MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】廣東名物料理 徳記|中華麺の製麺所から広東料理店へ 変遷を経て、中華街の人気店に(ラーメン/横浜)

【閉店】廣東名物料理 徳記|中華麺の製麺所から広東料理店へ 変遷を経て、中華街の人気店に(ラーメン/横浜)

徳記 (トッキ)は昭和20年、終戦の年に中華麺の製麺所として始まり、昭和37年に広東料理店に鞍替え、現在に至る。看板料理は「豚脚麺」 ※ランチタイム有

※閉店※廣東名物料理 徳記|トッキ(最寄駅:元町・中華街駅)

看板の「豚脚麺」は店を始めた当時からあるオリジナルメニューで、シンプルな醤油ラーメンにとろとろに煮込まれた豚足が別皿で添えて供される。
ラーメンの上にトッピングとして豚足をのせないのは、繊細なスープの味を壊さないようにするため。背ガラと鶏ガラの旨みが利いた滋味深いラーメンと、醤油ベースでしっかり味付けされた豚足を交互に食べながら味のコントラストを楽しみたい。2日間かけて煮込まれた豚足は八角などのスパイスが利いているが、見た目ほど味付けは濃くなく後味はさっぱり。しっかり油抜きをしているため、くどさは皆無でぺろりと食せる。

豚脚麺(とんそくそば)
1030円

豚足の煮込みは広東の定番料理だが、日本人の舌に合わせて醤油ベースの味に仕立てている。獣臭さもなく食べやすい 元製麺屋だけあって麺も秀逸。平打ちの自家製玉子麺は、コシがあって風味もいい。豚足のタレに麺をつけて食べるのもおすすめだ

春巻(4本)
820円

豚肉やエビ、タケノコ、クワイなどが入った春巻。餡の水分で皮がべちゃっとならないよう、ふわりと皮を巻くことで、時間が経ってもパリパリの食感が続く

※閉店※廣東名物料理 徳記

神奈川県横浜市中区山下町166 ☎045-681-3936 [営]12時~14時LO、17時半~20時LO ※土・祝は12時~15時LO ※ランチタイム有 [休]水 [席]テーブル30席/禁煙/カード不可 [交]みなとみらい線元町・中華街駅3番出口から徒歩7分

電話番号 045-681-3936
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ミシュランガイド・ビブグルマンに掲載された上北沢『らぁめん小池』のセカンドブランド。煮干しの風味をビシッと立たせた本店に対し、こちらは鶏や豚、アサリなどの旨みを重ね、より芳醇に仕立てている。
更新: 2019-01-25 12:00:00
横浜家系 志田家(ラーメン/阿佐ヶ谷)|専務の神田寛之さんは、昨年10月に閉店した伝説の名店『桂家』で最後まで厨房に立っていた人物。人気店『武蔵家』で修業した経歴もあり、東京を代表するふたつの家系ラーメンのいいところを融合させている。
更新: 2018-12-28 12:00:00
『手打ち式多加水麺 ののくら』|”手打ち麺”の美味しさに魅了された店主が、個性あふれる麺を引っ提げて独立。35%を超えれば「多加水」と呼ばれるラーメン業界で、驚異の55%超えの麺を提供する。
更新: 2018-12-20 18:00:00
 一見ガレージに見える外観はテラス席にもなっていて奥に店舗あり。昼時は行列のできる人気店だ。カリッと揚がって、小麦粉の旨さも豚の脂の旨みもしっかり感じられるパーコーが宝石のごとくのる。
更新: 2018-11-23 18:00:00
本格担々麺とパーコーのコラボを味わいたいならこちらがおすすめだ。辛さは2辛から5辛まで選べるが、花椒の香り、痺れもしっかり、肉味噌もコクのあるスープも本格の担々麺。
更新: 2018-11-21 12:00:00
最新の投稿
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:22
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:40
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt