MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
La Fabbrica Della Pasta Quel|手打ちにこだわる郷土パスタと自然派ワイン(イタリアン/本郷三丁目)

La Fabbrica Della Pasta Quel|手打ちにこだわる郷土パスタと自然派ワイン(イタリアン/本郷三丁目)

自家製の手打ちパスタにこだわる注目の新鋭なら迷わずここをおすすめしたい。店名の〝ラ・ファブリカ デッラ パスタ〟は「パスタ工房」という意味。文字通り、工房さながらのガラス張りの麺打ち場で、黙々と作業する料理人の姿に見入ってしまうほど。[交]地下鉄丸ノ内線ほか本郷三丁目駅2番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

La Fabbrica Della Pasta Quel(最寄駅:本郷三丁目駅)

ランチもいいが、いろいろな種類から選びたいならぜひ夜に行ってみてほしい。ロング系から詰め物、日本ではあまり目にしない形のものまで、イタリアの郷土パスタが8種類前後。説明を受けながら選ぶ楽しさにもワクワクする。 食材によって内容は定期的に変わるが、定着しているのはピエモンテ州の「アニョロッティ・デル・プリン」。豚肉とほうれん草、リコッタチーズを詰めた小さなラビオリで、ワインにもピッタリ。海外経験もあるソムリエの平原店長が、イタリアの自然派ワインとパスタの組み合わせをアドバイスしてくれる。

唐辛子を練り込んだタリオリーニ タコとタジャスカオリーブのラグー
1400円(税別)

パスタの味や種類は随時変わる。写真は唐辛子を練り込んだ鮮やかなオレンジ色が目を引くタリオリーニ。モチッとした口当たりだ。ソースは味が濃いイタリア産のタジャスカオリーブとタコを使ったトマトベースで、食感を楽しめるよう生のセロリを加えている。タコのダシと甘み、オリーブの風味、塩味のバランスが味の決め手

アニョロッティ・デル・プリン
1300円(税別)

ピエモンテ州の郷土パスタ。コシのある生地の中には豚肉とほうれん草、リコッタチーズが詰まっている。数あるパスタはコシとモチモチ感を出すためそれぞれ加水率を見極めて前日から仕込むのだとか

真ダコのソップレッサータ バジル風味のトマトソース
950円(税別)

真ダコを使った冷たい前菜は、タコのゼラチン質でテリーヌ風に固める

La Fabbrica Della Pasta Quel

[住所]東京都文京区本郷2-26-11 浜田ビル [TEL]03-6801-8853 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時半~24時(23時LO)、土・祝昼は〜14時半(14時LO)、夜は~23時(22時LO) [休日]日 [席]カウンター5席、テーブル18席、地下個室10名、計33席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、ワンドリンク制 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか本郷三丁目駅2番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6801-8853
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
アラカルトでも楽しめるイタリアン&ワインバー。店主の選ぶイタリアなどの自然派ワインと奥様のつくる料理の相性も抜群。
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
店名の“タンテ”はmanyで“ボーネ”はgoodを意味する。多くの“ボーネ”な料理が揃うなかで目を引くのが、スフィンチョーネとピアディーナ。
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
300views 脱メタボ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt