MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
今日のランチはココ!すべてに申し分ない最強のパスタランチなら「トラットリア・コッレ」!(パスタ/日本橋)

今日のランチはココ!すべてに申し分ない最強のパスタランチなら「トラットリア・コッレ」!(パスタ/日本橋)

「トラットリア・コッレ」のシェフ柿沼さんは「イタリア料理は食材ありき」の考えのもと、現地のみならず日本の四季の素材を大切にしているのもこだわり。[交]都営新宿線浜町駅A1出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

TRATTORIA COLLE(最寄駅:浜町駅)

 前菜からパスタ、デザートまで、どれを味わっても間違いない感動的な美味しさ。そんな素晴らしいコストパフォーマンスのランチに、心の底から満足できるだろう。5種から選べるパスタの中でも、定番人気は「生ウニのクリームソース」。うっとりするほど濃厚な味はあえてソース作りにウニを使わず、アンチョビなどで独特の風味を演出。麺と絡める時に初めて、生ウニをたっぷり加える。そうすることで食材をストレートに楽しめるよう計算されているのだ。

毎朝築地で仕入れる旬の魚介や吟味した黒毛和牛の炭火焼きなど、そのものの味を生かした夜のメニューにも心惹かれる。パスタは手打ちも用意。一つひとつ麺棒でのばす生地のモチモチ感は格別だ。

ランチAコース
1050円

前菜の「山形豚の自家製燻製ハム」から始まり、選べるパスタ、日替わりのデザート、自家製パンのランチコース。写真は定番の「生ウニのクリームソーススパゲッティ」。パスタはほかに週替わりで用意。週末も同じ値段で、行列ができることも

北海道産ツブ貝のバジルバターソテー
1600円

夜のアラカルト。バターとニンニクの風味豊かなバジルペーストで炒めたツブ貝と、季節の野菜が彩り鮮やか

イタリア産ホワイトアスパラガスを入れたカルボナーラ

週替わりのランチパスタの1種。イタリア産ホワイトアスパラガスはしっかりした味があり、チーズたっぷりのカルボナーラの濃厚さに負けない旨み

TRATTORIA COLLE

東京都中央区日本橋浜町1-4-16 大森ビル1階 ☎03-5821-7882 [営]11時半~15時(14時LO)、18時~23時(22時LO)、土の夜は22時(21時LO)まで [休]日 [席]カウンター5席、テーブル23席、計28席/全席禁煙/予約可/夜はカード可/サなし [交]都営新宿線浜町駅A1出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-5821-7882
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
更新: 2019-01-24 12:00:00
石神井公園『ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ』|「貧乏人のスパゲティ」は目玉焼きを崩してパスタに絡めた素朴な料理。カルボナーラの原形とも言われている。
更新: 2019-01-18 16:27:12
浅草の人気ロメスパといえばここ。メニューは4種類のみだが、店名に掲げている通りイチオシはカルボ。
更新: 2018-11-30 10:19:44
秋葉原の「カフェ フレスカ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。デカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。[住所]東京都千代田区外神田1-15-2 半田ビル 地下1階 [TEL]03-3253-3800
更新: 2018-11-03 09:05:45
イゾラ スメラルダ(ピザ/東京)|ピッツァイオーロ(ピザ焼き職人)の大関さんにナポリピッツァの極意をたずねると、「窯を熟知することですね」。巨大な石窯は、わざわざイタリアから職人を呼んで組み上げたもの。
更新: 2018-12-03 14:19:02
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt