MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
小伝馬町の路地で見つけた『Jack37Burger(ジャックサンナナバーガー)』(ハンバーガー/小伝馬町)

小伝馬町の路地で見つけた『Jack37Burger(ジャックサンナナバーガー)』(ハンバーガー/小伝馬町)

看板バーガーの特徴はソースにあり。インドネシアの辛味調味料「サンバルソース」を独自にアレンジしたもので、「ただ辛いだけじゃない旨辛味がバーガーに合う!」と閃いたのだそう。[交]地下鉄日比谷線小伝馬町駅2番出口、JR馬喰町駅2番出口から徒歩3分 ※ランチタイムあり

Jack37Burger(ジャックサンナナバーガー)(最寄駅:小伝馬町駅)

平日限定ランチ(ジャックバーガー)セット(フレンチフライ付き)
1250円※夜は単品で1250円

ランチはバーガーにフレンチフライ、ドリンク付き。看板のジャックバーガーは週替わりで登場する1品で、夜は常時提供している。スパイスが刺激的なサンバルソースがアクセント

パテは国産とオーストラリア産を配合した手ごね、バンズは適度な歯応えがある特注品。どれかが突出して主張し過ぎない計算された味のバランスは完璧だ。店主は名店『ファイヤーハウス』で修業した実力派だけに、そのクオリティに納得。

チリビーンズドッグ
900円

鶏のダシを加えたチリビーンズはマイルドな辛さ

Jack37Burger(ジャックサンナナバーガー)

東京都中央区日本橋小伝馬町16-16 ☎03-6884-1541 [営]11時~15時半(15時LO)、17時~23時(22時半LO)、土・祝11時半~21時(20時半LO) [休]日 [席]カウンター3席、テーブル12席 計15席/全席禁煙/12時~13時以外は予約可/カード不可/サなし [交]地下鉄日比谷線小伝馬町駅2番出口、JR馬喰町駅2番出口から徒歩3分

電話番号 03-6884-1541
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
西秋葉原『BURGER & MILKSHAKE CRANE』|キリッと美しいハンバーガーである。ふっかりしたバンズにジューシーなパテ、トマト、レタス、オニオン、マヨネーズ。
マンチズ バーガー シャック|あのトランプ大統領が舌鼓を打ったハンバーガーとは一体どんな味なのか──。トランプ氏が食べた翌日、みんな気になったのか、定休日だった本店ではなく、虎ノ門の支店にお客さんが集中。開店から3時間半足らずで完売したそう。
黒船襲来!アメリカ西海岸のダイナーのような活気ある雰囲気の店内で味わえるのは、豪快なグリル料理をはじめとしたカリフォルニア・キュイジーヌ。なかでもそのビジュアルも圧巻なのが「グラムズチーズバーガー」だ。
 荒挽きで肉汁たっぷりのパティを地元のパン屋「ふらんすや」の特製バンズが受け止め、ボリューム大なのに不思議ともたれない。ザクザク食感のフライドポテトも絶品!
ここは肉好きにその名を知られたイタリアン。でもランチはハンバーガーがなんと7種類。ANTICA OSTERIACARNEYA(アンティカ・オステリア・カルネヤ)[交]都営大江戸線牛込神楽坂駅A1出口から徒歩5分 ※ランチタイム有
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt