MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
さそう(居酒屋/池尻大橋)のグルメ記事

さそう(居酒屋/池尻大橋)のグルメ記事

池尻大橋の旧道にひっそりと佇む「さそう」は、知らない人なら通り過ぎてしまうような店構え。だが扉の向こうにはゆったりめで奥行きあるカウンターが広がり、奥の厨房からは女性店主の佐宗さんが、まるで友人を招き入れるかのように案内してくれる。[さそう アクセス]東急田園都市線池尻大橋駅東口から徒歩3分

さそう(最寄駅:池尻大橋駅)

ほどよい”放っとかれ“感が心地いい、カウンター酒処

靴を脱ぎたくなるような癒され感がある店だ。 料理メニューは野菜をたっぷり摂れるものが豊富に揃うが、ハーブ系の野菜や香り高いスパイスなどを駆使したそれらの皿は、実は結構パンチもインパクトもあって、つまり酒が進む。 うれしいことに、揃える酒もワイン、日本酒を中心に、焼酎、ラム、ウイスキーなど多彩。ならば、今宵は好き勝手に思いつくまま、無軌道に飲むとしよう。なにせひとりめしなんだから、気遣い不用だ。アットホームな空気感ながらも、店主はこちらをほどよく放っといてくれるので、自由度に拍車がかかりそう。

ラム肉と夏野菜の焼きぎょうざ 香菜添え
800円

「ラム肉と夏野菜の焼きぎょうざ 香菜添え」は皮に練り込んだクミンシードが効果大。ロゼ(グラス)と

ロゼ(グラス)
800円

真鯛のソテーとハーブ野菜の生春巻き パッションフルーツソース
700円

さそう

東京都世田谷区池尻2-30-12 OSビル1F ☎03-5432-9665 [営]18時半〜翌1時(24時LO)、土・日・祝〜24時(23時LO) [休]不定休[席]カウンター7席/カード不可/予約可/チャージ400円 [交]東急田園都市線池尻大橋駅東口から徒歩3分(告知はhpでhttp://sasou-kisetsu.com) 

電話番号 03-5432-9665
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
色や型も様々な豆皿に盛りつけられた美しい料理に思わずため息がもれてしまう。元はアンティーク食器のショップだったフロアに、オーナーの丸亀さんが今年6月に開いたワインと日本酒の店だ。
更新: 2019-10-07 12:00:00
店内にぐるりとめぐらされたボートには、定評のある魚料理各種のほか、珍味系の酒肴や牛・鶏・豚・合鴨などの肉料理、土鍋飯など、圧倒的な数のメニューが並ぶ。目移り必至で食欲解放のスイッチが否が応でも入ってしまうはず。
更新: 2019-09-27 15:06:10
おや、こんなところに……。白い暖簾の隙間から、柔らかな白熱灯の光がこぼれる一軒家。
更新: 2019-09-11 12:00:00
店主の安田さん曰く「うちはよろづ屋だよ」。刺身も揚げ物も焼き物も、創作和食の枠を越えた洋風メニューまで、旨いものなら何でもござれ。
更新: 2019-09-06 12:00:00
クラフトメンチカツとリモンチェッロサワーの店を標榜するだけあり、メンチカツは14種類用意。すべて手作りのオリジナルだ。
更新: 2019-08-12 12:00:00
最新の投稿
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
更新: 2019-10-15 12:00:00
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt