「江戸蕎麦ほそ川」のシンプルにして曇り無し清々しい旨さの冷やかけそば(そば/両国)

「江戸蕎麦ほそ川」のシンプルにして曇り無し清々しい旨さの冷やかけそば(そば/両国)

シンプルなのになんでこんなに旨いのか?ずずっとやった瞬間にそう思わずにいられない冷かけだ。[交]JR両国駅から徒歩6分、地下鉄両国駅A3出口から徒歩1分 ※ランチタイム有


江戸蕎麦ほそ川(最寄駅:両国駅)

昆布、椎茸、鰹節でダシを取り、淡口醤油などで味を調えるという甘汁は、きれいに澄み切っている。が、すっきりした中に余韻が残り、蕎麦にも負けない。蕎麦は厳選した玄蕎麦を自家製粉した十割。やや細めでもちっとしたコシを感じながら、噛みしめると蕎麦の醍醐味が広がる。たぐると汁が絡んで後からダシの風味が追いかけてくるのもいいなあ。「冷やしすぎないほうがいいんだよ」というその汁を、ゆずの香りも感じながら飲み干せば、体もシャキッとした気分になる。

冷やかけそば 1150円

取材時の蕎麦は茨城県金砂郷産。蕎麦は秋のいい時季に仕入れて低温保管し、必要な分だけ自家製粉する。ちょこんと乗る紀州の梅干しは、適度な酸味と蜂蜜の甘みが、すっきりした冷かけに合う

穴子天せいろ 2550円

店主渾身の穴子てんぷらもおすすめ

江戸蕎麦ほそ川

東京都墨田区亀沢1-6-5 ☎03-3626-1125 [営]11時45分~14時半(14時LO)、17時半~20時半(20時LO) [休]月・第3火 [席]テーブル30席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交]JR両国駅から徒歩6分、地下鉄両国駅A3出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3626-1125
2016年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


ひよく亭(日本料理/日本橋)|つまみは安くて量も満足!人気ランチは行列必至

ひよく亭(日本料理/日本橋)|つまみは安くて量も満足!人気ランチは行列必至

「ひよく亭」は元力士の先代が新橋で創業し、日本橋に移って約30年。現在は京都の日本料理店で修業した2代目が切り盛りしている。


初台で豚汁&天ぷらつきの平日限定そば定食|手打蕎麦 かわしま(そば/初台)

初台で豚汁&天ぷらつきの平日限定そば定食|手打蕎麦 かわしま(そば/初台)

渾身の蕎麦を味わって欲しいからと、一般的な蕎麦店では定番の丼モノを置かないのが店主の信条。それでも仕事の合間にやってくるお客の胃袋を満たしてあげたいと、約15年前の創業時から平日限定でランチメニューに載せているのがこの“定食”だ。


 東西「天ぷら」対決(コラム:マッキー牧元×門上武司の往復書簡)

東西「天ぷら」対決(コラム:マッキー牧元×門上武司の往復書簡)

おとなの週末で人気連載の呼び声高い、東西うまいもの対決風コラム『[東]マッキー牧元 ×[西]門上武司の往復書簡』。待ってましたの春到来。いよいよ全国的に桜も咲き、気分もウキウキ、いい季節ですなぁ。そんな芽吹きを寿ぐ今号は、春の生命力をしかと感じる野菜の天ぷらで、東西の美味を語っていただきます。


旧宮城野部屋の姿がそのまま残る両国の珍しい割烹。|割烹 吉葉(ちゃんこ鍋/両国)

旧宮城野部屋の姿がそのまま残る両国の珍しい割烹。|割烹 吉葉(ちゃんこ鍋/両国)

 第43代横綱・吉葉山に由来する割烹・吉葉。旧宮城野部屋の姿がそのまま残る珍しい店だ。


運が良いと現役力士の食事風景にばったり!?|ウランバートル(モンゴル料理/両国)

運が良いと現役力士の食事風景にばったり!?|ウランバートル(モンゴル料理/両国)

両国にある、元小結・白馬のお母さんが経営するモンゴル料理店。夕飯をとる力士との遭遇率が高いので、相撲ファンの女子も集まり、皆がここで羊肉の味に目覚める。


最新の投稿


蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。


全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

「豚八戒」の「羽根付き餃子」まずは目で楽しんでほしい、見事な羽根をまとった焼餃子を!こちらはハルビン出身の店主が作る味を求めて全国から客が集まる店。


行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

 佐原駅にほど近い住宅地の中にある、江戸時代から続く老舗。照りが美しいうな重のタレは甘口だが、最上白味醂をたっぷりと使ったもので、後味は思ったよりも上品であっさり。


まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

おとなの週末で連載中の人気コラム「美味しい食の研究所 口福三味(こうふくざんまい)」。美味しい食を求めて、漫画家ラズウェル細木さんが実際に『食の実験』に挑戦。テーマにちなんだプチ情報やさっと作れる超簡単おつまみレシピもご紹介。今回のテーマは『まちがってソースをかけたときの対処法』。


讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

“伸びのあるコシ”と店自体が謳っている通り、手打ちの麺の食感がなかなか秀逸。力強い弾力に終始することなく、適度にモチッとした感じは喉越しもいい。


ランキング


>>総合人気ランキング