MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
伊達の牛たん本舗(日本橋三越本店)|分厚い牛たんがぎっしり、常温でも旨み満点!(弁当/日本橋三越本店)

伊達の牛たん本舗(日本橋三越本店)|分厚い牛たんがぎっしり、常温でも旨み満点!(弁当/日本橋三越本店)

仙台の牛たん専門店謹製。牛たんの中でも特にやわらかい「芯たん」を使用。牛たんの塩加減とサクサクと心地よい歯応えが秀逸。伊達の牛たん本舗(日本橋三越本店)[交]東京メトロ半蔵門線 三越前徒歩1分、東京メトロ銀座線 三越前徒歩1分 ※ランチタイム有

伊達の牛たん本舗(日本橋三越本店)(最寄駅:三越前駅)

仙台の牛たん専門店謹製。牛たんの中でも特にやわらかい「芯たん」を使用。牛たんの塩加減とサクサクと心地よい歯応えが秀逸。

厚切り芯たん弁当(塩味)
1511円

伊達の牛たん本舗(日本橋三越本店)

東京都中央区日本橋室町1-4-1本館地下1階 ☎03-3241-3311(代) [営]10時〜19時半※4月1日より10時半〜19時半 [休]不定休 ※東京駅グランスタ、グランルーフなどでも販売 [交]東京メトロ半蔵門線 三越前徒歩1分、東京メトロ銀座線 三越前徒歩1分

電話番号 03-3241-3311(代)
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「おとなの週末」台所いらずな惣菜天国「十条銀座」特集掲載店の「蒲田屋」。十条の商店街では惣菜類が破格で勢ぞろい! ※ランチタイム有
ご飯が見えないくらいに鶏そぼろと焼き鳥が敷き詰められている。特に、刻み生姜入りの鶏そぼろが美味。つくねがカットしてあるのもうれしい。串くら京都・御池 エキュート東京店 [交]東京駅構内
繊細な肉質と甘みのある脂が評判の佐助豚を存分に味わえる。肉の味を引き立てる特製の甘辛タレも相まって、ご飯の進むスピードが加速する。大地を守るDeli (ダイチヲマモルデリ)[交]JR東京駅改札内、丸の内南口改札から徒歩1分
名古屋コーチンで知られる鶏三和の弁当。唐揚げを頬張れば、黒酢のまろやかな酸味とコクが後を引く。炊き込みご飯に肉団子、野菜の彩りも好印象。鶏三和 丸ビル店 ※ランチタイム有
歌舞伎役者御用達の中国料理店はお持ち帰りOK。唐揚げにはさっぱりとしたムネ肉を使用。にんにくや黒胡椒が効いたパワフルな味付けで、ご飯が進む。中国料理 蘭州 [交]日比谷線・浅草線 東銀座 徒歩3分 ※ランチタイム有
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt