中華料理(その他)

中華料理(その他)のグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した中華料理(その他)のお店を紹介しております。

地域で絞り込む

東京都 神奈川県

中華料理(その他)のグルメ記事一覧

真不同 飲茶倶楽部|ワイングラス片手に本格的な点心に舌鼓(中華料理/恵比寿)

真不同 飲茶倶楽部|ワイングラス片手に本格的な点心に舌鼓(中華料理/恵比寿)

西麻布にある中華の人気店『真不同』の姉妹店として、2016年10月にオープン。本店のメニューの中でもとりわけ人気の高い本格的な香港式点心を料理の主軸にすえている。


味坊|庶民的な中華食堂でコップワインをグビッ!(中華料理/神田)

味坊|庶民的な中華食堂でコップワインをグビッ!(中華料理/神田)

JRの高架下に店を構える中華食堂兼居酒屋。店を訪れていた、日本における自然派ワインの第一人者・勝山晋作氏のすすめで、5年前からワインをメニューに載せるように。※ランチタイム有


盛苑|本場中国の通な味が立ち呑みで楽しめる幸せ(中華料理/武蔵小山)

盛苑|本場中国の通な味が立ち呑みで楽しめる幸せ(中華料理/武蔵小山)

立ち呑みでは珍しい、中華料理を提供する店。それも「干豆腐香草あえ」(250円)や「麻辣牛すね肉」(300円)から「激辛魚(うなぎ) 珍味」(250円)といった、ここは大陸か? といった料理も揃える。


交通飯店|地下にある、こぢんまりとした中華料理店(中華料理/有楽町)

交通飯店|地下にある、こぢんまりとした中華料理店(中華料理/有楽町)

カウンターとテーブル席がある。※ランチタイム有


揚子江菜館|シンプルな焼きそばに秘められた丁寧な仕事ぶり(中華料理/神保町)

揚子江菜館|シンプルな焼きそばに秘められた丁寧な仕事ぶり(中華料理/神保町)

「揚子江菜館」は明治39年創業という老舗の上海料理店。昭和初期に2代目店主が考案し、看板料理のひとつになったのがこの「上海式肉焼きそば」だ。[交]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A7出口から徒歩1分 ※ランチタイム有


人気料理教室の講師と北京ダック職人のコラボ店(中華料理/新宿御苑前)

人気料理教室の講師と北京ダック職人のコラボ店(中華料理/新宿御苑前)

中国料理研究家としても活躍する小薇さんが、オーナーシェフとして2016年5月に開業。幅広い知識から生み出される料理は、日本の旬の食材をふんだんに使用しつつも、中国各地の郷土料理のエッセンスを加味したオリジナリティあふれるものばかり。 ※ランチタイム有


あぺたいと 本店|ソース焼きそばは“両面焼き”でパリッ! 自家製麺からあふれる香ばしさ(中華料理/高島平)

あぺたいと 本店|ソース焼きそばは“両面焼き”でパリッ! 自家製麺からあふれる香ばしさ(中華料理/高島平)

「あぺたいと 本店」はソース焼きそば専門店の先駆け的存在として、オープンしてから今年で28年目を迎える。使用するのは、強力粉に全粒粉をブレンドしたコシのある香り高い自家製麺。[交]都営地下鉄三田線新高島平駅北口から徒歩2分 ※ランチタイム有


「徒歩徒歩亭」の「涼麺」、味の決め手はダシの利いた冷製スープ(中華麺/四ツ谷)

「徒歩徒歩亭」の「涼麺」、味の決め手はダシの利いた冷製スープ(中華麺/四ツ谷)

「徒歩徒歩亭 (とぼとぼてい) 」は“美味しいを生み出す実験厨房”としてオープンした。それだけに、冷やし中華も意欲作だ。5月中旬~9月頃まで登場する「涼麺」は、なみなみと注がれた冷製スープが印象的。[交]JR中央線ほか四ツ谷駅四ツ谷口から徒歩約7分 ※ランチタイム有


辛くて痺れる本場四川の回鍋肉は必食の旨さ(中華料理/新宿歌舞伎町)

辛くて痺れる本場四川の回鍋肉は必食の旨さ(中華料理/新宿歌舞伎町)

現地そのものの味!! と、予約必至の歌舞伎町さくら通りの人気四川料理店『川香苑本店』の2号店。本店に比べれば幾分は予約なしでも入店しやすいが、料理のレベルはなにひとつ遜色なし。


「萬福」の冷やし中華は鶏モモ肉を盛り付けた豪華な1杯!(中華料理/東銀座)

「萬福」の冷やし中華は鶏モモ肉を盛り付けた豪華な1杯!(中華料理/東銀座)

「萬福」は創業は昭和4年。戦前から冷やし中華を出しており、当時は玉子、ナルト、チャーシューをのせたものだったという。現在は、具材は違えど昔から変わらぬ甘酢醤油味と、夏季限定の鶏ごま味の2種類を提供している。[交]地下鉄日比谷線など東銀座駅3番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有


牛肉入りラーメンに、麺類のルーツを見る(中華料理/新宿歌舞伎町)

牛肉入りラーメンに、麺類のルーツを見る(中華料理/新宿歌舞伎町)

まだその存在すら日本ではあまり知られていなかった20年以上前から、黒いジャージャン麺、辛いチャンポンといった韓国式中華料理を提供し続けている中華料理店。麺は店頭で打たれる手打ち麺。


親しみやすい雰囲気がいい新宿の中華食堂「石の家」(中華料理/新宿三丁目)

親しみやすい雰囲気がいい新宿の中華食堂「石の家」(中華料理/新宿三丁目)

昔ながらの中華食堂。ジューシーな餡の焼餃子や、極太麺を使った醤油味の焼きそばには根強いファンがいる。 ※ランチタイムあり


中国料理 利華|今日のランチはココ!老舗上海料理の渾身の「五目焼きそば」を召し上がれ!(中華料理/恵比寿)

中国料理 利華|今日のランチはココ!老舗上海料理の渾身の「五目焼きそば」を召し上がれ!(中華料理/恵比寿)

「中国料理 利華」は恵比寿で創業し約60年。タケノコ、松茸、銀杏など日本の旬の食材をたくみに使用した、滋味溢れるやさしい味わいの上海料理が自慢の老舗中華店。[交]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩2分 ※ランチタイム有


粥餐庁(中華料理/新宿)

粥餐庁(中華料理/新宿)

消化にいいお粥は朝食にもピッタリ。干しエビの旨みが滲み出たお粥はじんわりと体に染み入るようなやさしさ。※ランチタイム有


岐阜屋|今日のランチはココ!雑踏に身を置いて男前中華を食すべし(中華料理/新宿)

岐阜屋|今日のランチはココ!雑踏に身を置いて男前中華を食すべし(中華料理/新宿)

新宿思い出横丁。言わずと知れた、戦後闇市の面影を今に残す名物横丁だが、大ガード側から入ってすぐ、『岐阜屋』は昭和22年からここにある。年中無休、朝9時から深夜までの通し営業。岐阜屋 (ギフヤ)[交]JR・私鉄・地下鉄新宿駅西口から徒歩3分 ※ランチタイム有


「豊栄」の汁なし担々麺、香り、辛さ、痺れがバランス良く爽やかに重なり合う(中華料理/茗荷谷)

「豊栄」の汁なし担々麺、香り、辛さ、痺れがバランス良く爽やかに重なり合う(中華料理/茗荷谷)

個人的にはこの汁なし担々麺、“新星現る!”の感覚。ほど良い強度で痺れ、かつ香る花椒。ラー油の香りや辛みも心地よく、かと思えば細く刻み入れられたパクチーがまた爽やか。 ※ランチタイムあり


中華料理 あさひ|穏やかな酸味に、肉味噌の複雑な旨辛さが交差する「冷やしそば」(中華料理/浅草)

中華料理 あさひ|穏やかな酸味に、肉味噌の複雑な旨辛さが交差する「冷やしそば」(中華料理/浅草)

浅草観音裏に、高い実力に唸る町の中華料理屋がある、『あさひ』だ。店主は4代目。祖父から引き継いだ味を守りつつ、新メニューの開発にも余念がない。中華そばに肉団子、パクチーラーメンなど、どれを注文しても外れはないが、とりわけ「冷やしそば」は秀逸。[交]地下鉄銀座線浅草駅6番出口から徒歩10分 ※ランチタイム有


巧匠|海鮮かた焼きそばはサクサク揚げ麺をひきたてる魚介たっぷりのとろ~り餡(台湾料理/目黒)

巧匠|海鮮かた焼きそばはサクサク揚げ麺をひきたてる魚介たっぷりのとろ~り餡(台湾料理/目黒)

「巧匠」は専門の調理師の手による豊富な点心もオススメで、注文を受けてから皮を延ばして包む肉汁たっぷりの小籠包や、約10種類も揃う水餃子など、本場の味をリーズナブルに堪能できる。他にも台湾火鍋をはじめ多彩なメニューもこちらの魅力だ。[交]JR山手線ほか目黒駅東口から徒歩5分 ※ランチタイム有


龍口酒家|爽やかなゴマダレが、翡翠色の麺に快くからむ「ゴマダレ冷やし麺」(冷やし中華/幡ヶ谷)

龍口酒家|爽やかなゴマダレが、翡翠色の麺に快くからむ「ゴマダレ冷やし麺」(冷やし中華/幡ヶ谷)

「龍口酒家」は旬の野菜を使い、時には漢方を取り入れ、薬膳をベースとした身体に優しい中華料理が楽しめる名店。ここの冷やし麺は、美しい翡翠色が特徴。オーナーシェフの石橋幸さんが、30年ほど前に考案したクロレラを練りこんだヘルシーな麺で、喉越しも見た目も素晴らしい。[交]京王新線幡ヶ谷駅改札口から徒歩すぐ ※ランチタイム有


新世界菜館|甘く香ばしい上海ガニのカニミソを心ゆくまで堪能する(中華料理/神保町)

新世界菜館|甘く香ばしい上海ガニのカニミソを心ゆくまで堪能する(中華料理/神保町)

上海ガニを食べるならと、必ず名が上がる店がこちら『新世界菜館』だ。その味を求める客が昼夜問わず訪れ、1日150〜200杯の上海ガニを饗する人気店である。[交]地下鉄都営三田線ほか神保町駅A3出口から徒歩1分 ※ランチタイム有


ランキング


>>総合人気ランキング