔から、親しみある料理だったとか。[交]都営新宿線曙橋駅A1出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

ゴールデン バガン(最寄駅:曙橋駅)

シャン州はタイ王国のすぐ隣にあるため、シャンの料理はタイ料理にとても似ている。そのため、ガパオも昔から、親しみある料理だったとか。しかし、サイさんの作るガパオは、厚揚げ入りのオリジナルレシピ。ナンプラーで香ばしく炒めた豚挽き肉に、この厚揚げとフレッシュバジルが絡み、食欲をそそる。目玉焼きものっているので、食べ応えも抜群だ。

ガパオ(豚ひき肉のバジル炒めライス)
1000円

「ミャンマーは、味優先(笑)。でも日本は料理の見た目も大事にするから、パプリカやピーマンを入れて彩りも考えました」とサイさん

ひよこ豆チャーハン
1000円

ホックホクのひよこ豆がたまらない。フライドオニオン・ゴマ油が香りと味のアクセントに

シャンの豚肉ソーセージ
700円

豚挽き肉に米を混ぜて発酵させたソーセージは、バナナの葉で包み、蒸す。見た目はワイルドだが、味は優しく、臭みもない

ミャンマービール
600円

ゴールデン バガン

東京都新宿区富久町8-20 カーサ富久町1階 ☎03-6380-5752 [営]11時半~14時半、17時~22時、祝17時〜22時 [休]日 [席]カウンター10席、テーブル4席×2卓、座敷4席×2卓 計26席/ランチタイムは全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交]都営新宿線曙橋駅A1出口から徒歩5分

電話番号 03-6380-5752
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。
夏にピッタリの刺激的な辛さ恵比寿や麻布十番に店を構えるタイ料理専門店「ブルーパパイア タイランド 」が、「京橋エドグラン」に出店。タイ人シェフらが作る料理は、まさに本場の味。
 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。
週末には、土日限定の「カオソイ」(ココナッツ風味のカレー麺)を求めてやってくるお客も多い、アジアンご飯とカレーの店。※ランチタイム有
暑い日はとくに食べたくなるタイ料理。行列の途切れない『西新宿 ソイナナ』は、昼も夜も全品680円でコスパが高い。※ランチタイム有
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt