MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
太田屋|思わず目を疑う、低価格弁当!(弁当/駒場東大前)

太田屋|思わず目を疑う、低価格弁当!(弁当/駒場東大前)

玉ねぎたっぷりでコショウのきいた、パンチあるメンチカツ。付け合わせは肉団子に揚げシュウマイ、これでもかと肉を堪能できる弁当だ。太田屋 [交]駒場東大前駅から徒歩4分 ※ランチタイム有

太田屋(最寄駅:駒場東大前駅)

玉ねぎたっぷりでコショウのきいた、パンチあるメンチカツ。付け合わせは肉団子に揚げシュウマイ、これでもかと肉を堪能できる弁当だ。

メンチカツ弁当
380円

太田屋

東京都目黒区駒場1-27-11 ☎03-3466-4329 [営]9時半〜20時 [休]日・祝 [交]駒場東大前駅から徒歩4分

電話番号 03-3466-4329
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「おとなの週末」台所いらずな惣菜天国「十条銀座」特集掲載店の「蒲田屋」。十条の商店街では惣菜類が破格で勢ぞろい! ※ランチタイム有
ご飯が見えないくらいに鶏そぼろと焼き鳥が敷き詰められている。特に、刻み生姜入りの鶏そぼろが美味。つくねがカットしてあるのもうれしい。串くら京都・御池 エキュート東京店 [交]東京駅構内
繊細な肉質と甘みのある脂が評判の佐助豚を存分に味わえる。肉の味を引き立てる特製の甘辛タレも相まって、ご飯の進むスピードが加速する。大地を守るDeli (ダイチヲマモルデリ)[交]JR東京駅改札内、丸の内南口改札から徒歩1分
名古屋コーチンで知られる鶏三和の弁当。唐揚げを頬張れば、黒酢のまろやかな酸味とコクが後を引く。炊き込みご飯に肉団子、野菜の彩りも好印象。鶏三和 丸ビル店 ※ランチタイム有
歌舞伎役者御用達の中国料理店はお持ち帰りOK。唐揚げにはさっぱりとしたムネ肉を使用。にんにくや黒胡椒が効いたパワフルな味付けで、ご飯が進む。中国料理 蘭州 [交]日比谷線・浅草線 東銀座 徒歩3分 ※ランチタイム有
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt