MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ|一流ホテルで堪能できる満腹パスタランチ(カフェ/有楽町)

ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ|一流ホテルで堪能できる満腹パスタランチ(カフェ/有楽町)

言わずと知れた高級ホテル、「ザ・ペニンシュラ東京」。平日限定ながらも、リーズナブルな価格のランチセットがあるのをご存知だろうか。その内容が大充実。まずは日替わりのパスタ。ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ[交]日比谷駅・有楽町駅直結、銀座駅 C4出口 徒歩3分 ※ランチタイム有

『ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ』(最寄駅:日比谷駅)

日替わりのパスタ。こちらは1人前140gとボリュームはなかなかのもの。それにバゲットやソフトロールなどのパン2種類に、ミニサラダとスープも付く。 もちろんホテルの一流シェフによる味は折り紙つきで、この日のパスタ、ボロネーゼは牛挽き肉の奥深い旨みとコクがたっぷり。カボチャのスープもなめらか、かつ濃厚に仕上がっている。さらに、店内にはパンやペストリーが並ぶブティックも併設。ショーケースに飾られたきらびやかなケーキの数々に、帰り際、つい手が伸びてしまうことだろう。

平日限定パスタランチ
1000円(サ15%別)

『ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ』

[住所]東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京 地下1階 [TEL]03-6270-2717 [営業時間]11時〜18時半LO(ブティックは19時まで)[休日]無休[交通アクセス]地下鉄千代田線、日比谷線、都営三田線、有楽町線、日比谷駅・有楽町駅直結

電話番号 03-6270-2717
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
スキー場として有名な湯沢高原だが、オフシーズンも大賑わいだ。展望のいいウッドデッキと『雲の上のカフェ』が昨年オープン。
山頂駅の2階にある『志賀高原クランペットカフェ』へ。暖炉に大きなソファ、サッカーゲームまであり、イギリスの家庭に招かれたかのようだ。
地上1900メートルの清里テラスにリフトで10分。秩父連峰や富士山、南アルプスが見渡せるおしゃれなウッドデッキがあるとは聞いていたが、まさか酒樽ほどの大きな丸いソファベッドをいくつも並べたザ・高原リゾートが出現しているとは思ってもみなかった。
広い店内にはゆったりしたソファや夕焼けが一望できるカウンター席も。雲型のマシュマロを浮かべたコーヒーや、サンセットをイメージしたスカイソーダが見た目にも美しく、料理も地元名産のネマガリダケなどを使った雲海パイ包みスープや、季節の食材を取り入れたペペロンチーノ(現在はキノコを使用)など素材にもこだわっている。
『2612Cafe』は、若いスタッフが中心となって昨年、おしゃれにオープン。スモークした信州サーモンを挟んだクロワッサンやジューシーなすずらんハウスのソーセージを使ったホットドッグなど、こちらも品質や味にはこだわり、地元の食材をふんだんに使っている。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt