MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
秋葉原の唸るラーメン!「らあめん 広」の「らあめん」

秋葉原の唸るラーメン!「らあめん 広」の「らあめん」

グルメライターが食べ歩いて見つけた、秋葉原駅でいま食べておきたい!唸るラーメン!「本場以上」との呼び声も高い広島ラーメン・広島つけ麺の店が秋葉原に登場!店主の中田浩二さんは、東京・蓮根の人気店『らあめん 元』で店長を務めていた人物。

らあめん 広(最寄駅:秋葉原駅)

広島風の豚骨ラーメンとピリ辛つけ麺

あえて修業先の味を封印し、中田さんの故郷・広島の味を独自に再現したご当地ラーメンとつけ麺の二枚看板で展開している。

「らあめん」は、ゲンコツをメインに炊いた豚骨醤油の広島ラーメン。あっさり系の広島の味に比べると、やや濃い目に仕立ててあるので、濃厚な味が好みの人にもおすすめだ。広島産の甘めの醤油をタレに使っているため、スープにほのかな甘みがあるのも特徴的。国産小麦にこだわった香りのよい細ストレート麺は、現地風に硬めに茹でて供される。真っ赤なつけ汁の「広島つけ麺」はいかにも辛そうに見えるが、実は、ほどよい辛さで食べやすい。魚介スープが甘酸っぱく仕立てられている。

らあめん
750円

やわらかなバラ肉チャーシューや細もやし、ネギがのる

広島つけ麺
860円

普通、中辛、大辛と3段階で辛さが選べる「広島つけ麺」。カタクチイワシ煮干しとカツオ節でとった魚介ダシ100%のつけ汁に、イカ入り天かすを隠し味に加えて風味豊かに仕上げている。

『らあめん 広』

東京都千代田区神田佐久間町2-25 ☎03-5839-2979 [営]11時半~14時、18時~21時(祝•土は11時半~15時) ※スープがなくなり次第終了  [休]日 [交]JRほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩5分

電話番号 03-5839-2979
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鯛ラーメンで人気を博す錦糸町『麺魚』が、“鴨”をテーマにした新ブランドをオープン。本店の“鯛”同様、一杯で存分に“鴨”が楽しめる造りを目指した。
更新: 2019-07-12 11:52:23
最初はほどよく甘く、後からじわじわ辛さや花椒の痺れがやってくる。豊かで刺激的な香りが鼻に抜け、後からじんわり汗が出る。
更新: 2019-07-12 11:56:40
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-28 11:04:54
人形町で愛されるラーメン店といえばココ! ラーメンは塩・醤油・味噌で懐かしい美味しさだ。
更新: 2019-05-20 11:52:44
串かつの店を昼間のみ間借りして営業している。煮干しや昆布などからとるスープは、澄んだ見た目以上に香りと旨みが力強く、弾力あるコシの細麺との相性も抜群だ。
更新: 2019-07-02 10:47:30
最新の投稿
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-21 12:00:00
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-20 12:00:00
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
堺市の本店は、元々うなぎの持ち帰り専門店として営業。50年近くの歴史を持つ。
更新: 2019-07-19 12:00:00
外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!
更新: 2019-07-18 16:03:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt