MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
さそう(居酒屋/池尻大橋)のグルメ記事

さそう(居酒屋/池尻大橋)のグルメ記事

池尻大橋の旧道にひっそりと佇む「さそう」は、知らない人なら通り過ぎてしまうような店構え。だが扉の向こうにはゆったりめで奥行きあるカウンターが広がり、奥の厨房からは女性店主の佐宗さんが、まるで友人を招き入れるかのように案内してくれる。[さそう アクセス]東急田園都市線池尻大橋駅東口から徒歩3分

さそう(最寄駅:池尻大橋駅)

ほどよい”放っとかれ“感が心地いい、カウンター酒処

靴を脱ぎたくなるような癒され感がある店だ。 料理メニューは野菜をたっぷり摂れるものが豊富に揃うが、ハーブ系の野菜や香り高いスパイスなどを駆使したそれらの皿は、実は結構パンチもインパクトもあって、つまり酒が進む。 うれしいことに、揃える酒もワイン、日本酒を中心に、焼酎、ラム、ウイスキーなど多彩。ならば、今宵は好き勝手に思いつくまま、無軌道に飲むとしよう。なにせひとりめしなんだから、気遣い不用だ。アットホームな空気感ながらも、店主はこちらをほどよく放っといてくれるので、自由度に拍車がかかりそう。

ラム肉と夏野菜の焼きぎょうざ 香菜添え
800円

「ラム肉と夏野菜の焼きぎょうざ 香菜添え」は皮に練り込んだクミンシードが効果大。ロゼ(グラス)と

ロゼ(グラス)
800円

真鯛のソテーとハーブ野菜の生春巻き パッションフルーツソース
700円

さそう

東京都世田谷区池尻2-30-12 OSビル1F ☎03-5432-9665 [営]18時半〜翌1時(24時LO)、土・日・祝〜24時(23時LO) [休]不定休[席]カウンター7席/カード不可/予約可/チャージ400円 [交]東急田園都市線池尻大橋駅東口から徒歩3分(告知はhpでhttp://sasou-kisetsu.com) 

電話番号 03-5432-9665
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
夕刻ともなれば近所の常連も、海帰りの学生たちも立ち寄り賑やかな角打ちに。よく冷えたグラスの生ビールもあれば、ショーケースには地元のクラフトビールも。
「戦後すぐの創業ですから、当時は豆やモツくらいしかなかったそうです」と、店主・宮野雄治さんは語る。
 祖父の万吉さんが店を始めたのは、1945(昭和20)年のこと。
 美味しいおかずとふっくら炊きたての銀シャリ、それにちょっとのお酒があれば、われわれニッポン人にとって最高の夕食となるだろう。お品書きには、自家製ドレッシングのサラダに始まり、ダシを利かせたがんもの煮付け、おから入りの手作りさつま揚げなど、温もりあふれる料理が並ぶ。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
 カウンターのみの狭小店が30軒近く連なり、観光客も多く立ち寄る“みろく横丁”。中でも地魚ならここ、と地元の人が太鼓判を押すのが同店。
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
イタリア産を中心に、店主・新町さんが選び抜いた質・味わいともに群を抜く生ハム&サラミを取り揃える。12ヶ月熟成のクラテッロやローマにある有名店のコッパなど、その時々に食べ頃の6種を超薄切りで盛り合わせに。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt