MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
餃子

餃子

餃子のグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した餃子のお店を紹介しております。

餃子のグルメ記事一覧

表示順:
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
 移動販売の餃子店を経て、こちら浅草に餃子バーを開店して2年。店主“けいすけ”さんの作る餃子がユニークにして旨い。まずは基本の肉餃子。
旨さの秘密は第一に皮にある。無論、餡の配合や全体の調和も大事にするのは言うまでもないが、大前提で皮が旨くないと全てがおじゃん。
 この小さなひとつにどれだけ情熱が詰まっているか。声を大にして伝えずにはいられないのが、店主・山下さん夫妻が神戸の人気店で学んだ味を基に研究した、ご覧の端正な餃子だ。
地道で、さりげない。その餃子の味も、形も、店の姿勢も。
「トリュフ餃子」は薄皮のやや小ぶりな餃子を口に近づけるとフワ~ンとトリュフの香り! パクリとやれば肉汁溢れる餡と交わって口内に旨みが広がり、これはもう間違いなくワインである。
「しっかり味がついてるので、最初は何もつけなくてもOK」という餃子は、ニンニクがちゃんと利いて、野菜がたっぷり。しっかりパンチを感じさせながら、噛み締めればニラ、ネギ、そしてキャベツの甘みも感じる。
中野エリアの餃子屋「中野餃子 やまよし」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。ラーメン店に勤めていた「中野餃子 やまよし」の矢部さんは餃子が大好き。美味しい餃子があると聞けば、あちこちに足を運んで食べ歩いていた。
「哈爾濱餃子 (ハルビンギョウザ)」の笑顔が優しいご夫婦は餃子が美味しい中国東北部の出身。ここでは現地で味わうような手作りの水餃子と日本人好みの焼き餃子の両方が味わえる。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt