MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
レストラン(その他)

レストラン(その他)

レストラン(その他)のグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見したレストラン(その他)のお店を紹介しております。

レストラン(その他)のグルメ記事一覧

表示順:
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
駅から近いけれどちょっと隠れた立地のせいか、ゆっくり食事ができる地元ご用達店。ランチのイチオシは牛カツで、たっぷりしたサラダの生野菜と手の込んだお惣菜が付くのがうれしい。
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
代官山のキューバ料理店「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。97年にオープンし、ザガットをはじめ数々の賞を受賞したキューバレストランが昨年代官山にやってきた。[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11
べるもんた、特急花嫁のれん、のと里山里海、アルプスエキスプレス、雪月花に乗車! それぞれが個性的な客席を持つ5つのグルメ列車を乗り継ぎ、富山・石川・新潟を味わい尽くす“至福の美食旅”、いざ出発!
運行開始は2016年4月、まだピカピカの豪華リゾート列車だ。既存車のリニューアルではなく新たに誕生させたオリジナル車両。
穴水駅から和倉温泉駅を経て七尾駅へ。七尾湾沿いに走る距離はわずか33㎞ほどなのだが、所要時間は1時間。
富山の大自然との調和をモチーフにした車両は、九州新幹線や豪華クルージング列車「ななつぼしin九州」のデザインを手がけた水戸岡鋭治氏によるもの。木の温かい質感が生かされている。
高岡駅を起点として、合掌造り集落の五箇山の嶺に向かって南へ走る城端線。一方、北の青い海原が広がる富山湾を車窓間近に描くのが氷見線。
幕末に加賀藩領で始まった婚礼の風習で、結婚式は花嫁が実家の紋入り「花嫁のれん」をくぐることから始まる。この列車旅の幸せなひとときも、金沢駅のホームに掛けられた花嫁のれんをくぐるところから。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt