そば・うどん

そば・うどんのグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見したそば・うどんのお店を紹介しております。


そば・うどんのグルメ記事一覧

人気店『うどん棒 大阪本店』は「おいなりさん」も旨すぎる!

人気店『うどん棒 大阪本店』は「おいなりさん」も旨すぎる!

うどんとご飯。関西人が愛する炭水化物の共演です。このセットは奥が深いですよ。


日暮里の老舗の蕎麦屋『川むら』は「きしめん」も絶品!

日暮里の老舗の蕎麦屋『川むら』は「きしめん」も絶品!

 明治のはじめに創業し、昭和21年からは谷中銀座の入口近くに店を構える老舗蕎麦屋。名古屋とはゆかりはないが、お客さんの要望できしめんを置いている。


埼玉県民のソウルフードに新展開!山田うどん初の居酒屋業態に潜入!

埼玉県民のソウルフードに新展開!山田うどん初の居酒屋業態に潜入!

県民酒場ダウドン 清瀬北口店|埼玉県民のソウルフードに新展開!


小川町『武膳』の「豊前うどん」はもっちり&弾力

小川町『武膳』の「豊前うどん」はもっちり&弾力

 毎朝店で打つ麺は、厳選した数種類の小麦粉をブレンド。讃岐でも稲庭でもない、もっちりと弾力のある“第三の麺”だ。


うどんの名店「長谷川」から暖簾分けした今大注目の新宿のうどん屋

うどんの名店「長谷川」から暖簾分けした今大注目の新宿のうどん屋

蔵出し和酒と江戸前天ぷら 甲州街道 賽(旧店名:武蔵野 はせがわ)|うどん好きならば、この店名にピンと来るだろう。大泉学園にある武蔵野うどんの名店『長谷川』から暖簾分けし、2016年にオープンした。


赤坂『長太郎』で、なめらかなのど越しの「稲庭うどん」を堪能!

赤坂『長太郎』で、なめらかなのど越しの「稲庭うどん」を堪能!

 店主の藤原耕治さんが地元秋田から取り寄せている稲庭うどんの特長は、「なんと言ってものど越しとなめらかさ」。その言葉通り、細身でつるっとしていくらでもいけそうな食感は、ならではの旨さだ。


高田馬場の立ち食い「大阪うどん」専門店は飲んだあとの〆にピッタリ!

高田馬場の立ち食い「大阪うどん」専門店は飲んだあとの〆にピッタリ!

なにわもんゆうや|駅を出てスグの立ち食いうどん店。カツオベースの黄金色に透きとおるツユを、丸めのふにゃっとしたうどんが吸っていい塩梅に。


旗の台『功刀屋』のもっちもちの極太「釜玉うどん」に驚愕!

旗の台『功刀屋』のもっちもちの極太「釜玉うどん」に驚愕!

 ひと口食べてその“もっちり”とした極太麺に驚かされた。「イメージはお餅のような柔らかい弾力」というのは店主の功刀さん。


都内で唯一「筑後うどん」が食べられる渋谷『久留米うどん』

都内で唯一「筑後うどん」が食べられる渋谷『久留米うどん』

 ふんわりやさしい口当たりが福岡県南部で愛される“筑後うどん”の特長。二毛作が盛んであったこの地で、主食ではなく汁物として食卓に上ったことから、柔らかな食感が好まれたのだ。


巨大なゴボウ天がのった「豊前うどん」が高田馬場で食べられる!

巨大なゴボウ天がのった「豊前うどん」が高田馬場で食べられる!

大地のうどん 東京馬場店|福岡で新風を巻き起こし、ブーム到来中! それが北九州発祥の“豊前うどん”だ。


有楽町『博多うどん よかよか』のうどんは「ふわっ、つるっ」!

有楽町『博多うどん よかよか』のうどんは「ふわっ、つるっ」!

 うどんはやわ肌のようなふわふわ食感の多加水麺。通常でも柔らかいが、さらによく茹でた「麺やわ」も注文可能。


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


並んででも食べたい!牛込柳町『白河そば』の「ひもかわうどん」

並んででも食べたい!牛込柳町『白河そば』の「ひもかわうどん」

おとなの週末「並んででも食べたい!立ち食いうどんの魔力」特集掲載店舗。


肉うどんが530円!五反田の行列が絶えない人気うどん屋『おにやんま』

肉うどんが530円!五反田の行列が絶えない人気うどん屋『おにやんま』

 いつでもモチシコな本格讃岐うどんが味わえ、行列が絶えない人気店だ。


池袋『眞壁屋 Esola』の「稲庭うどん」は絹のような舌触りとコシが自慢!

池袋『眞壁屋 Esola』の「稲庭うどん」は絹のような舌触りとコシが自慢!

 稲庭うどんといえば、かつて藩主に献上された一級品。その極めつきを味わえるのが、秋田に本社を構える製麺会社直営のこの店だ。


映画「UDON」のスタッフが讃岐うどんに魅了され中野でうどん屋に!

映画「UDON」のスタッフが讃岐うどんに魅了され中野でうどん屋に!

 店主の一押しは冷たいうどんに冷たいツユをかけた「ひやひや」。香川の醤油を使った透き通るダシは清らかで、ほのかな甘さが小麦の風味を引き立てる。


東京では珍しい!三田の「大阪かすうどん」の専門店『むねひろ』

東京では珍しい!三田の「大阪かすうどん」の専門店『むねひろ』

 東京ではまだまだ数少ない、大阪の「かすうどん」を味わえる店。「かす」とは「油かす」のことで、牛のホルモン(主に小腸)を高温で揚げたもの。


二代目 甚八(本郷三丁目/うどん)-打ちたての伊勢うどんが454円!

二代目 甚八(本郷三丁目/うどん)-打ちたての伊勢うどんが454円!

グルメライターが本郷三丁目のうどん店[二代目 甚八]を実食レポート。うどんを中心に、三重県の食材を使った料理が楽しめる食事処。三重県鈴鹿産と北海道産の小麦粉を50%ずつ使った麺は、毎日お店の製麺機を使い、打ちたてのものを用意。[住所]東京都文京区本郷3-22-9


京うどん きつね庵(東銀座/うどん)-東京で上品な京うどんを食べるならここ!

京うどん きつね庵(東銀座/うどん)-東京で上品な京うどんを食べるならここ!

グルメライターが東銀座のうどん店[きつね庵]を実食レポート。透明なツユにたっぷり浮かぶ“お揚げさん”は、京都の老舗『とようけ屋山本』から。卓上の七味は350年以上続く『七味家本舗』のもの……と書くと、超こだわりの一杯に思えるが、どちらも日常的な京食材。[住所]東京都中央区銀座3-8-13


ランキング


>>総合人気ランキング