MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
New Zea Platform(ニュージランド料理/神山町)

New Zea Platform(ニュージランド料理/神山町)

New Zea Platform (ニュージープラットフォーム)ではニュージーランドの自然と食材の豊かさにハマった店主が「魅力を伝えたい」と、吟味した食材をシンプルな調理法で提供。脂が乗ったNZ産サーモンは刺身で食べられるものを空輸している。ワインはすべてNZ産で統一。

New Zea Platform(最寄駅:代々木公園駅)

シンプルな調理法で旨みを引き出し、自然の大らかさ、恵みを楽しませる

ニュージーランドの自然と食材の豊かさにハマった店主が「魅力を伝えたい」と、吟味した食材をシンプルな調理法で提供。脂が乗ったNZ産サーモンは刺身で食べられるものを空輸している。ワインはすべてNZ産で統一。

NZ産厚切りキングサーモンのグリルNZ産岩塩とレモンで
2030円

NZ産ラムチョップ(1P)
518円

New Zea Platform

[住所]東京都渋谷区神山町42-3 3・4階 ☎03-5790-9445 [営]12時~15時(14時LO)、18時~24時(23時半LO) [休]日 [席]20席

電話番号 03-5790-9445
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
 本場の味はそのままに、日本人の口に合うメニューを厳選したトルコ料理店。トルコ出身のシェフは、多様な地域性をもつトルコ各地の料理に精通、イタリア料理店でも腕を磨いた経験者だ。
ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
山形は蕎麦の名産地であるとともに、滋味深い食材と風土に育まれた食文化がある。ゆるゆるとその地酒を味わいながら、ならではの旨さを堪能できるのがここの魅力だ。
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt