MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ|熟成で旨みMAX!最上ジビエと日本ワインの饗宴に心躍る(フレンチ/中目黒)

ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ|熟成で旨みMAX!最上ジビエと日本ワインの饗宴に心躍る(フレンチ/中目黒)

店内で目を惹くドライエイジングの熟成庫に猪、雉、鹿などの肉が眠り、出番を待つ。そうして仕上げたベストな状態のジビエ肉がフレンチベースの調理法で供される。

ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ(最寄駅:中目黒駅)

自家製生ハムやパテなど食いしん坊を唸らせるメニューが並ぶ中、真骨頂はなんといっても炭火焼き。柔らかさや旨みを増した熟成肉が完璧な状態で焼き上がり、その旨さに感激すること間違いなしだ。ワインは300種類以上を用意。特に力を入れる日本ワインとのマリアージュを心ゆくまで楽しみたい。

熟成肉の炭火焼き盛り合わせ
7000円~(2人前)

猪の内モモ肉(左)。取材時はおよそ2週間熟成をかけたもの。鹿ロース肉は熟成庫で約2日かけて水分をほどよく抜き、柔らかさや旨みを極限まで引き出す(熟成期間は肉により異なる)。共にワインの上澄みのオリを使った甘みのあるソースをかけていただく

本日のシャルキュトリーの盛り合わせ
2500円~(2人前)

写真手前の猪バラ肉のベーコン、鹿肉とイチジクのパテ、鴨肉のスモークなど7種類の盛り合わせ

鹿のブーダン・ノワール テリーヌ仕立て
1400円

まるでチョコレート菓子のような美しさ。クセがなく食べやすい

(左)甲州F.O.S.(白)
ボトル 6800円

オレンジワインとも呼ばれるパワフルな味わいの「甲州F.O.S.」は洗練された旨みの猪肉と好相性。

(右)ツガネ ラ モンターニュ(赤)
ボトル 9500円

鹿肉にはメルロー100%の「ツガネ ラ モンターニュ」を。複雑なアロマ、しっかり力強い味がベストマッチ。

ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ

東京都目黒区祐天寺1-1-1 リベルタ祐天寺B1 ☎03-3793-9090 [営]18時~翌2時(翌1時LO)、日・祝18時~24時(23時LO) [休]月、月1回不定休 [席]カウンター8席、テーブル26席 計34席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、席料300円別 [交]地下鉄日比谷線ほか中目黒駅南改札から徒歩9分

電話番号 03-3793-9090
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。
契約農家から毎朝届く朝採れの三浦野菜を中心に、定番から珍しい品種まで50種以上の野菜を使うビストロ料理が評判。生産者支援も根底にあるため、市場で流通されない規格外も受け入れ、ほぼ余すところなく利用する姿勢もこの店の魅力だ。
306views フレンチ
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
323views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt