バル

バルのグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見したバルのお店を紹介しております。


バルのグルメ記事一覧

日本酒バル 福33|お燗酒とつまみでゆるりといい時間を過ごしたい(バル/神田)

日本酒バル 福33|お燗酒とつまみでゆるりといい時間を過ごしたい(バル/神田)

 この店は、通りすがりではなかなか見つけられない神田バル横丁の2階にある。スタイリッシュなカウンターで迎えてくれるのは、はんなりした美人女将の村岡さん。


 “ホンモノ”にこだわるファン必見の鉄道バル|神田鐵道倶楽部(バル/神田)

“ホンモノ”にこだわるファン必見の鉄道バル|神田鐵道倶楽部(バル/神田)

6月1日にオープンした鉄道バル。国鉄時代から日本食堂として、列車食堂を営業していた「日本レストランエンタプライズ」が手がけるとあって、“ホンモノ”にこだわる。


バルバンコ|富山が誇る牛肉を炭火焼きで味わう(バル/富山)

バルバンコ|富山が誇る牛肉を炭火焼きで味わう(バル/富山)

富山でも数少ないクラフトビールを揃えたバル。その2階にあるのが同じ名前の炭火焼きレストラン。


ienomi~バル日和~|前菜盛り合わせは破格のコスパ!味にも量にも大満足必至(バル/亀戸)

ienomi~バル日和~|前菜盛り合わせは破格のコスパ!味にも量にも大満足必至(バル/亀戸)

 店名は家のようにゆったりとくつろいでほしいという思いから。普段使いできる価格ながら、契約農家からの有機野菜を可能な限り使うなど、食材は“良いもの”にこだわる。


Nomka(バル/赤羽)|ワイン×香港料理洗練された料理の数々はまさに脱帽もの!

Nomka(バル/赤羽)|ワイン×香港料理洗練された料理の数々はまさに脱帽もの!

 店主・五十嵐さんは、東日暮里にかつてあった広東料理の超人気店『艇家』を営んでいた。諸事情あって閉店後、心機一転ここ赤羽で香港料理をベースにした、つまみとワインの店を開いたのは一昨年のこと。


ビアバール丸々 御徒町店|15のタップから注がれる稀少なビールに喉が鳴る!(バル/御徒町)

ビアバール丸々 御徒町店|15のタップから注がれる稀少なビールに喉が鳴る!(バル/御徒町)

 三島に本店を構えるビアバール。タップから注がれるビールは、アメリカ西海岸を中心とする力強い味わいのものから、静岡県の醸造所から仕入れる香り高い銘柄まで、季節にあわせて厳選した15種類を置く。


EBISU FRY BAR|神戸発の十割蕎麦と創作天ぷら!(バル/恵比寿)

EBISU FRY BAR|神戸発の十割蕎麦と創作天ぷら!(バル/恵比寿)

 神戸で人気の蕎麦バルが今年4月に恵比寿に出店。気負うことなく楽しめるアレンジ豊富な十割蕎麦と、完成度の高い創作天ぷらが魅力。※ランチタイム有


テンプラ ワバル|現代の屋台=ワバルにて“テンプラ”を(バル/恵比寿)

テンプラ ワバル|現代の屋台=ワバルにて“テンプラ”を(バル/恵比寿)

 “テンプラ”はあらかじめオススメの味付けがされているのが特徴。「茄子と生ふ」に田楽みそ。


立呑み天ぷら 喜久や|サクッと天ぷらワインでも日本酒でも(バル/恵比寿)

立呑み天ぷら 喜久や|サクッと天ぷらワインでも日本酒でも(バル/恵比寿)

 モダンな立ち呑みスタイルで楽しめる天ぷらは、「人気五品」を筆頭に、季節替わりの旬の食材、味玉天ぷらなど変わりダネもあって、あれこれ迷うのも楽しみ。ワインのほか、灘の銘酒櫻正宗の升酒なども人気だ。


和食バル せんざん(バル/鶴屋町)|海鮮料理から寿司までここだけの味に驚嘆! “新感覚”和食バル

和食バル せんざん(バル/鶴屋町)|海鮮料理から寿司までここだけの味に驚嘆! “新感覚”和食バル

 2016年6月、JR横浜駅北西口から徒歩2分の場所に和食バルが開店した。 築地などから仕入れた鮮魚や野菜、A4ランク以上の国産和牛ほか厳選した食材を使い、味はもちろん、見た目でも楽しめる“新感覚”の本格和食をお手頃な価格で提供。


ピザランド|イタリアから来た刺客とタッグでライバルを撃破!?(バル/蒲田)

ピザランド|イタリアから来た刺客とタッグでライバルを撃破!?(バル/蒲田)

店名通り売りはごく一部をのぞいてオール500円ワンコインのピザ! グラスワインは380円からあるが、注目したいのは、グラス500円、ボトル3800円からある日本ワイン(勝沼醸造!)のラインナップ。甲州シュール・リーもこの店ならカパカパいける!


角打ちワインバル  ドンピノ|都内一の独創的な技の魔術師!(バル/蒲田)

角打ちワインバル ドンピノ|都内一の独創的な技の魔術師!(バル/蒲田)

角打ち酒場を意識したかのようなアクリルの升に置かれたグラスから、溢れるように注がれるワイン。見た目重視で邪道とも思えるかもしれないが、升とグラス間でワインを行き来させれば、これぞ必殺の手酌デカンタージュ! ワインを手軽に美味しく楽しむ最強方法なのかもしれない。※ランチタイム有


バル・バンチョ|みんなを幸せにするハッピー作戦の使い手(バル/蒲田)

バル・バンチョ|みんなを幸せにするハッピー作戦の使い手(バル/蒲田)

京急蒲田駅のすぐ近くで、強烈な盛り上がりを見せている立ち呑みバル。グラスワインは320円から、そして料理も20時までのハッピーアワーなら100円の皿(ひとりひと皿)が登場という驚愕のコスパ。


立ち飲みバル  FUKURO|スペイン仕込みの旨酒で他店を出し抜け!(バル/蒲田)

立ち飲みバル FUKURO|スペイン仕込みの旨酒で他店を出し抜け!(バル/蒲田)

いわゆるワイン……普通の赤・白であるスティルワイン(350円~)やスパークリングワイン(500円~)はもちろん、フォーティファイドワインのシェリー(400円~)を圧倒的に揃える立ち飲みバル。さらにここでしか飲めない大田区初の樽生クラフトビール『蒲田エール(IPA)』(グラス650円)も味わえる。


五反田ジビエバル Umagoya(バル/五反田)

五反田ジビエバル Umagoya(バル/五反田)

ジビエを軽くつまみながらワインを飲むのに最適で、料理も本格的。上品な味わいの鹿挽き肉に甘酸っぱいカシスソースを合わせた「蝦夷鹿のパイ包み」はビストロ料理と見紛う完成度の高さで、華やかな赤ワインと相性抜群だ。


ボノカーサ|ジョッキワインで乾杯!注目のモツイタリアン(バル/新橋)

ボノカーサ|ジョッキワインで乾杯!注目のモツイタリアン(バル/新橋)

モツ料理が得意な注目の「トリッぺリア」。その日捌いた新鮮な牛・豚のモツを仕入れ、シェフ歴25年の料理長があらゆる手法で絶品イタリアンに変化させる。


デイリースパイス&バル オフビート|インドのスナックが◎ラテン×スパイスの陽気なリズム(インド料理バル/曙橋)

デイリースパイス&バル オフビート|インドのスナックが◎ラテン×スパイスの陽気なリズム(インド料理バル/曙橋)

「ダヒプリ」。呪文のようなその名の正体は、インドの屋台で出されるスナックだ。※ランチタイムあり


銀座の夜に大満足!おすすめバル4店(バル/銀座)

銀座の夜に大満足!おすすめバル4店(バル/銀座)

確かに銀座には高級店が多い。しかし、商業ビルの奥、路地裏などへもリサーチをし、見つけました、リーズナブルで美味しいお店。お酒メインで夕食を楽しみたい。まだまだ飲みたい。そんなときに便利なのがバル。知っておきたい、さらには通ってみたい秀逸店を探し出してきました!


ボブズリブズ(バル/渋谷)|絶妙な味付けが光る至高のデカ盛り!特製リブ料理が評判。

ボブズリブズ(バル/渋谷)|絶妙な味付けが光る至高のデカ盛り!特製リブ料理が評判。

「ボブズリブズ」の店長兼総料理長・ボブさんのオリジナルレシピで仕上げる特製リブ料理が評判。イチオシは「1.5ポンド スパイシーバックリブ 」。約680gの大きな骨付き肉がドンと皿にのり、迫力満点!カジュアルなバルで、魅惑的な肉料理の数々をご堪能あれ。[交]JR山手線ほか渋谷駅東口から徒歩約5分、表参道駅より徒歩5分


馬肉バル 跳ね馬|ヘルシーな馬肉を多彩な洋風料理に(馬肉/田町)

馬肉バル 跳ね馬|ヘルシーな馬肉を多彩な洋風料理に(馬肉/田町)

希少部位を味わえる刺身やグリル、パスタまで、これら全部、馬肉料理! 安くて美味しい味を提供するため、質の良いカナダ産を塊で仕入れて店内でさばいて調理している。馬肉バル 跳ね馬[交]都営三田線ほか三田駅A3 出口から徒歩3分、JR山手線田町駅三田口から徒歩4分 ※ランチタイム有


ランキング


>>総合人気ランキング