MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】廣東名物料理 徳記|中華麺の製麺所から広東料理店へ 変遷を経て、中華街の人気店に(ラーメン/横浜)

【閉店】廣東名物料理 徳記|中華麺の製麺所から広東料理店へ 変遷を経て、中華街の人気店に(ラーメン/横浜)

徳記 (トッキ)は昭和20年、終戦の年に中華麺の製麺所として始まり、昭和37年に広東料理店に鞍替え、現在に至る。看板料理は「豚脚麺」 ※ランチタイム有

※閉店※廣東名物料理 徳記|トッキ(最寄駅:元町・中華街駅)

看板の「豚脚麺」は店を始めた当時からあるオリジナルメニューで、シンプルな醤油ラーメンにとろとろに煮込まれた豚足が別皿で添えて供される。
ラーメンの上にトッピングとして豚足をのせないのは、繊細なスープの味を壊さないようにするため。背ガラと鶏ガラの旨みが利いた滋味深いラーメンと、醤油ベースでしっかり味付けされた豚足を交互に食べながら味のコントラストを楽しみたい。2日間かけて煮込まれた豚足は八角などのスパイスが利いているが、見た目ほど味付けは濃くなく後味はさっぱり。しっかり油抜きをしているため、くどさは皆無でぺろりと食せる。

豚脚麺(とんそくそば)
1030円

豚足の煮込みは広東の定番料理だが、日本人の舌に合わせて醤油ベースの味に仕立てている。獣臭さもなく食べやすい 元製麺屋だけあって麺も秀逸。平打ちの自家製玉子麺は、コシがあって風味もいい。豚足のタレに麺をつけて食べるのもおすすめだ

春巻(4本)
820円

豚肉やエビ、タケノコ、クワイなどが入った春巻。餡の水分で皮がべちゃっとならないよう、ふわりと皮を巻くことで、時間が経ってもパリパリの食感が続く

※閉店※廣東名物料理 徳記

神奈川県横浜市中区山下町166 ☎045-681-3936 [営]12時~14時LO、17時半~20時LO ※土・祝は12時~15時LO ※ランチタイム有 [休]水 [席]テーブル30席/禁煙/カード不可 [交]みなとみらい線元町・中華街駅3番出口から徒歩7分

電話番号 045-681-3936
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人形町で愛されるラーメン店といえばココ! ラーメンは塩・醤油・味噌で懐かしい美味しさだ。
更新: 2019-05-20 11:52:44
串かつの店を昼間のみ間借りして営業している。煮干しや昆布などからとるスープは、澄んだ見た目以上に香りと旨みが力強く、弾力あるコシの細麺との相性も抜群だ。
更新: 2019-05-13 13:09:04
鶏ガラとトンコツを重ねたスープは濃厚さがありつつもスッキリ。かえしは白醤油と黒醤油の2種類があり、白醤油はスープの味わいを繊細に際立たせ、黒醤油はコクと深みを増している。
更新: 2019-05-13 11:51:13
こだわりの炭火焼鳥の店でランチのみ味わえるのが勝浦タンタンメン。透き通った赤いスープは見るからに辛そうだが、豚の旨みや野菜の甘みが凝縮して爽快な辛旨味!
更新: 2019-05-14 15:44:36
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-05-15 15:29:46
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt