MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大岩食堂で「男のひとりめし」西荻窪のひとり南インド(インド料理/西荻窪)

大岩食堂で「男のひとりめし」西荻窪のひとり南インド(インド料理/西荻窪)

おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗「大岩食堂」。雨が降ろうが、西荻窪駅から“ほぼ”濡れないでたどり着けるガード下商店街の中の南インドカレーとスパイス料理の店。大岩食堂 (おおいわしょくどう) [交]JR西荻窪駅から徒歩3分 ※ランチタイム有

大岩食堂(最寄駅:西荻窪駅)

「外から丸見えっぽくて、ひとりで入るにはちょっと……」 一見そう思ってしまうほど明るいカフェ風インテリアだが、カウンター席は、外からは死角位置にあるため、実はひとりめしにとって理想的立地条件! ここでは南インドの定食「ミールス」を、ひとりゆっくり食べられる。さらに呑みたい派にうれしいのが、ミールスを頼めば、生ビールは200円引き、自然派ワインが100円引きというサービスに加え、その時々で内容の変わる前菜が5~6品載った「前菜盛り合わせ」もある。 この組み合わせで、西荻窪が完璧なひとり南インドと化す。

ベジミールス
1500円

ほぼ日替わりで変わるメインカレーや豆カレー(内容はお店のツイッターで発信)に、飯を喰いたい野郎にはたまらぬバスマティライスお替り自由の「ベジミールス」(1500円)

前菜盛り合わせ
480円

南インドの惣菜から、オーナーシェフ・大岩俊介氏手作りのハムやペーストなども並ぶ

大岩食堂

東京都杉並区西荻南3-24-1 ☎03-6913-6641 [営]11時~15時(14時半LO)、18時~23時(22時LO) [休]月。木はランチ休 [席]14席(カウンター4席)/カード不可/予約可/サなし [交]JR西荻窪駅から徒歩3分

電話番号 03-6913-6641
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
キッチンカーからスタートして評判となり、2016年に開店。店主の伊藤さんは、バックパックでインドを訪れ、すっかりカレーの虜になってしまったとか。
スープカレーの先駆け的存在。サラリとしたスープは甘みとコクがたっぷり。※ランチタイムあり
千駄木『スパイスカレー とくじろう』|店主の増田さんは元寿司職人。10年前に店を閉めて修業や研究を重ね、2017年11月19日にこの店をオープンさせた。
カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。
ビーフ、ポーク、玉ネギ、リンゴなどをブイヨンに加え、じっくりと煮込んだ同店のカレーは、初代が修業した帝国ホテル由来のカルカッタカレーがベース。カツに使うのは脂に上品な甘みを持つ国産豚の上ロース。
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
岩手県内で有数のぶどう産地を誇る紫波町のワイナリーが手掛ける100%ストレートジュース。秋に収穫したぶどう(キャンベル)を搾り6ヶ月間じっくり熟成。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt