MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[ミシュミシュ] 中東料理とワインで楽しむ(中東料理/銀座)

[ミシュミシュ] 中東料理とワインで楽しむ(中東料理/銀座)

[ミシュミシュ (MishMish)]のグルメ記事と写真のページ。中東・アラブ・地中海のエキゾチックな料理を提供。メニューはコースのみで、イチオシの「MishMishコース」は日替わり料理5~7品にピタパン、3時間の飲み放題が付いて3500円。[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅C2出口から徒歩3分

ミシュミシュ(最寄駅:銀座駅)

ひよこ豆とゴマのペースト「フムス」をはじめ、クセのない味わいのパセリのサラダ「タップーリ」、クスクスと食すオクラのトマト煮込み「バーミヤ」など、多彩でヘルシーな野菜料理が魅力だ。チキンの丸焼き、珍しいラクダ肉のケバブといった肉料理も美味。レバノンやチュニジアなど珍しい中東ワインも約40種類が揃う。

お料理の盛り合わせ
※コースに1人1500円追加

各コースの肉料理を盛り合わせに変更するには、2日前までに予約が必要。写真はチキンの丸焼きにラクダと羊ミンチ肉のケバブを盛り合わせたもの

MishMishコース 3500円の料理の一例
※料理のみ2800円

ファラフェル(ひよこ豆と野菜のコロッケ)など。写真はすべて3人前

ミシュミシュ

東京都中央区銀座6-3-15長谷第2ビル2階 ☎03-6274-6660 [営]17時~24時 [休]日 [席]カウンター7席、テーブル最大22席 計最大29席/禁煙席なし/予約可/カード不可/サなし [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅C2出口から徒歩3分

電話番号 03-6274-6660
2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
国産クラフトビールとネパール料理。一見共通項のない両者によるシナジーが、ビアギークたちをも虜にしている。
「ウランバートル」は両国にある、元小結・白馬のお母さんが経営するモンゴル料理店。夕飯をとる力士との遭遇率が高いので、相撲ファンの女子も集まり、皆がここで羊肉の味に目覚める。[住所]東京都墨田区両国3-22-11 2階
サナギ 食堂 点心爛慢(アジア・エスニック料理/新宿)|JR新宿駅の東南口付近の高架下にオープン。店内は広め、テーブル席、座敷、こたつ席などが約200席ある。
その昔高地を勇壮に走るインカ戦士の強靭な肉体を支えたのは、アンデスの秘草マカだという。侵略者スペインが恐れて栽培を禁止したほど。※ランチタイム有
[インド料理 ムンバイ 銀座店]のグルメ記事と写真のページ。そもそもが暑い国の知恵、発汗、滋養、デトックス効果もあるスパイスマジックに注目。その効果をじんわり味わえる。※ランチタイム有 [住所]東京都中央区銀座4-8-11
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
307views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt