MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
三笠バル ILCOVO(イタリアン/新橋)|全体の一体感を重視したバランスのいい味わいのパスタ

三笠バル ILCOVO(イタリアン/新橋)|全体の一体感を重視したバランスのいい味わいのパスタ

新橋で人気のイタリアンバル「三笠バル」が2015年1月に2号店を出店。名物の「トリッパ食べ放題」をはじめ、食材を吟味した安くて美味しい料理の数々はこちらでも健在だ。

MIKASA BAL ILCOVO|三笠バル イルコーボ(最寄駅:新橋駅)

店を仕切る仲田シェフがパスタ作りで大事にするのは「口に入れた時の一体感」。それは何かの食材や味が突出して主張するのではなく、あくまでもバランスの良さを重視するということ。常時6種類のパスタは、高級で豪華な食材に頼ることは特にないが、素朴で馴染み深い味から、イタリア産熟成サラミを調味料とした本場の味まで、ホッと親しめるものばかりなのだ。

ンドゥイヤのアラビアータ マッロレドゥース
1180円(税別)

カラブリア州特産の熟成サラミ「ンドゥイヤ」を調味料として使う。ただ辛いだけじゃなく、コクのあるスパイシーな風味。パスタの種類はニョッキのような形の「マッロレドゥース」

ツナと木の子のスパゲッティ
780円(税別)

椎茸やしめじなど数種類のキノコとツナの旨みがバランスのいいパスタ。味付けはまろやかな岩塩のみだが、オリーブオイルとパスタの茹で汁を絶妙に乳化させることで、複雑な旨みに仕上げている

お通しの食べ放題トリッパ
500円(税別)

お通し500円で食べ放題のトリッパ。牛の第二胃袋(ハチノス)と白インゲン豆を香味野菜と一緒に煮込む。毎日5㎏を仕込むという。平日17時~18時半までは1000円で飲み放題も

MIKASA BAL ILCOVO

東京都港区新橋3-13-10 平田ビル3・4階 ☎03-6452-9940 17時~23時(22時 LO) 日・祝 [席]3階カウンター12席、テーブル26席、4階テラス席約30席、計68席/分煙(テラス席は喫煙可)/予約可/カード可/お通し(トリッパ食べ放題)500円別 [交]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩2分

電話番号 03-6452-9940
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「ランチでもリストランテで食事をする醍醐味を感じて頂きたい」と、馬場正人さん。例えばフォカッチャは営業開始時間に合わせて焼きたてを。
古民家を生かしたシックな佇まい。ゆっくり腰を落ち着けて、料理もワインも楽しみたいときに行きたい店だ。
 オープンキッチンの開放的な空間に元気なスタッフ。ともかく活気があって、広めのカウンターもテーブル席も居心地がいい。
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
283views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt