和食のグルメ記事一覧

豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」|ふるさとの宿こばせ(越前町)

豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」|ふるさとの宿こばせ(越前町)

作家・開高健がこよなく愛した冬の味!8杯のセイコガニをのせた豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」!食い道楽でも知られた作家・開高 健。彼が著書『地球はグラスのふちを回る』の中で絶賛している丼がある。福井の温泉宿「こばせ」で提供する、2合のコシヒカリに8杯のセイコガニの身とミソを豪快にのせた、その名も「開高丼」だ。


築地で連日100人以上が詰めかける!人気ランチは豚の角煮|ふじむら(割烹/築地)

築地で連日100人以上が詰めかける!人気ランチは豚の角煮|ふじむら(割烹/築地)

クエや鮭児など、選りすぐりの魚介を味わえる割烹で、昼には連日100人を超す客が詰めかけている。ランチの品書きには、焼き魚や刺身、鉄火丼をはじめとした魚系の定食が並ぶなかで、隠れた人気メニューが、この「豚の角煮定食」なのだ。継ぎ足すタレで6時間煮込んだ特大の角煮。


朝メニュー、一番人気が「鯛胡麻だれ」|築地寿司清(寿司/東京駅)

朝メニュー、一番人気が「鯛胡麻だれ」|築地寿司清(寿司/東京駅)

朝メニューで一番人気なのがこの「鯛胡麻だれ」。炊きたてのツヤツヤご飯とともに提供されるのは、濃厚で香り高い胡麻ダレをまとった美しい真鯛。※ランチタイム有


数ある利久の中でも数少ない朝食提供店|仙臺たんや 利久(牛タン/東京駅)

数ある利久の中でも数少ない朝食提供店|仙臺たんや 利久(牛タン/東京駅)

数ある利久の中でも朝食を実施しているのは、ここと大宮店のみ。テールスープをベースに作られたおじやは、ほっとするやさしい味わい。※ランチタイム有


富山湾の宝石!白エビを使う、絶品白えび刺身丼|白えび亭(海鮮料理/東京駅)

富山湾の宝石!白エビを使う、絶品白えび刺身丼|白えび亭(海鮮料理/東京駅)

繊細な味わいとやさしい甘みが特長の白エビが、抜群の鮮度でいただける。本店は富山駅前にあり、2016年11月にオープンしたこの東京駅店は白エビの美味しさを伝える旗艦店としての役割。※ランチタイム有


山形酒菜一|山形を代表する日本酒と酒菜で一献傾ける(郷土料理/東京)

山形酒菜一|山形を代表する日本酒と酒菜で一献傾ける(郷土料理/東京)

「東京で食べる山形」をコンセプトに、食材の約8割を山形から直送。山形駅前にある本店は料亭レベルの料理を出すと評判で、接待などでも使われる和食店だ。 ※ランチタイム有


神田よしかめ(寿司/神田)|もはや専門店レベル巻き物だけで70種類置く店があった

神田よしかめ(寿司/神田)|もはや専門店レベル巻き物だけで70種類置く店があった

全70種類の巻物を324円から提供している。細巻から太巻、押し寿司などバラエティ豊か。


鮨 ほり川|ショーケースに野菜や果物がズラリベジタブルなお寿司(寿司/世田谷代田)

鮨 ほり川|ショーケースに野菜や果物がズラリベジタブルなお寿司(寿司/世田谷代田)

 野菜をネタにした寿司を出す店があると聞き、野菜好きとして大いに胸を高鳴らせ訪問した。 ネタケースには京都産の万願寺唐辛子やミズナなどの野菜、果物が鎮座する。


KINKA(寿司/渋谷)|黒船来襲!カナダから逆輸入のロブスター寿司

KINKA(寿司/渋谷)|黒船来襲!カナダから逆輸入のロブスター寿司

カナダで人気の日本食専門店が日本に初上陸。渋谷にオープンした。


すし処 潮り|繊細かつ上品。「活」にこだわった絶品握り(寿司/小田原)

すし処 潮り|繊細かつ上品。「活」にこだわった絶品握り(寿司/小田原)

 小田原漁港から水揚げされる「地魚」と、産地や漁師から直接仕入れる「天然モノ」の寿司と海鮮料理を提供。和三盆を使った砂糖と京都の千鳥酢で仕上げるシャリは、酸味が控えめでまろやか。※ランチタイム有


魚串さくらさく |旨さ溢れる魚串とワインに悶絶必至!(魚介/神楽坂)

魚串さくらさく |旨さ溢れる魚串とワインに悶絶必至!(魚介/神楽坂)

串ものといえば、まずは肉を連想するが、ここは看板のとおり魚介類をひと口サイズで楽ませる店。築地で仕入れた新鮮な魚介を、店でひと串一串、丁寧に打って提供している。


回転寿し トリトン|津軽海峡を越えずとも今ここにある北海道!(寿司/池袋)

回転寿し トリトン|津軽海峡を越えずとも今ここにある北海道!(寿司/池袋)

 北海道観光をする内地の人間の多くが、その店に行くのを楽しみにしているとまで言われている北海道回転寿司の雄『トリトン』。だが都内でもまったく同じ味が楽しめてしまうのだから、これぞ駅前留学ならぬ、美味なる都内北海道旅行といっても過言ではない。 ※ランチタイム有


鮨 逸喜優|店主の心意気が生んだ、破格の握り(寿司/あざみ野)

鮨 逸喜優|店主の心意気が生んだ、破格の握り(寿司/あざみ野)

あざみ野の「お値打ちランチ寿司」特集掲載店舗。碑文谷、二子玉川、銀座など次々に店を興してきた店主が、この地に腰を据えること決め、2006年に開店。瞬く間に人気店となったのが、ここ『鮨 逸喜優』だ。 ※ランチタイム有


ポテサラ界の異端児!衣で揚げても旨かった!|水炊き 駿の「ポテサラ」(鶏料理/新橋)

ポテサラ界の異端児!衣で揚げても旨かった!|水炊き 駿の「ポテサラ」(鶏料理/新橋)

ハムで男爵イモの王道ポテサラを挟んで揚げた名物のハムカツポテトサラダサンド。注文を受けてから形成し、衣はサクサク。 ※ランチタイム有


グルメ廻転寿司 まぐろ問屋 三浦三崎港 恵み|目玉のマグロを堪能しワインに舌鼓を打つ(寿司/渋谷)

グルメ廻転寿司 まぐろ問屋 三浦三崎港 恵み|目玉のマグロを堪能しワインに舌鼓を打つ(寿司/渋谷)

“まぐろ問屋”と店名に銘打っているのは伊達じゃない。 三浦三崎港のまぐろ問屋直営だからこそ、良質なまぐろが食べられると人気なのが、この『恵み』だ。 ※ランチタイム有


寿し処 佐々木(寿司/荒町)|実力派の隠れた名店ここにあり!

寿し処 佐々木(寿司/荒町)|実力派の隠れた名店ここにあり!

 熟練の職人である大将のモットーは“美味しいものを少しずつ”。おまかせでは、極上のネタを客の好みに応じて刺身や寿司にと種類豊富に楽しませてくれる。


今日の寿司ランチは築地のココ!すしかつら|昼の握りは築地で仕入れる厳選ネタが950円〜

今日の寿司ランチは築地のココ!すしかつら|昼の握りは築地で仕入れる厳選ネタが950円〜

築地の「お値打ちランチ寿司」特集掲載店舗。築地の裏路地に店を構えて6年目。カウンターに座ると、葉蘭の上に威勢良く握りが供される。


回転寿司 根室花まる(寿司/銀座)|魚介に限らず北海道の旬が満載

回転寿司 根室花まる(寿司/銀座)|魚介に限らず北海道の旬が満載

 北海道・根室で第1号店を20年以上前にオープンさせたチェーンの東京進出2号店は、なんと花の東京ド真ん中の銀座!! 街の雰囲気にあったアダルトな客層がイクラだカニだサーモンだといった北海道ならではの魚介ネタに舌鼓を打つが、北海道名物の鶏の唐揚げ“ざんぎ”を寿司ネタに使った『ざんぎ巻き(190円』なんていう、「お~北海道!」な魚介類以外のネタも用意してある。 ※ランチタイム有


今日のランチ寿司はたまプラーザのココ!北陸金沢まわる寿し もりもり寿し!

今日のランチ寿司はたまプラーザのココ!北陸金沢まわる寿し もりもり寿し!

北陸一帯にその名を轟かす『もりもり寿し』がオープンさせたばかりの新店舗『東急たまプーラーザ店』。 北陸の寿司ダイナミズムもりもりっと凝縮す!※ランチタイム有


金沢まいもん寿司(寿司/たまプラーザ)|誰もが思わず金沢弁で美味しいがやぞ~!!

金沢まいもん寿司(寿司/たまプラーザ)|誰もが思わず金沢弁で美味しいがやぞ~!!

 ノドグロ、白エビ、ガスエビといった日本海側の北陸ならではのネタが生み出す豊穰の味は、江戸前とはまた違った魅力で輝く独特の寿司世界。 ※ランチタイム有


ランキング


>>総合人気ランキング