MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
田町で「男のひとりめし」|à la 麓屋(そば/田町)

田町で「男のひとりめし」|à la 麓屋(そば/田町)

グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗。ひとりめしの王道、立ち食い蕎麦をすする時、少々料金が上がってもより蕎麦らしい蕎麦を食べたいと思うことはないだろうか?その願いが叶う店が「à la 麓屋 (あら ふもとや)」だ。石挽き蕎麦は香り高く、コシ、のど越し共に秀逸。

à la 麓屋(最寄駅:田町駅)

男心をわしづかみにする孤高の立ち食い蕎麦

天ぷらは食券を渡してから揚げてもらえるから少々時間はかかるが、待つ甲斐のある美味しさだ。 聞けば店主は国内外でフレンチシェフとして活躍した人物。「汁無し坦々そば」(750円)、ラーメン風の「コテリ」(720円)などジャンルを超えた創作蕎麦も豊富で、どれも「お、そうきたか」と唸る旨さ。夜はシェフの日替わりのおつまみで一杯傾けるのも楽しみ。孤高の立ち食い蕎麦、ココにあり。

胡麻辛つけそば
850円

チャーシューや煮玉子など具がたっぷり入った「胡麻辛つけそば」(850円)。

グラスワイン
350円

シェフのおつまみ各350円から、「トマトのカルパッチョ」と「納豆のかき揚げ」。ボリュームたっぷりで、旨い!

à la 麓屋

東京都港区芝5-26-10 ☎03-3451-6882 [営]11時15分〜15時半、17時半〜22時半※早じまい有 [休]土・日・祝 [席]12席(カウンター8席)/カード不可/予約不可/サなし [交]JR山手線・京浜東北線田町駅北口から徒歩3分、都営三田線三田駅A3出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3451-6882
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 落語には蕎麦のネタがよく出てくるほど両者の関係は深い。そんな江戸情緒あふれる寄席が、これまた江戸にルーツのある老舗蕎麦屋で楽しめるとは粋ってやつじゃないですか。
更新: 2019-05-20 13:17:24
厳選した北海道産の蕎麦粉を石臼で挽いたこだわりの蕎麦はもちろん、四季を感じる食材を使った料理で一杯やるのがいい。お茶割りも「そば茶割り」「抹茶割り」「玉露割り」「ウーロンハイ」「黒ウーロンハイ」と充実。
更新: 2019-03-05 18:00:00
郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。
更新: 2019-02-16 12:00:00
この店を訪れるなら刺身類はぜひ注文されたし! というのも、築地のみならず、契約する三浦の漁師から水揚げしたばかりの新鮮な魚介を日々仕入れているのだ。
更新: 2019-02-15 12:00:00
『かんだやぶそば』から暖簾分けした『杉並やぶそば』が、今年1月に赤坂サカスのダイニングに新店をオープン。「そば遊膳」と銘打ったコースには、カンピョウや玉子焼きを具に風味豊かな海苔で巻いた「そば寿司」や、もっちり感と溢れ出す香りを楽しめる「そばがき」など、伝統の蕎麦料理を盛り込んでいる。
更新: 2019-02-14 12:00:00
最新の投稿
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 12:00:00
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-16 12:00:00
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00
京急・大森町駅前から細い路地を入った奥に鎮座する、女将さんがひとりで切り盛りする小体なこの店は、なんといっても「国産ひな鶏の素揚げ」が名物!
更新: 2019-06-14 16:30:24
銀座の一等地にありながらホッピーを売りにする。「55ホッピーとシャリキンの組み合わせはカクテルとして成立するから」とは店主の嘉茂太輔さんだ。
更新: 2019-06-14 16:33:24

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt