MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
SOLAH SPICES TOKYO|6時間以上煮込む本格インドカリー(インド料理/川崎アゼリア)

SOLAH SPICES TOKYO|6時間以上煮込む本格インドカリー(インド料理/川崎アゼリア)

本格インドカリーをいただけるお店。本場のシェフによる独自のレシピをもとに16種類のスパイスを使用。6時間以上煮込んで仕上げられる。店内のタンドール釜で焼き上げるナンも好評。ぜひ、セットで食べてほしい。SOLAH SPICES TOKYO(ソーラ スパイス トウキョウ)[交]JR川崎駅、京急川崎駅より直結※ランチタイム有

SOLAH SPICES TOKYO(最寄駅:川崎駅)

本格インドカリーをいただけるお店。本場のシェフによる独自のレシピをもとに16種類のスパイスを使用。6時間以上煮込んで仕上げられる。店内のタンドール釜で焼き上げるナンも好評。ぜひ、セットで食べてほしい。

SOLAH SPICES TOKYO

神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-2 ☎044-211-3871 [営]10時〜21時、レストラン&カフェ11時〜22時半※一部店舗は時間が異なる [休]無休 [交]JR川崎駅、京急川崎駅より直結

電話番号 044-211-3871
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
キッチンカーからスタートして評判となり、2016年に開店。店主の伊藤さんは、バックパックでインドを訪れ、すっかりカレーの虜になってしまったとか。
スープカレーの先駆け的存在。サラリとしたスープは甘みとコクがたっぷり。※ランチタイムあり
千駄木『スパイスカレー とくじろう』|店主の増田さんは元寿司職人。10年前に店を閉めて修業や研究を重ね、2017年11月19日にこの店をオープンさせた。
カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。
ビーフ、ポーク、玉ネギ、リンゴなどをブイヨンに加え、じっくりと煮込んだ同店のカレーは、初代が修業した帝国ホテル由来のカルカッタカレーがベース。カツに使うのは脂に上品な甘みを持つ国産豚の上ロース。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt