MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
高円寺「天すけ」の「玉子ランチ」のグルメ記事

高円寺「天すけ」の「玉子ランチ」のグルメ記事

高円寺をグルメライターが食べ歩いて見つけた「天すけ」!高円寺で結構な行列店だが、ここは辛抱して並びたい。回転が速いため、思いのほか早く入店できる。[アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩3分 ※ランチタイム有

天すけ(最寄駅:高円寺駅)

大衆天ぷら店「天すけ」の心意気!昼なら断然「玉子ランチ」

ここでは昼なら断然「玉子ランチ」をおすすめしたい。

注文が入るや、店主は生卵を油にジュワッと割り入れ、殻を後ろへヒョイッと投げて、バットへイン。

「これはストレート投げ」。

さらに次の一投は壁のクッションを利用して、これもイン。

「これが壁ドンです」と、いい笑顔だ。

ワクワク感が最高潮に達したところで、できたての玉子天ぷらご飯をほおばる。サクサクの衣と甘だれをまとった玉子と少し固めのご飯の相性は抜群。ふっくら肉厚のイカ、エビがごろごろと入ったかき揚げにかぶりつき、玉子飯をかき込む……そんな、話す必要のないこのひとりの時間が、今日はうれしい。

「玉子ランチ」
1,300円

「玉子ランチ」(1300円)は玉子の天ぷらがのったご飯にエビ、イカ、キス、ブロッコリーなどの天ぷら7点、味噌汁がつく。破格!

目にも楽しい鮎の姿揚げ
1000円

目にも楽しい鮎の姿揚げ1000円。程よい苦みがたまらない

オリジナルの「あぼかどうに」
1,000円

オリジナルの「あぼかどうに」(1000円)は、パリッと揚がった海苔にとろとろのウニとアボカドがたっぷり。本わさびと醤油でいただく

天すけ

[住]東京都杉並区高円寺北3-22-7 プラザ高円寺1F ☎03-3223-8505 
[営]12時〜14時15分、18時〜22時(LO)、土・日・祝11時半~15時、18時〜22時(LO)※昼は時間内に並んだ人まで ※ランチタイム有
[休]月 [席]カウンター12席/カード不可/予約不可/サなし 
[交]JR中央線高円寺駅北口から徒歩3分

電話番号 03-3223-8505
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
特大の海老天が4尾のるお重がジャスト1000円! 社長自らエビの輸入を手がける天ぷら専門店が3月にお目見えした。
更新: 2019-04-16 11:57:00
大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。
更新: 2018-10-20 18:00:00
串天ぷら 段々屋(ダンダンヤ)/串揚げ、てんぷら/西新宿|目の前で職人が揚げてくれる熱々の天ぷらを、ふっくら炊かれたご飯と共に食す、まさに至福の定食。「松」は鮮度抜群のエビ、イカ、キスに旬野菜が2種類付き、これで750円は驚きのコスパ。
更新: 2018-09-10 10:16:16
隣接する「銀○」「魚○」と同じ系列店で、どこに入っても各店のメニューから越境的に頼める。『牛○』は字のごとく牛肉が売りで、中でも手ごねの「メンチカツ」が旨い。
更新: 2018-04-01 12:00:00
東京に数ある天ぷら店のなかでも、従来の概念を取り去り、常に新しい食材や手法に挑戦し続けている同店は、ミシュラン二ツ星連続獲得の超予約困難な店。店主・近藤文夫さんの天ぷらは、口に含んだ瞬間の香りの高さ、瑞々しさ、食感と、そのどれもが驚きの連続を食べ手に与える。
更新: 2018-02-13 11:40:35
最新の投稿
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
更新: 2019-04-22 11:20:00
東秋葉原『酒場 晩葡』|店の外にやさしく灯るオシャレな看板。だけでなく、ぶら下がる赤提灯も酔客を惹きつける。
更新: 2019-04-22 11:02:44
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
更新: 2019-04-21 12:00:00
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt