MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
Cucina alla Baba(イタリアン/六本木)|六本木の隠れ家で出合う 〝馬場風〟の本格パスタ

Cucina alla Baba(イタリアン/六本木)|六本木の隠れ家で出合う 〝馬場風〟の本格パスタ

Cucina alla Baba(クッチーナ アッラ バーバ)は六本木の雑居ビルにある。まるで隠れ家のよう。バーを思わせる造りからは想像もできないが、ここには夜な夜な本格イタリアンを求めて客が集まってくる。しかも朝5時まで。店主の馬場さんは数々の人気店で腕をふるった名シェフ。

Cucina alla Baba | クッチーナ アッラ バーバ(最寄駅:六本木駅)

店名の「アッラバーバ」とは「馬場風」の意で、基本は守りつつ独自のイタリアンを供している。 とりわけパスタの旨さには目を見張る。注文があってから粉を練る手打ち麺や黒胡椒とチーズだけで勝負するシンプルパスタなど、その数、20種類以上。一軒目でも二軒目でも使える店だ。

カチョ・エ・ペペのスパゲットーニ 
1404円

黒胡椒とペコリーノチーズを使う極太麺のパスタ。黒胡椒はパスタの茹で汁で炊いて香りを際立たせ、チーズは麺が隠れるぐらい掛けるのが特徴。チーズの塩味と胡椒の辛みがクセになる味わい。〆のラーメンならぬ〆パスタで注文する人も多いという人気メニューだ。ショートパスタで合わせるのもおすすめ

ズッキーニとイカ、からすみのカヴァティエッディ
1728円

窪みを付けた「カヴァティエッディ」というパスタは注文を受けて粉を練って作る。ムチムチとした歯応え。ヤリイカと、野菜はズッキーニのほかにとろみを加えるためオクラなども入れる。ベースの味にはアンチョビ、ドライトマト、ニンニクなどが入る

Cucina alla Baba

東京都港区六本木5-9-14 第7ビレッジビル3階 ☎03-6804-1993 [営]19時~翌5時(翌4時半LO) [休]日 [席]カウンター6席、テーブル8席、計14席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ540円別 [交]地下鉄日比谷線ほか六本木駅3番出口から徒歩4分

電話番号 03-6804-1993
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
アラカルトでも楽しめるイタリアン&ワインバー。店主の選ぶイタリアなどの自然派ワインと奥様のつくる料理の相性も抜群。
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
店名の“タンテ”はmanyで“ボーネ”はgoodを意味する。多くの“ボーネ”な料理が揃うなかで目を引くのが、スフィンチョーネとピアディーナ。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt