MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ブリッカ(イタリアン/三軒茶屋)-グルメ取材記事と写真

ブリッカ(イタリアン/三軒茶屋)-グルメ取材記事と写真

三軒茶屋のイタリアン「ブリッカ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。旬の食材を使った季節のイタリアンとナチュラルワインが味わえるこちら。店主・金田さんの美味しい素材を探す力とその料理センスに、ついあれもこれもオーダーしたくなる。[住所]東京都世田谷区三軒茶屋1-7-12

ブリッカ(最寄駅:三軒茶屋駅)

カカオの香りを優雅にまとった洗練のニョッキ

北海道の村上農場から届くじゃがいもは、収穫後にじっくり寝かせて甘みを最大限に引き出す。このじゃがいもを使ったニョッキには、品質の高さで注目を集めるペルー産のアマゾンカカオをたっぷり使用。素朴な印象のニョッキが、金田さんの手にかかれば洗練されたひと皿に変身。滋味あふれるパワフルなじゃがいもだからこそ表現できる、スペシャルなニョッキをぜひ味わって。

ペルー・アマゾンカカオとじゃがいものニョッキ海老だしといかのフリット
1500円

滑らかな口どけのニョッキはカカオを練りこみ、ねっとり系とむっちり系の2種類の味の特長を持つじゃがいもを混ぜている。海老ダシのバターソースを絡めてイカのフリット、カカオをたっぷりトッピング

フリコ
1400円(トリュフがけ+2000円)

じゃがいもとチーズのお焼き風。当日メニューにあるかは電話で確認を

ブリッカの店舗情報

東京都世田谷区三軒茶屋1-7-12 [TEL]03-6322-0256 [営業時間]18時~22時LO、金18時半~23時、土・祝18時~22時LO [休日]日、不定休あり [席]カウンター4席、テーブル10席、計14席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代別540円 [交通アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅南口から徒歩6分

電話番号 03-6322-0256
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 オープンキッチンの開放的な空間に元気なスタッフ。ともかく活気があって、広めのカウンターもテーブル席も居心地がいい。
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
アラカルトでも楽しめるイタリアン&ワインバー。店主の選ぶイタリアなどの自然派ワインと奥様のつくる料理の相性も抜群。
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
324views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt