そば

そばのグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見したそばのお店を紹介しております。


そばのグルメ記事一覧

ここでしか愉しめない美味に、足繁く通う常連も多い。|白河そば(そば/牛込柳町)

ここでしか愉しめない美味に、足繁く通う常連も多い。|白河そば(そば/牛込柳町)

塩の旨みが演出するパンチある味とハーモニー。澄んだつゆから立ちのぼるダシの香りに誘われて、やや太めの蕎麦を勢いよくすする。と、赤穂の天塩を利かせたつゆが蕎麦の甘みを引き立てるという、絶妙のハーモニーが口に広がるのだ。


チャーシュー・煮卵がどーん!ラーメン風の蕎麦|a la 麓屋(そば/田町)

チャーシュー・煮卵がどーん!ラーメン風の蕎麦|a la 麓屋(そば/田町)

繊細な蕎麦風味を立たせるラーメン風の温蕎麦。チャーシュー・煮卵がどーんと鎮座。さらに黒胡椒とニンニクチップがふわっと香り、食欲をそそられる。


大胆!チーズ入り蕎麦?!|よもだそば(そば/日本橋)

大胆!チーズ入り蕎麦?!|よもだそば(そば/日本橋)

真面目なダシにこそ合うとろり濃厚チーズ。温かいかけ蕎麦に天かすとチーズを入れた大胆な変わり蕎麦。こってりなのにあっさりしている秘密はつゆ。


丼からはみ出す怒涛の天ぷら盛り!!|とんがらし(そば/水道橋)

丼からはみ出す怒涛の天ぷら盛り!!|とんがらし(そば/水道橋)

 天に向かってそそり立つ3種の天ぷらは、注文後に揚げられる。そのため品がササッと出るわけではない(むしろ少し待つ)が、圧倒的迫力の天ぷらたちに胃も心も、サイフまでもが大満足。


そば処 あきば(そば/秋葉原)|自家製蕎麦、こだわりつゆ、価格と3拍子揃う

そば処 あきば(そば/秋葉原)|自家製蕎麦、こだわりつゆ、価格と3拍子揃う

 戸隠の蕎麦を使った自家製麺は、ツルリとしたのど越し。つゆには真昆布など厳選素材が使われ、優しい味わい。


十割蕎麦が薫り立つ極上の塩ダレ|そば助 本店(そば/稲荷町)

十割蕎麦が薫り立つ極上の塩ダレ|そば助 本店(そば/稲荷町)

 北海道・旭川産の蕎麦粉を利用した十割蕎麦の生地を、注文を受けたのち1食ずつ特注マシンで瞬時に麺にして、その場で茹でる。“汁なしまぜそば”や“つけそば”系のメニューですすれば蕎麦の風味のよさがよくわかるはず。


鰹節問屋直営の名店が神谷町に出店|そばよし(そば/神谷町)

鰹節問屋直営の名店が神谷町に出店|そばよし(そば/神谷町)

 日本橋本町の名店が神谷町に出店!鰹節問屋直営だけあって、何と言ってもつゆが旨い。つゆの奥深さ、芳醇な香りに思わず笑みがこぼれる。


立ち喰い価格の十割蕎麦に大満足|東京バッソ(そば/馬喰横山)

立ち喰い価格の十割蕎麦に大満足|東京バッソ(そば/馬喰横山)

「十割そばを気軽にたっぷりと」ということで、十割蕎麦が化学調味料無添加のつゆと供される。


福そば(そば/人形町)|天ぷらのカリッが心地よい艶やかな生そば

福そば(そば/人形町)|天ぷらのカリッが心地よい艶やかな生そば

 清潔感がある粋な佇まい。その雰囲気を裏切らず、きれいでスッと体に染みる立ち蕎麦だ。


コスパもバリエーションもすごい。|一由そば(そば/日暮里)

コスパもバリエーションもすごい。|一由そば(そば/日暮里)

もうこれは庶民の味方以外の何者でもなく、年中無休24時間営業。のみならず、コスパもバリエーションもすごい。


神田まつや|種ものの具をアテに江戸の庶民の粋な楽しみ(そば/神田)

神田まつや|種ものの具をアテに江戸の庶民の粋な楽しみ(そば/神田)

 蕎麦前について尋ねるなら、やはりここ『神田まつや』を置いてほかにないだろう。明治17年創業の老舗にして、庶民的ながらも粋な風情は今も変わることがない。かの池波正太郎がひいきにして通ったことでも有名だ。


鴨の旨みがぐぐーっと出たつけ汁を満喫してすすろう|みとう庵(そば/大塚)

鴨の旨みがぐぐーっと出たつけ汁を満喫してすすろう|みとう庵(そば/大塚)

 蕎麦もつゆも自家製。こちらのおすすめは「きざみ鴨せいろ」だ。


東京近郊でおそらく唯一、わんこそばに挑戦!|わんこそば たち花(そば/東白楽)

東京近郊でおそらく唯一、わんこそばに挑戦!|わんこそば たち花(そば/東白楽)

 とある週末、編集・武内とライター・菜々山が向かったのは、東白楽にある『わんこそば たち花』。ここは東京近郊でおそらく唯一、わんこそば体験ができる店なのだ。


茹で汁ごと食す都内では珍しい釜あげ蕎麦|出雲蕎麦 錦織(そば/中目黒)

茹で汁ごと食す都内では珍しい釜あげ蕎麦|出雲蕎麦 錦織(そば/中目黒)

 名物の割子蕎麦の他にも、蕎麦を茹で汁ごと盛りつけ、奥出雲産醤油を使ったつゆを注いで好みの味付けにして食す「釜あげそば」もメニューに載せる。島根の蕎麦は、外殻が付いたままの玄蕎麦を挽いた“玄挽き”が主流。


御清水庵 清恵(そば/日本橋)|大根の搾り汁で引き立つ蕎麦の甘み

御清水庵 清恵(そば/日本橋)|大根の搾り汁で引き立つ蕎麦の甘み

出身地である福井の食材を紹介するため、店主・中本好美さんが15年前にこの店を開いた。契約農家から毎朝届く挽き立ての蕎麦粉を使用し外二で打つ蕎麦は、ふくよかな香りが満点。


京都鴨そば専門店 浹|昆布を利かせた関西ダシで蕎麦を食す(そば/日本橋)

京都鴨そば専門店 浹|昆布を利かせた関西ダシで蕎麦を食す(そば/日本橋)

京都の味をすする!関西のつゆに着目して作り上げたのがこの1杯。基本となるのは、漁師を指定して仕入れる羅臼昆布や真昆布だ。


東京都内でここだけ!呉汁で打った優しい甘さの蕎麦|手打ちそば 芳とも庵(そば/牛込神楽坂)

東京都内でここだけ!呉汁で打った優しい甘さの蕎麦|手打ちそば 芳とも庵(そば/牛込神楽坂)

津軽の味をすする!その製法の複雑さから、本場でもこれを打つ店は数軒しかないという津軽蕎麦。そんな幻の蕎麦を都内で食べられる、「芳とも庵」はおそらく唯一の店だ。


越後屋|布海苔でつないだのど越し抜群の滑らかな蕎麦(そば/末広町)

越後屋|布海苔でつないだのど越し抜群の滑らかな蕎麦(そば/末広町)

 新潟県出身の店主が営む老舗で、東京にへぎそばを紹介した先駆け的存在でもある。香りを生かすため、石臼引きした国産蕎麦粉を使用し、弱火でじっくり練った青森県・尻屋崎周辺で採れる上質な布海苔ををつなぎにして打つ。


名店ひしめく西武線にお目見えした新たなる実力店|手打ち蕎麦 雷鳥(そば/石神井公園)

名店ひしめく西武線にお目見えした新たなる実力店|手打ち蕎麦 雷鳥(そば/石神井公園)

オープンしたばかりの新店。せいろは北海道産のキタワセ種を中心に粗めの粉と微粉をブレンドし、弾けるようなコシと軽快なのど越しを持つ。


腕利きの女性そば職人が打つ白と黒|浅草 じゅうろく(そば/浅草)

腕利きの女性そば職人が打つ白と黒|浅草 じゅうろく(そば/浅草)

 若き蕎麦職人である伊勢谷留衣さんが目指すのは、透明感があり、プリッと弾けるようなコシを持つ、見た目にも端正な蕎麦。粗挽き粉を使用しながらものど越しよく、しなやかな質感だ。


ランキング


>>総合人気ランキング