MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
蕎麦の実はいつでも獺祭が楽しめる(日本料理/川崎)

蕎麦の実はいつでも獺祭が楽しめる(日本料理/川崎)

蕎麦の実は京料理出身の板前による本格和食と蕎麦が味わえる。店はこじんまりしているが、日本酒の品揃えは約200銘柄と川崎随一だ。獺祭をはじめすべての酒が1日中楽しめること。[交]JR線ほか川崎駅東口から徒歩5分 ※ランチタイム有

蕎麦の実(最寄駅:川崎駅)

獺祭は定番のほか限定酒や焼酎などをできるだけ仕入れ、日本酒に精通したスタッフが品質管理から提供の仕方までを徹底している。 料理は季節感を感じる盛り付けの美しさや斬新さ、作家ものの器にこだわった数々が並ぶ。旬の食材を使った刺身や胡麻豆腐などが入る「蕎麦の実プレート」(1人前2700円)はつまみにピッタリ。鮮魚は地元の市場から毎日仕入れており、夏はハモの薄造りや天ぷらなどが人気。酒と肴を楽しんだ後は、石臼挽きの蕎麦で〆る人が多い。

蕎麦の実プレート
2700円

内容は日替わり。旬の刺身などを彩りよく盛り付け、見た目にも心躍る

ハモの三種盛り
2484円

9月までのメニュー。薄造りのほか、梅肉を添えた落とし(湯引き)と天ぷらの3種の味わい

車海老の塩焼き
1382円

車海老はシンプルに塩焼き。鰻はゴボウと一緒に卵とじに。

蕎麦の実

神奈川県川崎市川崎区小川町2-1 美須ビル1階 ☎044-223-3811 [営]月~金・祝前日11:00~14:00、17:00~翌5:00(L.O.4:00)、土・日・祝日11:00~17:00、17:00~翌5:00(L.O.4:00) [休]無休 [席]カウンター6席、テーブル4席×2卓、計14席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し315円別 [交]JR線ほか川崎駅東口から徒歩5分

電話番号 044-223-3811
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
裏路地のかくれんぼ横丁に位置する「肉会席 ゆかわ」。もともと料亭として使われていたという和空間でのランチは、前日夜8時までの完全予約制だ。
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。スタッフ全員で一丸となり精魂込めて稲から育て収穫したお米は英気の宿る、恵みの味わい
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
和食料理人のご主人とバーテンダーの奥様が営む珍しいスタイルの割烹料理店。手打ちそばで締めるコースをメインに、季節の一品料理も揃う。
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt