MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

浅草橋グルメ

浅草橋グルメのグルメ記事一覧

表示順:
文久2(1862)年創業の一子相伝で伝統製法を守り続ける佃煮専門店。詰め合わせは昆布、ごぼう、アサリや海老、シラスが入る。
浅草橋のトンカツ店「とんかつ 藤芳」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。まずはそのまま食べてほしい。祖父が営んでいた精肉店でのレシピを元にしたコロッケは、口に含めば醤油がほんのりと香り、十分に美味なのだ。[住所]東京都台東区浅草橋1-11-4
『ソラノイロ Factory&Labo 浅草橋店』は、「圧倒的なボリューム」、「飾り気のない店内」、「呪文のような独特の注文方法」など、女性やビギナーにとっては何かとハードルの高い二郎系ラーメンを、ソラノイロ流にインスパイア。カフェ風のオシャレな店内で出される「ベジ郎」には、その名にふさわしく、旬の野菜がたっぷりのる。
近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。
おかず系とスイーツ系のフィリング(具材)30種でメニュー展開する、コッペパン専門店の一番人気商品がこの『たまごやき』。ミルフィーユ状の層が美しい卵焼きは、店内で1本につき15分かけて丁寧に焼き上げられる。
よし田では活きたまま仕入れる質の高い国産鰻を、注文後に割き始めるのが店主の信条だ。割きたて、蒸したて、焼きたての鰻重と、独創的な料理で贅沢な時を堪能してます。
浅草橋エリアにある喫茶店「喫茶 ゆうらく」は先々代の頃は旅館で、屋号をそのままに1974年、純喫茶として開店。レギュラーメニューはもとより、朝一番のモーニングメニュー、ランチサービスなど、ともかくメニュー豊富でリーズナブル。[交通アクセス]地下鉄都営浅草線・JR浅草橋駅東口から徒歩3分
「タイレストラン スマイルタイランド」は日本在住16年のベテランタイ人コックによる本場の味が評判の店。[交]JR総武線浅草橋駅西口から徒歩30秒、都営浅草線浅草橋駅A3出口から徒歩2分 ※ランチタイム有
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt