MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大岩食堂で「男のひとりめし」西荻窪のひとり南インド(インド料理/西荻窪)

大岩食堂で「男のひとりめし」西荻窪のひとり南インド(インド料理/西荻窪)

おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗「大岩食堂」。雨が降ろうが、西荻窪駅から“ほぼ”濡れないでたどり着けるガード下商店街の中の南インドカレーとスパイス料理の店。大岩食堂 (おおいわしょくどう) [交]JR西荻窪駅から徒歩3分 ※ランチタイム有

大岩食堂(最寄駅:西荻窪駅)

「外から丸見えっぽくて、ひとりで入るにはちょっと……」 一見そう思ってしまうほど明るいカフェ風インテリアだが、カウンター席は、外からは死角位置にあるため、実はひとりめしにとって理想的立地条件! ここでは南インドの定食「ミールス」を、ひとりゆっくり食べられる。さらに呑みたい派にうれしいのが、ミールスを頼めば、生ビールは200円引き、自然派ワインが100円引きというサービスに加え、その時々で内容の変わる前菜が5~6品載った「前菜盛り合わせ」もある。 この組み合わせで、西荻窪が完璧なひとり南インドと化す。

ベジミールス
1500円

ほぼ日替わりで変わるメインカレーや豆カレー(内容はお店のツイッターで発信)に、飯を喰いたい野郎にはたまらぬバスマティライスお替り自由の「ベジミールス」(1500円)

前菜盛り合わせ
480円

南インドの惣菜から、オーナーシェフ・大岩俊介氏手作りのハムやペーストなども並ぶ

大岩食堂

東京都杉並区西荻南3-24-1 ☎03-6913-6641 [営]11時~15時(14時半LO)、18時~23時(22時LO) [休]月。木はランチ休 [席]14席(カウンター4席)/カード不可/予約可/サなし [交]JR西荻窪駅から徒歩3分

電話番号 03-6913-6641
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
千駄木『スパイスカレー とくじろう』|店主の増田さんは元寿司職人。10年前に店を閉めて修業や研究を重ね、2017年11月19日にこの店をオープンさせた。
更新: 2019-01-08 12:00:00
カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。
更新: 2018-12-19 12:00:00
ビーフ、ポーク、玉ネギ、リンゴなどをブイヨンに加え、じっくりと煮込んだ同店のカレーは、初代が修業した帝国ホテル由来のカルカッタカレーがベース。カツに使うのは脂に上品な甘みを持つ国産豚の上ロース。
更新: 2019-04-06 10:31:14
ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。
更新: 2018-12-16 18:00:00
グルメライターが銀座のインド料理[Tamarind(タマリンド)]を実食レポート。南出身のマダン モハンさん、北出身のクマルさん、ふたりの料理長が自慢の腕を競うインド料理店。スパイスは現地で仕入れ、本場の味わいが楽しめる。[住所]東京都中央区銀座6-10-1
更新: 2018-12-04 16:43:06
最新の投稿
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 12:00:00
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-16 12:00:00
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00
京急・大森町駅前から細い路地を入った奥に鎮座する、女将さんがひとりで切り盛りする小体なこの店は、なんといっても「国産ひな鶏の素揚げ」が名物!
更新: 2019-06-14 16:30:24
銀座の一等地にありながらホッピーを売りにする。「55ホッピーとシャリキンの組み合わせはカクテルとして成立するから」とは店主の嘉茂太輔さんだ。
更新: 2019-06-14 16:33:24

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt