MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
和食

和食

和食のグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した和食のお店を紹介しております。

和食のグルメ記事一覧

表示順:
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
更新: 2019-08-06 12:00:00
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-20 11:50:16
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
更新: 2019-02-21 12:00:00
幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。
更新: 2019-02-20 12:00:00
隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。
更新: 2019-04-12 14:35:50
柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。
更新: 2019-02-21 10:58:47
店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。
更新: 2019-02-17 12:00:00
やきとり 楽聞(焼き鳥・鶏料理/根津)|焼鳥、酒、ロックンロール。博多出身の店主・後藤さんが好きなモノを集めたら……それがココ。
更新: 2019-01-06 18:00:00
繊維の奥からあふれ出す肉汁、ほど良い歯応え、そして冴えわたる旨みに、ひと串目から感動! この鶏肉の正体こそ、宮崎の豊かな山林で、ブロイラーの3倍以上の日数をかけて飼育された「黒岩土鶏」。
更新: 2019-01-04 18:00:00
根津 鶏はな 両国 江戸NOREN店(焼き鳥・鶏料理/両国)|「東京しゃも」は脂肪が少なく、弾力と赤身の旨さが際立つ伝統の味。その希少な食材の親子丼を気軽に味わうならこの店が間違いない。
更新: 2018-12-24 18:00:00
1 2 3 4 最後
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt