MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ピッツェリア ダ・アオキ タッポスト|濃厚なソースと芳醇な生地は本場の美味しさ(ピザ/豊島園)

ピッツェリア ダ・アオキ タッポスト|濃厚なソースと芳醇な生地は本場の美味しさ(ピザ/豊島園)

ピッツェリア ダ・アオキ タッポストのオーナーの青木嘉則さんは、世界最高のナポリピッツァ職人と称されるガエターノ氏の元で日本人で初めて修業し、帰国後、店をオープン。青木さんのピッツァ哲学の根底にあるのは、ナポリと同じ味を作り続けること。[交]西武池袋線豊島園駅から徒歩7分

ピッツェリア ダ・アオキ タッポスト(最寄駅:豊島園駅)

生地は老舗メーカー、カプート社製の2種類の粉を配合し、その日の気温や湿度で水分量やイースト菌の量を変えている。また、生地を翌日に持ち越さないのもこだわりだ。薪窯で焼き上げれば、モッチリした食感の中から、具材にひけをとらない、小麦の芳醇な香りと旨みがあふれ出す。

ビアンカネーヴェ
2700円

オリーブオイルとモッツァレラチーズで焼き上げた生地に、たっぷりのルッコラとパルマ産の生ハムをトッピング。ルッコラのほろ苦さが、味のアクセントに

マルゲリータ
1782円

ソースに使用されるトマト水煮缶やチーズもすべてイタリア製。美しい焼き目のついた耳(コルニチョーネ)の味も特筆もの

牛スネ肉のトマト煮込み
1296円

ホールトマトやフレッシュトマトで6時間かけてじっくり煮込んでいる

自家製ピッツァ生地パンのラザーニャ
1058円

板状パスタの変わりにピッツァ生地で作るパンを使用。ソースと合わさることでしっとりとした口当たりに

ピッツェリア ダ・アオキ タッポスト

東京都練馬区早宮4-37-29 ラフィット豊島園1階 ☎03-5999-3988 [営]11時半~14時LO、17時半~22時LO、土・日・祝は12時~14時半LO、17時~22時LO [休]火(祝日の場合は翌水休) [席]カウンター5席、テーブル18席 計23席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [交]西武池袋線豊島園駅から徒歩7分

電話番号 03-5999-3988

ピッツェリア ダ・アオキ タッポストの関連記事

2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
更新: 2019-01-24 12:00:00
石神井公園『ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ』|「貧乏人のスパゲティ」は目玉焼きを崩してパスタに絡めた素朴な料理。カルボナーラの原形とも言われている。
更新: 2019-01-18 16:27:12
浅草の人気ロメスパといえばここ。メニューは4種類のみだが、店名に掲げている通りイチオシはカルボ。
更新: 2018-11-30 10:19:44
秋葉原の「カフェ フレスカ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。デカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。[住所]東京都千代田区外神田1-15-2 半田ビル 地下1階 [TEL]03-3253-3800
更新: 2018-11-03 09:05:45
イゾラ スメラルダ(ピザ/東京)|ピッツァイオーロ(ピザ焼き職人)の大関さんにナポリピッツァの極意をたずねると、「窯を熟知することですね」。巨大な石窯は、わざわざイタリアから職人を呼んで組み上げたもの。
更新: 2018-12-03 14:19:02
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt