MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
きたろう|気軽な雰囲気でおでんと獺祭を楽しむ(おでん/湯島)

きたろう|気軽な雰囲気でおでんと獺祭を楽しむ(おでん/湯島)

おでん・食工房きたろうは年間を通じて提供している名物おでんとの組み合わせが気軽に楽しめる店。店はアットホームな雰囲気ながら、その道30年以上の料理人が作る和食が本格的だ。[交]地下鉄千代田線湯島駅6番出口から徒歩2分

きたろう(最寄駅:湯島駅)

夏限定のメニューなら、秘伝のおでんダシで豚バラ肉をしゃぶしゃぶにする「おでんダシの豚しゃぶ」(1人前1296円・前日までの要予約)がオススメ。カツオと昆布を使った上品な関西風のダシでいただく味わいは、ふくよかな香りの「磨き三割九分」との相性がいい。獺祭は時季により限定酒や季節酒も登場する。 おでんのほかにも鹿児島県産の「さつま知覧どり」の稀少な特選モモ肉を使った「薩摩知覧どり焼き」(1296円)が定番。しっかりとした弾力があり、噛むほどに濃厚な旨みがあふれ出る。

薩摩知覧どり焼き
1296円

さつま知覧どりのモモ肉をシンプルに焼いた。柚子胡椒でいただく

おでんダシの豚しゃぶ
1人前1296円

関西風のおでんダシの旨みが豚肉に絡んで美味。10月中旬までの夏メニュー

酒粕天
518円

酒粕を塗った大葉でクリームチーズと奈良漬けを巻いて天ぷらにした季節料理。提供は8月中旬~

きたろう

[住所]東京都台東区上野1-8-7石渡ビル1F [TEL]03-3839-3911 [営業時間]17時~23時(22時半LO)、土17時~22時(21時半LO) [休日]日・祝 [席]カウンター10席、テーブル4席×3卓、小10席、計32席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し378円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅6番出口から徒歩2分

電話番号 03-3839-3911
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
荒木町のスナックビルの2階奥にある、小さな和食屋。10席のこぢんまりした店内で、秋田出身の亭主が温かくもてなす。
店に入ると目に飛び込んでくるのが、じっくり煮込まれた「和牛黒煮込み」の大鍋。ビロードのような美しい光沢感にノドが鳴ること間違いなし。
低カロリー、低コレステロールで注目のラム肉。それもあってか、ここ1、2年でジンギスカン店や専門店が増え、ブーム再燃の兆しだ。
2018年3月のオープンながらすでに東中野の名店とも言えるもつ焼き屋がこちら。何気に希少な部位も揃い、肉質、焼き加減ともに見事で、お店の活気も気持ちいい。
看板は、クセがなく刺身でも食べられるほど鮮度の良い上州豚料理。中でもスモークまたは塩などから味を選べるヤキトンは、炭でぷりぷりに焼き上げられた魅惑の味だ。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt