MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
割烹家一直|創業140年の伝統を堪能できる贅沢ランチ(日本料理/浅草)

割烹家一直|創業140年の伝統を堪能できる贅沢ランチ(日本料理/浅草)

「一直 (いちなお)」は明治11年創業。浅草でも指折りの老舗料亭、高級割烹として歴史を重ねた日本料理を、気負わずに味わえるランチが評判だ。[交]地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩10分、つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩6分 ※ランチタイム有

割烹家一直(最寄駅:浅草駅)

名物の「鯛茶漬け」は一日10食限定。活締めにした真鯛の刺身を半分は刺身で、残り半分はご飯にのせて熱々のダシ汁を注いでいただく。皮を剥いた白胡麻「みがき胡麻」をすった濃密なタレ、たっぷりの羅臼昆布でとったダシ、鯛の繊細な旨みが茶碗の中で絶妙に溶け合う。完全予約制の夜のコースと同じ厳選素材を、ランチでも惜しみなく使うのが老舗の心意気。昼の接待にも具合がいい。

鯛茶漬け
1944円

小鉢で付く豚の角煮もファンが多い一品。魚沼産コシヒカリのご飯はお代わりできる

銀鱈西京焼
1944円

こちらも昼限定。身の厚い銀鱈を白粒味噌に漬けて3日間寝かせる

割烹家一直

東京都台東区浅草3-8-6 ☎03-3874-3033 [営]11時半~23時(ランチは13時半L.O.) [休]日・祝 [席]カウンター8席、お座敷約10席×1卓、計約18席/昼は全席禁煙/夜は完全予約制/夜のみカード可/昼はサなし、夜はサ15%別 [交]地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩10分、つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩6分

電話番号 03-3874-3033
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
和食料理人のご主人とバーテンダーの奥様が営む珍しいスタイルの割烹料理店。手打ちそばで締めるコースをメインに、季節の一品料理も揃う。
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
昼の献立「潤-JYUN-」は、旬の逸品から始まる。今なら、旬野菜を添えた湯葉のローストビーフ巻き。
夏バテで食欲がない? そんな時はサラサラッと喉を通るお茶漬けがうってつけ。
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
379views 脱メタボ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt