MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ|一流ホテルで堪能できる満腹パスタランチ(カフェ/有楽町)

ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ|一流ホテルで堪能できる満腹パスタランチ(カフェ/有楽町)

言わずと知れた高級ホテル、「ザ・ペニンシュラ東京」。平日限定ながらも、リーズナブルな価格のランチセットがあるのをご存知だろうか。その内容が大充実。まずは日替わりのパスタ。ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ[交]日比谷駅・有楽町駅直結、銀座駅 C4出口 徒歩3分 ※ランチタイム有

『ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ』(最寄駅:日比谷駅)

日替わりのパスタ。こちらは1人前140gとボリュームはなかなかのもの。それにバゲットやソフトロールなどのパン2種類に、ミニサラダとスープも付く。 もちろんホテルの一流シェフによる味は折り紙つきで、この日のパスタ、ボロネーゼは牛挽き肉の奥深い旨みとコクがたっぷり。カボチャのスープもなめらか、かつ濃厚に仕上がっている。さらに、店内にはパンやペストリーが並ぶブティックも併設。ショーケースに飾られたきらびやかなケーキの数々に、帰り際、つい手が伸びてしまうことだろう。

平日限定パスタランチ
1000円(サ15%別)

『ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ』

[住所]東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京 地下1階 [TEL]03-6270-2717 [営業時間]11時〜18時半LO(ブティックは19時まで)[休日]無休[交通アクセス]地下鉄千代田線、日比谷線、都営三田線、有楽町線、日比谷駅・有楽町駅直結

電話番号 03-6270-2717
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 正直、「卵&コーヒーの組み合わせってどうなの?」と訝っていたが、ひと口味わって心の中で陳謝。「美味しい!疑ってごめんなさい!」。
更新: 2019-04-13 18:00:00
 久松小学校正面に佇み、2018年5月に再オープンしたばかりの店。国産の旬の果実をふんだんに使ったパフェやクロワッサンサンド、夜になるとカクテルなどもと、様々にその瑞々しさを堪能させてくれる。
更新: 2019-04-10 18:00:00
torse(カフェ/祐天寺)|駅から決して近くない。なのに開店前から行列ができるカフェ、それがココ。
更新: 2018-12-26 12:00:00
 新進気鋭のアトリエやショップが増え、注目されている蔵前エリア。この一角で2017年3月にオープン、紅茶は和紅茶のみを取り扱うのがこちらのお店だ。
更新: 2018-12-02 12:00:00
グルメライターが駒場東大前の[BUNDAN COFFEE & BEER]を実食レポート。“文学”というと、ちょっと取っ付きにくいイメージだが、食からアプローチしてみてはいかがだろう。日本近代文学館内のこのカフェでは、過去の名作に登場した料理や、食を愛した文人に由来するメニューを楽しめる。
更新: 2018-12-04 16:56:49
最新の投稿
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt