MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
四谷三丁目で「男のひとりめし」|鶴兆(焼肉)

四谷三丁目で「男のひとりめし」|鶴兆(焼肉)

グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗「鶴兆」。焼く前から、その輝く肉質を見ただけで「旨い!」と声が出そうになるレベルの肉をはじめとするメニュー。加えて、13種に及ぶベルギービールをも擁するアルコール類の充実。[交]東京メトロ四谷三丁目駅から徒歩1分

鶴兆(最寄駅:四谷三丁目駅)

男の本能赴くまま焼いて喰う。それがひとり焼肉(

シェードで仕切られた半個室のブースが並ぶ店内。もちろんメインターゲットはグループ客や接待である。しかし!2階に鎮座する店へと続く照明の落とされた階段を、勇気振り絞り一人で登ったその先には、誰の視線をも気にすることなく、己の好きな焼き加減で肉に火を入れ、好きなタイミングで頬張り喰らえる、さながら暴君のような悦楽の肉食体験が待っている!もちろん悦楽なのは、プライバシーを重視したインテリアだけではない。 焼く前から、その輝く肉質を見ただけで「旨い!」と声が出そうになるレベルの肉をはじめとするメニュー。加えて、13種に及ぶベルギービールをも擁するアルコール類の充実。一人で自分を誉めたい時、男なら勇気を持って階段を登れ!!

カルビ
1296円

(手前から時計回りに)「カルビ」、「キムチ」、「厚切りロース」、「特選厚切りタン塩」

厚切りロース
1296円

特選厚切りタン塩
2700円

キムチ
432 円

ルート・ボック
1242円

ベルギービール、左「ルート・ボック」(1242円)。「パウエル・クラック」(1458円)

パウエル・クラック
1458円

レアステーキ寿司
540円

最上級の肉“特選ザブトン”の「レアステーキ寿司」

鶴兆

[住所]東京都新宿区愛住町5-26アムス四谷三丁目2F [TEL]03-5363-0295 [営業時間]17時~翌3時(翌2時半LO) [休日]無休 [席]108席 カード可/予約可/サなし [交通アクセス]東京メトロ四谷三丁目駅から徒歩1分

電話番号 03-5363-0295
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
極上の赤身肉とワインが豊富な『焼肉キンタン』。その麻布十番店だけにしかないのが「シャトーブリアンサンド」。
池袋「神の羊」はジンギスカン専門店。臭みがなく力強いコクと風味のジンギスカンが堪能できる!使用するのは、冷凍ではなくチルドで輸入された豪州産の上質なラム肉。[住所]東京都豊島区池袋2-58-11[TEL]090-8560-0925
カルビやホルモン類など、焼き物充実系の韓国料理店。写真のデジカルビは、スパイスの香り高い特製ダレにひと晩漬け込んで熟成させた豚肩ロースを、炭火で炙って食す。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt