魚介・海鮮料理

魚介料理・海鮮料理のグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した魚介料理・海鮮料理のお店を紹介しております。


魚介・海鮮料理のグルメ記事一覧

魚介の美味しさと遊び心が共存した絶品海鮮丼|かぶきまぐろ(魚介・海鮮料理/両国)

魚介の美味しさと遊び心が共存した絶品海鮮丼|かぶきまぐろ(魚介・海鮮料理/両国)

 築地の大卸で働いていた店主が、2軒目の魚料理店を開店。長年培った目利きの技と、市場での伝手を生かし、上質な魚介類を提供する。


旨さ際立つ絶品カキ、もう唸るしかない|中目黒 牡蠣入レ時(牡蠣料理/中目黒)

旨さ際立つ絶品カキ、もう唸るしかない|中目黒 牡蠣入レ時(牡蠣料理/中目黒)

中目黒 牡蠣入レ時はカキの魅力を改めて再認識させてくれる店だ。特に「焼き牡蠣」はシンプルだが実に旨い。今にもはち切れんばかりにぷっくりとした見た目もさることながら、噛めば口の中にほとばしるエキスは感涙もの。[交]東急東横線ほか中目黒駅 正面口から徒歩1分


豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」|ふるさとの宿こばせ(越前町)

豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」|ふるさとの宿こばせ(越前町)

作家・開高健がこよなく愛した冬の味!8杯のセイコガニをのせた豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」!食い道楽でも知られた作家・開高 健。彼が著書『地球はグラスのふちを回る』の中で絶賛している丼がある。福井の温泉宿「こばせ」で提供する、2合のコシヒカリに8杯のセイコガニの身とミソを豪快にのせた、その名も「開高丼」だ。


富山湾の宝石!白エビを使う、絶品白えび刺身丼|白えび亭(海鮮料理/東京駅)

富山湾の宝石!白エビを使う、絶品白えび刺身丼|白えび亭(海鮮料理/東京駅)

繊細な味わいとやさしい甘みが特長の白エビが、抜群の鮮度でいただける。本店は富山駅前にあり、2016年11月にオープンしたこの東京駅店は白エビの美味しさを伝える旗艦店としての役割。※ランチタイム有


魚串さくらさく |旨さ溢れる魚串とワインに悶絶必至!(魚介/神楽坂)

魚串さくらさく |旨さ溢れる魚串とワインに悶絶必至!(魚介/神楽坂)

串ものといえば、まずは肉を連想するが、ここは看板のとおり魚介類をひと口サイズで楽ませる店。築地で仕入れた新鮮な魚介を、店でひと串一串、丁寧に打って提供している。


魚卵House エニ(シーフード/飯田橋)|魚卵にエビ、カニをワインで楽しむ贅沢な夜

魚卵House エニ(シーフード/飯田橋)|魚卵にエビ、カニをワインで楽しむ贅沢な夜

「エニ」という名前は、エビとカニの専門店であることを指す。というわけで、イクラ、タラコ、カラスミ、カズノコ……様々な魚卵を使った創作料理の他、エビ・カニその他の魚介類メニューが選び放題。※ランチタイム有


酒菜処 きっすい|海鮮のいぶし銀・タコを堪能しんさい!(魚介・海鮮料理/袋町)

酒菜処 きっすい|海鮮のいぶし銀・タコを堪能しんさい!(魚介・海鮮料理/袋町)

生はもちろん、どんな調理法でも美味しく、噛めば噛むほど旨み溢れるタコ。同店は瀬戸内のタコにこだわり、その美味しさを様々に楽しませる人気店。


海のミルクで栄養補給 チュルチュルっと行こう!(牡蠣料理専門店/銀座)

海のミルクで栄養補給 チュルチュルっと行こう!(牡蠣料理専門店/銀座)

ビタミン、タウリン、セックスミネラルと言われる亜鉛も豊富な“海のミルク”こと牡蠣。1日2個食べれば完璧とか。牡蠣料理専門店として15年。※ランチタイム有


鮮度ビンビンのいわしで暑気払い!(魚介・海鮮料理/幡ヶ谷)

鮮度ビンビンのいわしで暑気払い!(魚介・海鮮料理/幡ヶ谷)

ツヤツヤのいわしは血をきれいにし、梅干しのクエン酸は疲労回復効果高し。日本人なら体がその癒しを知っている、いわしの梅煮や梅焼きだ。


貝のパワーを補給せよ!滋味に富む海のミネラル!(魚介・海鮮料理/新宿)

貝のパワーを補給せよ!滋味に富む海のミネラル!(魚介・海鮮料理/新宿)

新宿「はまぐり」では常時24~25種類の貝類が揃う、老舗の貝料理店なのだ。その心地いい食感、潮の香りはもとより、ジュワジュワ滲み出し少し白濁したエキスによだれが出る。男子ならわかるはずだ、これらは効く!


20種類の味わいに驚く、話題沸騰のムール貝専門店の味! (ムール貝専門店/新宿西口)

20種類の味わいに驚く、話題沸騰のムール貝専門店の味! (ムール貝専門店/新宿西口)

メニューを見ると、「トムヤンクン」に「ブルーチーズ」、「欧風カレー」!? なんと、これらはすべてムール貝のフレーバー。国産の天然ムール貝を独創的な味付けで、さらに1キロ1300円台から食べられるとあって、連日満席の人気ぶりだ。※ランチタイム有


とろさば料理専門店 SABAR|ズラリと並んだ“38(サバ)”種のサバ料理(サバ料理/恵比寿)

とろさば料理専門店 SABAR|ズラリと並んだ“38(サバ)”種のサバ料理(サバ料理/恵比寿)

「とろさば料理専門店 SABAR」の看板食材である「とろさば」の店独自の定義は、八戸沖・三陵沖を中心に東北近海で水揚げされた、脂質含有量21%以上、魚体550g以上のサバのこと。[交]恵比寿駅4番出口 ※ランチタイム有


DobuRoku(えび料理/三軒茶屋)|すべて漁場から産地直送!幻のエビに出合える(えび料理/三軒茶屋)

DobuRoku(えび料理/三軒茶屋)|すべて漁場から産地直送!幻のエビに出合える(えび料理/三軒茶屋)

さまざまなスタイルの料理で活きるエビ・カニの懐深さに惹かれた店主がオープンした「DobuRoku(どぶろく)」。エビは北海道産を中心に、ゴジラエビ(春期)など希少なものを抜群の鮮度で提供。料理は和だけでなく、洋食メニューも取り揃えている。[交]東急田園都市線三軒茶屋駅三茶パティオ口から徒歩3分


江ノ島小屋|江ノ島を眼前に眺めながら、海の恵みをとことん堪能(海鮮料理/江ノ島)

江ノ島小屋|江ノ島を眼前に眺めながら、海の恵みをとことん堪能(海鮮料理/江ノ島)

江ノ島の対岸、片瀬橋のたもとにある一軒家の和食店が「江ノ島小屋」。朝8時に営業が始まると、地元民や釣り人たちが次々と店内へ吸い込まれていく。客の目当ては、ずばり“旨い魚”。[交]小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩2分 ※ランチタイム有


シュリンプ・バンク(シーフード/池袋)|オマールエビを三種の調理法で楽しむ

シュリンプ・バンク(シーフード/池袋)|オマールエビを三種の調理法で楽しむ

シュリンプバンクのカウンターには水槽が設置されており、中には生きたオマールエビやカキ、ハマグリがひしめく。これらの食材を、それぞれの持ち味を活かして和洋中こだわらず調理するのがこの店の特徴だ。こちらで必ず注文したいのが「丸ごと活オマール海老のお刺身」 [アクセス]JRほか池袋駅20a出口徒歩9分


焼貝 あこや|個性ある貝の魅力を余すところなく味わえる(魚介/恵比寿)

焼貝 あこや|個性ある貝の魅力を余すところなく味わえる(魚介/恵比寿)

取り揃える貝は築地のほか、産地直送で仕入れている常時約20種類。冷凍ものは一切使用せず、新鮮な活き貝にとことんこだわるのが店のウリだ。それらを多彩な調理法で供するのだが、これがまたどれも唸るほど旨い。焼貝 あこや[交]JR線ほか恵比寿駅西口から徒歩1分


銀座 楸(牡蠣料理専門店/銀座)

銀座 楸(牡蠣料理専門店/銀座)

銀座「銀座 楸」の店舗情報・記事一覧をご紹介します。


いわしや(魚介・海鮮料理/幡ヶ谷)

いわしや(魚介・海鮮料理/幡ヶ谷)

幡ヶ谷「いわしや」の店舗情報・記事一覧をご紹介します。


はまぐり(魚介・海鮮料理/新宿)

はまぐり(魚介・海鮮料理/新宿)

新宿「はまぐり」の店舗情報・記事一覧をご紹介します。


C by favy|シー バイ ファビー(ムール貝専門店/新宿西口)

C by favy|シー バイ ファビー(ムール貝専門店/新宿西口)

西新宿「C by favy(シー バイ ファビー)」の店舗情報・記事一覧をご紹介します。


ランキング


>>総合人気ランキング