MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】日本酒通が集まる新宿の名店「酒処吉本」(和食/新宿)

【閉店】日本酒通が集まる新宿の名店「酒処吉本」(和食/新宿)

「酒処吉本」は新宿で創業して45年。先代のころから獺祭の蔵元とは20年以上の付き合いがある。この店で常に欠かさないのが「磨き三割九分」だ。酒処吉本[交]JR線ほか新宿駅西口から徒歩3分

【閉店】酒処吉本(最寄駅:新宿駅)

酒の味わいを知り尽くしている2代目で唎酒師の大原慶剛さんが、「程よい酸味できれい過ぎない柔らかい味が和の食材に合う」と、数ある種類から定番に選んだ。「フグのような繊細な味にも、味のしっかりした〆サバにも合うバランスのいい酒」と、大原さんは言う。 酒の友は旬の魚料理や珍味などが中心。各地の珍味は17種類と豊富に揃う。先代から受け継ぐ「塩イカ胡瓜もみ」(830円)は、長野の保存食であるイカの塩漬けを塩出しし、キュウリやミョウガと合わせたサラダ感覚の肴。さっぱりとした口当たりで、傾ける杯が止まらない。

珍味三点盛り
960円

塩イカ胡瓜もみ
830円

珍味は「鯛酒盗」や「ままかり酢漬」など。「塩イカ胡瓜もみ」は塩出ししたイカを野菜と和えた定番のつまみ。弾力のあるイカとシャキッとしたキュウリの食感が絶妙だ。「磨き三割九分」は1070円

〆鯖
1550円

豊後水道のサバ。リンゴ酢などを入れた秘伝の酢で〆た風味豊かな味わい

鱧皮
830円

炙ったハモの皮を細切りにして自家製の酢で味付け 

酒処吉本

東京都新宿区西新宿1-13-3 西新ビル 3階 ☎03-3348-9658 [営]17時~23時(22時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター9席、テーブル4席×2卓、座敷32席、計49席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し830円別 [交]JR線ほか新宿駅西口から徒歩3分

電話番号 03-3348-9658
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
裏路地のかくれんぼ横丁に位置する「肉会席 ゆかわ」。もともと料亭として使われていたという和空間でのランチは、前日夜8時までの完全予約制だ。
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。スタッフ全員で一丸となり精魂込めて稲から育て収穫したお米は英気の宿る、恵みの味わい
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
和食料理人のご主人とバーテンダーの奥様が営む珍しいスタイルの割烹料理店。手打ちそばで締めるコースをメインに、季節の一品料理も揃う。
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
イタリア産を中心に、店主・新町さんが選び抜いた質・味わいともに群を抜く生ハム&サラミを取り揃える。12ヶ月熟成のクラテッロやローマにある有名店のコッパなど、その時々に食べ頃の6種を超薄切りで盛り合わせに。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt