MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大衆イタリアンMatilda GINZA|パンチのあるパスタの数々はワインのつまみにも最適(パスタ/新富町)

大衆イタリアンMatilda GINZA|パンチのあるパスタの数々はワインのつまみにも最適(パスタ/新富町)

大衆イタリアンMatilda GINZA 今や定番のガブ飲みワインを広めた『ポンデュガール』系列の最新店。今度の店はもりもり食べて飲んで元気になる大衆食堂をコンセプトにしたイタリアン![交]地下鉄有楽町線新富町駅2番出口からすぐ

大衆イタリアンMatilda GINZA(最寄駅:新富町駅)

フィレンツェで修業したシェフが作るパスタは常時6種類で、ワインのつまみにもなる品揃えだ。例えば粗挽きの合挽き肉がゴロゴロ入るボロネーゼは、ショートタイプのリガトーニと合わせて黒胡椒でパンチを利かせる。
ニンニクガッツリのペペロンチーノは、熟成させたスルメイカの肝のペーストを隠し味に加えるなど、シンプルながら酒好きを唸らせる味が満載だ。 麺類は〆に注文しがちだが、ここでは現地式に前菜、パスタ、メイン料理の順に食すスタイルも提案している。メインは半頭買いしている茨城県産「梅山豚」のローストなど、希少価値の高い食材がさりげなく、そして良心的な価格でメニューに並ぶ。

酒呑みペペロン
980円(税別)

ニンニクがたっぷり入ったペペロンチーノは定番メニュー。アンチョビ、塩辛、魚醤などを入れて風味良く仕上げた味はお見事

ボロネーゼリガトーニ
1400円(税別)

牛、豚、鶏、そして鶏の白レバーの合挽きを使うのが特徴。白レバーを入れることでまろやかなコクが出る。それらを4時間ほど煮込んで味を調え、リガトーニと合わせて黒胡椒とパルミジャーノチーズをトッピング。ボリュームも申し分ない

梅山豚のロース肉のロースト
1880円(税別)

茨城県産「梅山豚」は融点が低いためスッと溶けるような脂身でクドくない旨みがある。注文があってから常温に戻して調理するため、完成まで約50分かかる。焼いては休ませる絶妙な火入れでほんのりピンク色に焼き上げる

大衆イタリアンMatilda GINZA

東京都中央区新富 2-2-8 榎本ビル1階 ☎03-6280-3200 [営]17時半~翌1時(24時LO)、土・日・祝16時~23時(22時LO) [休]月(ほか不定休あり) [席]カウンター8席、テーブル16席、計24席/全席禁煙/予約可/カード可/チャージ(食べ放題のパン代)200円別 [交]地下鉄有楽町線新富町駅2番出口からすぐ

電話番号 03-6280-3200
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
アラカルトでも楽しめるイタリアン&ワインバー。店主の選ぶイタリアなどの自然派ワインと奥様のつくる料理の相性も抜群。
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
店名の“タンテ”はmanyで“ボーネ”はgoodを意味する。多くの“ボーネ”な料理が揃うなかで目を引くのが、スフィンチョーネとピアディーナ。
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
299views 脱メタボ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt