MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
田町で「男のひとりめし」|à la 麓屋(そば/田町)

田町で「男のひとりめし」|à la 麓屋(そば/田町)

グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗。ひとりめしの王道、立ち食い蕎麦をすする時、少々料金が上がってもより蕎麦らしい蕎麦を食べたいと思うことはないだろうか?その願いが叶う店が「à la 麓屋 (あら ふもとや)」だ。石挽き蕎麦は香り高く、コシ、のど越し共に秀逸。

à la 麓屋(最寄駅:田町駅)

男心をわしづかみにする孤高の立ち食い蕎麦

天ぷらは食券を渡してから揚げてもらえるから少々時間はかかるが、待つ甲斐のある美味しさだ。 聞けば店主は国内外でフレンチシェフとして活躍した人物。「汁無し坦々そば」(750円)、ラーメン風の「コテリ」(720円)などジャンルを超えた創作蕎麦も豊富で、どれも「お、そうきたか」と唸る旨さ。夜はシェフの日替わりのおつまみで一杯傾けるのも楽しみ。孤高の立ち食い蕎麦、ココにあり。

胡麻辛つけそば
850円

チャーシューや煮玉子など具がたっぷり入った「胡麻辛つけそば」(850円)。

グラスワイン
350円

シェフのおつまみ各350円から、「トマトのカルパッチョ」と「納豆のかき揚げ」。ボリュームたっぷりで、旨い!

à la 麓屋

東京都港区芝5-26-10 ☎03-3451-6882 [営]11時15分〜15時半、17時半〜22時半※早じまい有 [休]土・日・祝 [席]12席(カウンター8席)/カード不可/予約不可/サなし [交]JR山手線・京浜東北線田町駅北口から徒歩3分、都営三田線三田駅A3出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3451-6882
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
 落語には蕎麦のネタがよく出てくるほど両者の関係は深い。そんな江戸情緒あふれる寄席が、これまた江戸にルーツのある老舗蕎麦屋で楽しめるとは粋ってやつじゃないですか。
厳選した北海道産の蕎麦粉を石臼で挽いたこだわりの蕎麦はもちろん、四季を感じる食材を使った料理で一杯やるのがいい。お茶割りも「そば茶割り」「抹茶割り」「玉露割り」「ウーロンハイ」「黒ウーロンハイ」と充実。
郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
イタリア産を中心に、店主・新町さんが選び抜いた質・味わいともに群を抜く生ハム&サラミを取り揃える。12ヶ月熟成のクラテッロやローマにある有名店のコッパなど、その時々に食べ頃の6種を超薄切りで盛り合わせに。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt