MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
絶品蕎麦の食べ比べが楽しい下町の新星「もりいろ」(そば/大森)

絶品蕎麦の食べ比べが楽しい下町の新星「もりいろ」(そば/大森)

実家の蕎麦屋を改装して2代目の土屋匡史さんがにスタートさせた『もりいろ』。ここでは、まったく違う2種類の蕎麦を食べ比べる「2種もり」がなんといっても贅沢だ。 [交]京浜急行大森町駅から徒歩1分 ※ランチタイム有

もりいろ(最寄駅:大森町駅)

細打ちのせいろは蕎麦の旨みや香りが驚くほど豊かだが、味わいはすっきりときれい。例えていえば芯の通った清楚美人だ。一方の粗挽きは食べ応え十分だが、味に丸みがあってぽっちゃり美人を連想させる。聞けば、打ってから味を引き出すために1日ほど寝かせているとのこと。「自家製粉だからできることがたくさんあります」と土屋さんはいう。『小松庵』で9年、他店で1年ほど修業し、さらに「蕎麦屋以外の仕事も知りたい」とフレンチでも働いた。そんなわけで蕎麦もいいがつまみも幅が広い。フレンチの手法で火を入れた鴨肉のジューシーなこと。日本酒もワインもあるので、ぜひ蕎麦前も楽しんで頂きたい。

2種もり
1296円

上は北海道・新得産の玄蕎麦を粗挽きに。下は茨城県笠間産の蕎麦で、微粉に粗挽きを混ぜて風味を出している

鴨汁
1512円

香ばしい鴨肉が美味しい

梅とじ
1188円

白醤油を使った汁に卵が馴染む。梅干しがいいアクセントに

もりいろの関連記事

もりいろ

[住所]東京都大田区大森西5-10-8 [TEL]03-3761-6055 [営業時間]11時半~14時半、17時半~20時半 [休日]月 [座席]カウンター5席、テーブル14席、計19席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [アクセス]京浜急行大森町駅から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3761-6055
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
 落語には蕎麦のネタがよく出てくるほど両者の関係は深い。そんな江戸情緒あふれる寄席が、これまた江戸にルーツのある老舗蕎麦屋で楽しめるとは粋ってやつじゃないですか。
厳選した北海道産の蕎麦粉を石臼で挽いたこだわりの蕎麦はもちろん、四季を感じる食材を使った料理で一杯やるのがいい。お茶割りも「そば茶割り」「抹茶割り」「玉露割り」「ウーロンハイ」「黒ウーロンハイ」と充実。
郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
323views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt