MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
高円寺の絶品ランチ【ベスト5】をグルメライターが大公開!

高円寺の絶品ランチ【ベスト5】をグルメライターが大公開!

新宿から近く、人気のエリア「高円寺」で、雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に食べ歩いて見つけた絶品ランチの中から、おすすめ店を厳選してご紹介!お昼の時間帯にしか食べられないメニューや、安いと評判のコスパがいい定食もありますよ♪

はじめに

都心からのアクセスも良く、「純情商店街」などレトロな街並みも見られる高円寺は、どこか懐かしく、住む人も来る人をも惹きつけます。古着の街、本の街としても親しまれていますよね。

そんな高円寺には、リピーター続出の人気飲食店がいくつもあります!今回は何度も行きたくなる魅惑のランチが味わえる、おすすめのお店情報を、厳選してお届けしたいと思います!

高円寺のランチマップ

まずは分かりやすく、ご紹介するお店を地図でご案内します!

坦々麺/『中華銘菜 圳陽(せんよう)』 (東高円寺駅 徒歩7分)

▲坦々麺

クリーミーだけど酸味のあるスープは辛いけどやさしい。
ポイントは4度挽きされたゴマで自家製される芝麻醤の香りのよさ。それをやはり自家製のラー油の香りと辛さが引き締める。肉味噌のほどよい甘さも◎。

坦々麺が大人気の有名店!こだわりの4度挽きされたゴマで作る芝麻醤を使っているため、とても香りがよい!ラー油の辛さと肉みその甘みがバランスよく混じりあい、絶妙!辛さだけではなく、品があるクリーミーさ♪
広東料理と四川料理の両方を堪能できるのもポイント。
ランチにはサラダもつきます!

▲『中華銘菜 圳陽』店内の様子

■『中華銘菜 圳陽』
[住所]東京都杉並区和田3-18-9 パークヒルズ東高円寺1F
[TEL]03-6382-5320
[営業時間]11時半〜14時(金曜日はなし)、17時半〜21時 ※ランチタイム有
[休日]火曜日(不定休あり)、金曜日のランチ
[座席]カウンター8席、テーブル12席、計20席/全席喫煙可(ランチ時不可)/カード不可/予約可(ランチはコースのみ可)/夜のみ席料300円(アミューズ付き)
[アクセス]地下鉄丸の内線東高円寺1番出口より徒歩7分

玉子の天ぷら/『天すけ』(高円寺駅 徒歩3分)

▲玉子ランチ 1,300円

高円寺で結構な行列店だが、ここは辛抱して並びたい。回転が速いため、思いのほか早く入店できる。
ここでは昼なら断然「玉子ランチ」をおすすめしたい。
サクサクの衣と甘だれをまとった玉子と少し固めのご飯の相性は抜群。

常に行列が絶えない人気の天ぷら屋!
「玉子ランチ」は他にはない逸品で、絶対に食べてほしい!なんと生卵を油に投入する斬新な天ぷらなんです!!サクサクするのに半熟という、なんとも不思議な味わいに、一瞬で魅了されます!絶妙なタレとご飯でもう箸が止まりません。

もちろん卵の天ぷらだけにはとどまらず、海老やイカなど豪華に天ぷらが7点+味噌汁まで付くというから安い!コスパ抜群のランチです!!

▲『天すけ』外観

■『天すけ』
[住所]東京都杉並区高円寺北3-22-7 プラザ高円寺1F
[TEL]03-3223-8505 
[営業時間]12時〜14時、18時〜22時 ※昼は時間内に並んだ人まで ※ランチタイム有
[休日]月曜日
[座席]カウンター12席/カード不可/予約不可/サなし 
[アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩3分

肉汁つけうどん/『肉汁饂飩屋とこ井』(高円寺駅 徒歩3分)

▲肉汁つけうどん

どっしりとした餅のような食感で全粒粉を使った風味豊かなうどん。
甘辛いダシに分厚くスライスされた食べ応えのある豚肉と、香ばしく焼かれたお揚げが入り。

どんと食べ応えのあるランチなら、こちらのうどんがおすすめ♪力強いコシと、お餅のような弾力が評判です!!
お店の一番人気は「肉汁つけうどん」で、豚と魚介のだしが効いた定番です。
麦の風味が抜群の自家製麺は、お好みによって、極太麺、細麺、ひもかわと選択可能なのも素敵!中盛や大盛にも変更できます。
自慢の生麺はテイクアウトできるので、自宅でお店の味を楽しむのもいいですね。

■『肉汁饂飩屋とこ井』
[住所]東京都杉並区高円寺南4-7-5 久万乃ビル1階
[TEL]03-5913-8809
[営業時間]11時半~16時、18時~23時半 ※ランチタイム有
[休日]月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)
[アクセス]JR中央線 高円寺駅から徒歩3分

薬膳仕立てのおこわ/『サルトリイバラ喫茶室』(高円寺駅 徒歩4分)

▲薬膳仕立てのおこわと1杯茶セット

静謐な空間で個性豊かな国産紅茶と至福のひと時を、、、

食事やスイーツは、薬膳調理師の資格を持つ店主の中野さんが国産や無農薬の素材にこだわって作るもの。どれも紅茶と抜群の相性で体に優しく沁みる味わいだ。極上の国産紅茶と共にぜひ堪能してほしい。

豊富な紅茶のメニューを提供している神秘的なカフェ。上品なブリティッシュグリーンの壁が、ゆっくりと落ち着ける空間を演出しています。喫茶室というだけあって少しレトロな雰囲気も。友達と語らいあうのではなく、ひとり静かに過ごせる憩いの場所です。

「薬膳のおこわ」は、もちもちで優しい味わい。素材の自然な甘みがじんわりと体中にしみわたります。
紅茶はいろいろな種類があるので、ぜひ店員さんにおすすめを聞いてみてください。とても丁寧に説明してくれますよ。

▲『サルトリイバラ喫茶室』店内の様子

■『サルトリイバラ喫茶室』
[住所]東京都杉並区高円寺南3-46-2 2階
[TEL]03-6383-2826
[営業時間]12時~22時(21時15分LO)、日11時半~20時(19時45分LO)※ランチタイム有
[休日]水曜日(不定休あり)
[座席]カウンター6席、テーブル8席 計14席/全席禁煙/予約不可/カード不可
[アクセス]JR中央線高円寺駅南口から徒歩4分

うな重/『小満津(こまつ)』(東高円寺駅 徒歩5分)

▲うな重(きも吸い付き)

かつて京橋にあり、政財界の重鎮や著名人が足しげく通った「小満津」。
表面はパリっとしながらも、ふんわりとした繊細な口当たりと、長く余韻を残すうなぎ本来の風味に、円熟の技をしみじみ感じられるのだ。

京橋に店を構え、かつて伝説のうなぎ屋と称されたお店の味を継承するのが孫にあたる現在の店主。江戸前の技術を忠実に守り、何度も返しながら焼き、時間をかけて蒸したうなぎは、身がふわふわできめ細かい滑らかな舌触りです。
甘さ控え目すっきりしたタレがかかり、香り高い山椒をかけると、もうたまりません!ごはんはフワフワした柔らかめになっています。

「うな重」だけではなく、さまざまな単品料理も充実!うなぎをめいっぱい堪能できるちょっと贅沢なコースもあります。
完全予約制なので、事前のご予約を忘れずに!

▲『小満津』店内の様子

■『小満津(こまつ)』
[住所]東京都杉並区和田3-62-3
[TEL]080-8734-1091
[営業時間]11時半〜20時LO
[休日]月曜日
[座席]テーブル2席×1卓、4席×3卓 計14席/全席禁煙/1万円以上の場合のみカード可(手数料5%別)/前日までに要予約/サなし ※アルコール注文の場合のみお通し代540円別
[アクセス]地下鉄丸ノ内線東高円寺駅1番出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

おわりに

数多くあるお店のなかから厳選してご紹介してきましたが、街の雰囲気をそのまま表現したような、ゆるくまったりとした居心地の良い空間&抜群の美味しさを誇るお店が、たくさん揃ったエリアであることがお分かりいただけたと思います♪
気になるお店に、さっそく足を運んでみてくださいね!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
1665views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt