MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[BOCCA(イタリアン/川崎アゼリア)] 房総の新鮮魚介を使ったイタリアン

[BOCCA(イタリアン/川崎アゼリア)] 房総の新鮮魚介を使ったイタリアン

川崎アゼリアのイタリアン[BOCCA(ボッカ)]のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。川崎アゼリアにあるイタリアンBOCCAでは食材の宝庫である千葉・房総から仕入れる新鮮な魚貝をはじめとする旬の食材を使った、ナポリピッツァとパスタがいただける。[アクセス]JR川崎駅、京急川崎駅より直結

BOCCA(最寄駅:川崎駅)

食材の宝庫である千葉・房総から仕入れる新鮮な魚貝をはじめとする旬の食材を使った、ナポリピッツァとパスタがいただける。自慢の石窯で焼かれたピッツァはモッチモチ。こだわりのイタリアンジェラートは、〆にぜひ。

BOCCA

神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-2 ☎044-211-3871 [営]10時〜21時、レストラン&カフェ11時〜22時半※一部店舗は時間が異なる [休]無休 [交]JR川崎駅、京急川崎駅より直結

電話番号 044-211-3871
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「ランチでもリストランテで食事をする醍醐味を感じて頂きたい」と、馬場正人さん。例えばフォカッチャは営業開始時間に合わせて焼きたてを。
古民家を生かしたシックな佇まい。ゆっくり腰を落ち着けて、料理もワインも楽しみたいときに行きたい店だ。
 オープンキッチンの開放的な空間に元気なスタッフ。ともかく活気があって、広めのカウンターもテーブル席も居心地がいい。
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
山形は蕎麦の名産地であるとともに、滋味深い食材と風土に育まれた食文化がある。ゆるゆるとその地酒を味わいながら、ならではの旨さを堪能できるのがここの魅力だ。
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt