MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ|一流ホテルで堪能できる満腹パスタランチ(カフェ/有楽町)

ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ|一流ホテルで堪能できる満腹パスタランチ(カフェ/有楽町)

言わずと知れた高級ホテル、「ザ・ペニンシュラ東京」。平日限定ながらも、リーズナブルな価格のランチセットがあるのをご存知だろうか。その内容が大充実。まずは日替わりのパスタ。ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ[交]日比谷駅・有楽町駅直結、銀座駅 C4出口 徒歩3分 ※ランチタイム有

『ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ』(最寄駅:日比谷駅)

日替わりのパスタ。こちらは1人前140gとボリュームはなかなかのもの。それにバゲットやソフトロールなどのパン2種類に、ミニサラダとスープも付く。 もちろんホテルの一流シェフによる味は折り紙つきで、この日のパスタ、ボロネーゼは牛挽き肉の奥深い旨みとコクがたっぷり。カボチャのスープもなめらか、かつ濃厚に仕上がっている。さらに、店内にはパンやペストリーが並ぶブティックも併設。ショーケースに飾られたきらびやかなケーキの数々に、帰り際、つい手が伸びてしまうことだろう。

平日限定パスタランチ
1000円(サ15%別)

『ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ』

[住所]東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京 地下1階 [TEL]03-6270-2717 [営業時間]11時〜18時半LO(ブティックは19時まで)[休日]無休[交通アクセス]地下鉄千代田線、日比谷線、都営三田線、有楽町線、日比谷駅・有楽町駅直結

電話番号 03-6270-2717
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 改札の内側と外側のそれぞれから利用でき、全62席と席数が多いことが大きな特長。たっぷりの野菜を使った写真の「ガッパオ」のほか、サラダやサンドイッチなどフードが充実。
鎌倉駅前で51年間。地元でずっと愛されているサイフォン・コーヒーと美味しい軽食。
スキー場として有名な湯沢高原だが、オフシーズンも大賑わいだ。展望のいいウッドデッキと『雲の上のカフェ』が昨年オープン。
山頂駅の2階にある『志賀高原クランペットカフェ』へ。暖炉に大きなソファ、サッカーゲームまであり、イギリスの家庭に招かれたかのようだ。
地上1900メートルの清里テラスにリフトで10分。秩父連峰や富士山、南アルプスが見渡せるおしゃれなウッドデッキがあるとは聞いていたが、まさか酒樽ほどの大きな丸いソファベッドをいくつも並べたザ・高原リゾートが出現しているとは思ってもみなかった。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
岩手県内で有数のぶどう産地を誇る紫波町のワイナリーが手掛ける100%ストレートジュース。秋に収穫したぶどう(キャンベル)を搾り6ヶ月間じっくり熟成。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt