MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「珉亭」の冷やし中華はすっきりと澄んだ醤油スープでツルッといく幸せ(ラーメン/下北沢)

「珉亭」の冷やし中華はすっきりと澄んだ醤油スープでツルッといく幸せ(ラーメン/下北沢)

「冷やし江戸っ子」は、昭和39年創業の『珉亭』が一年中提供している冷やし中華のひとつ。ピンク色をした名物のチャーハンしかり、メニューのほとんどが昭和のままなら、店内も昭和の風情そのもの。下北沢で半世紀近く愛される昔ながらの味を求め、客は引きも切らない。[交]京王井の頭線ほか下北沢駅南口から徒歩4分 ※ランチタイム有

珉亭(最寄駅:下北沢駅)

 うっとりするほど澄んだ甘酢醤油スープ。麺は細めで歯切れよく、上には肩ロースを使った自家製チャーシューとキュウリ、手作りしたキムチの浅漬け、刻みノリがのる。極めてシンプルなのに、すっきりとした酸味と優しく広がるキムチの風味のバランスのとれた味わいに、惹きつけられてやまない。この「冷やし江戸っ子」は、昭和39年創業の『珉亭』が通年提供している冷やし中華のひとつ。細麺をズズッと手繰れば、暑さでほてった身体に清涼感と元気がみなぎるようだ。他にもチャーシューにキュウリ、玉子と刻みノリ、紅生姜がのるオーソドックスな「冷やしそば」(800円)、「ねりごま冷やし」(850円)など、冷やし中華だけでも5種類が堪能できる。 ピンク色をした名物のチャーハンしかり、メニューのほとんどが昭和のままなら、店内も昭和の風情そのもの。下北沢で半世紀近く愛される昔ながらの味を求め、客は引きも切らない。

冷やし江戸っ子
900円

醤油と酢、砂糖少々というシンプル極まりない味付け。実にさっぱりとしていて、そこにキムチの風味が加わることで一層食欲をそそる完成度の高い一品に。肩ロースを使ったチャーシューは肉がほどけるように柔らかく、キュウリとの食感のコントラストもいい

チャーハン
800円

冷やし中華と並ぶ店の名物メニュー。赤く煮たチャーシューが縁起物だった昔の名残りで、今もチャーハン専用の赤いチャーシューを店で作っている。卵とネギとともに見事なスピードで炒められたピンク色のお米を頬張ると、どこか懐かしく優しい味わい。ファンが多いのも納得

珉亭

東京都世田谷区北沢2-8-8 ☎03-3466-7355  [営]11時半~23時半 [休]月(祝の場合は営業、翌日休み) [席]1階:カウンター12席、テーブル席8席 2階:座敷最大40席 計60席/禁煙席なし/2階席に限り平日のみ予約可/カード不可/サなし [交]京王井の頭線ほか下北沢駅南口から徒歩4分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3466-7355
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鯛ラーメンで人気を博す錦糸町『麺魚』が、“鴨”をテーマにした新ブランドをオープン。本店の“鯛”同様、一杯で存分に“鴨”が楽しめる造りを目指した。
更新: 2019-07-12 11:52:23
最初はほどよく甘く、後からじわじわ辛さや花椒の痺れがやってくる。豊かで刺激的な香りが鼻に抜け、後からじんわり汗が出る。
更新: 2019-07-12 11:56:40
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-28 11:04:54
人形町で愛されるラーメン店といえばココ! ラーメンは塩・醤油・味噌で懐かしい美味しさだ。
更新: 2019-05-20 11:52:44
串かつの店を昼間のみ間借りして営業している。煮干しや昆布などからとるスープは、澄んだ見た目以上に香りと旨みが力強く、弾力あるコシの細麺との相性も抜群だ。
更新: 2019-07-02 10:47:30
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt