MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
洋食・西洋料理

洋食・西洋料理

洋食・西洋料理のグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した洋食・西洋料理のお店を紹介しております。

洋食・西洋料理のグルメ記事一覧

表示順:
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00
千駄木『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』|全粒粉のタリオリーニにニョッキ、シャラティエッリ……。ここは店内のパスタ工房で作られる生パスタが味わえる店。
更新: 2019-01-11 09:45:28
根津Italian Chama Chama(イタリアン/根津)|さてチャマチャマと聞いて何を連想する? ここで「お茶の間の茶間」と浮かんだアナタはエライ!
更新: 2019-01-05 12:00:00
隣接する人気もつ焼き店『金子屋』の姉妹店。ホルモンの使い方はさすがのひと言。
更新: 2018-12-10 18:00:00
東秋葉原『Bruschetteria Degli Artisti』|イタリア各地のリストランテで修業したシェフが腕を振るう人気店。各地域のイタリアンに加え、フレンチなどの要素も取り入れ美味を探求。
更新: 2018-12-09 12:00:00
『アルポルト』の片岡護シェフといえばイタリア料理界の重鎮。その片岡シェフが少年時代に食べて大感激、イタリア料理の道に進むきっかけとなったのが、カルボナーラだ。
更新: 2018-11-29 10:02:20
外苑前『セントベーネ』|カルボナーラのためにわざわざ卵を探し求めたという加藤シェフ。その卵とは、相模原の農場から届く「昔の味たまご」。
更新: 2018-11-27 10:30:29
たっぷりのオリーブオイルと、少量のバターで揚げ焼きにした目玉焼き。雪のように上にかかっているのは、黄金色のボッタルガ(イタリア産のカラスミ)だ。
更新: 2018-11-26 18:00:00
「クラシックなイタリア郷土料理を作りたい」。橋本シェフの思いが詰まったこの店は、まるでイタリアの街角にあるレストラン。
更新: 2018-11-25 18:00:00
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt