MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
New Zea Platform(ニュージランド料理/神山町)

New Zea Platform(ニュージランド料理/神山町)

New Zea Platform (ニュージープラットフォーム)ではニュージーランドの自然と食材の豊かさにハマった店主が「魅力を伝えたい」と、吟味した食材をシンプルな調理法で提供。脂が乗ったNZ産サーモンは刺身で食べられるものを空輸している。ワインはすべてNZ産で統一。

New Zea Platform(最寄駅:代々木公園駅)

シンプルな調理法で旨みを引き出し、自然の大らかさ、恵みを楽しませる

ニュージーランドの自然と食材の豊かさにハマった店主が「魅力を伝えたい」と、吟味した食材をシンプルな調理法で提供。脂が乗ったNZ産サーモンは刺身で食べられるものを空輸している。ワインはすべてNZ産で統一。

NZ産厚切りキングサーモンのグリルNZ産岩塩とレモンで
2030円

NZ産ラムチョップ(1P)
518円

New Zea Platform

[住所]東京都渋谷区神山町42-3 3・4階 ☎03-5790-9445 [営]12時~15時(14時LO)、18時~24時(23時半LO) [休]日 [席]20席

電話番号 03-5790-9445
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
 本場の味はそのままに、日本人の口に合うメニューを厳選したトルコ料理店。トルコ出身のシェフは、多様な地域性をもつトルコ各地の料理に精通、イタリア料理店でも腕を磨いた経験者だ。
更新: 2019-03-12 12:00:00
ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。
更新: 2018-12-28 18:00:00
新橋にシチリア島の南に浮かぶ島国、マルタ料理の店「レストランマルタ」。オーナーの髙宮さんが現地で学んだ家庭の味をランチでも楽しめる。
更新: 2018-04-25 17:31:05
 その裏手にあるのがルーマニア料理の『ラ・ミハイ』だ。写真の「人気三種のいいとこ取りプレート」(1500円)は、「いんげん豆のたたき」、「たらこのペースト」と通常は「フェタチーズ」が盛られるが、これをホール担当のユリアさんに「ルーマニアポテトサラダ」に変えたい旨を伝えると快く聞いてくれた。
更新: 2018-02-07 18:00:00
最新の投稿
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt