MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
四ツ谷で「男のひとりめし」|つるやVINO(フレンチ/四ツ谷)

四ツ谷で「男のひとりめし」|つるやVINO(フレンチ/四ツ谷)

グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗「つるやVINO」。今宵はフレンチが食したい。かといって肩肘張らず、ひとりでリラックスして……と、そんな時はこちらに向かう。四谷は荒木町の隠れ家的ビストロ、『つるやVINO』だ。[交]四谷三丁目駅4番出口から徒歩3分

つるやVINO(最寄駅:四谷三丁目駅)

ひとり本格フレンチを気楽に、自由なスタイルで楽しめる

フランス人オーナーのセルジュ・マリー氏はワインのインポーターで、そのアンテナショップとして同店をオープン。小規模生産者が造る、自然なワインをグラスで楽しめるのもうれしいが、桐原シェフの料理がまたそこに寄り添う。 メニューはリエットやパテ、前菜、本日おすすめのメインまで、黒板にいっぱい。メインひと皿でも前菜でも満足度はかなり高い。ソースもしっかりした本格フレンチ。なれど、カウンター越しにシェフと会話したり、セルジュ氏と冗談を交わしたり、自由な雰囲気で楽しめる。

シャラン産鴨胸肉のロースト ソースサンチュベール
2900円

この日のメインのひとつ、「シャラン産鴨胸肉のロースト ソースサンチュベール」。赤ワインのソース、焼き加減も柔らかくて絶妙

ジャンボン・ペルシエ(豚のパセリ風味テリーヌ)
900円

奥は「ジャンボン・ペルシエ」(豚のパセリ風味テリーヌ)、手前は南仏の郷土料理をアレンジした「イワシのピサラディエール」

イワシのピサラディエール
1100円

つるやVINO

[住所]東京都新宿区荒木町7-3 モンセラート四谷1F [TEL]03-5368-0307 [営業時間]18時〜翌2時(翌1時LO) [休日]日、祝日の月 [席]29席(カウンター5席)/カード不可/予約可/サなし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩3分

電話番号 03-5368-0307
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。
契約農家から毎朝届く朝採れの三浦野菜を中心に、定番から珍しい品種まで50種以上の野菜を使うビストロ料理が評判。生産者支援も根底にあるため、市場で流通されない規格外も受け入れ、ほぼ余すところなく利用する姿勢もこの店の魅力だ。
242views フレンチ
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt