MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
天ぷら・揚げ物

天ぷら・揚げ物

天ぷら・揚げ物のグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した天ぷら・揚げ物のお店を紹介しております。

天ぷら・揚げ物のグルメ記事一覧

表示順:
大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。
更新: 2018-10-20 18:00:00
串天ぷら 段々屋(ダンダンヤ)/串揚げ、てんぷら/西新宿|目の前で職人が揚げてくれる熱々の天ぷらを、ふっくら炊かれたご飯と共に食す、まさに至福の定食。「松」は鮮度抜群のエビ、イカ、キスに旬野菜が2種類付き、これで750円は驚きのコスパ。
更新: 2018-09-10 10:16:16
隣接する「銀○」「魚○」と同じ系列店で、どこに入っても各店のメニューから越境的に頼める。『牛○』は字のごとく牛肉が売りで、中でも手ごねの「メンチカツ」が旨い。
更新: 2018-04-01 12:00:00
東京に数ある天ぷら店のなかでも、従来の概念を取り去り、常に新しい食材や手法に挑戦し続けている同店は、ミシュラン二ツ星連続獲得の超予約困難な店。店主・近藤文夫さんの天ぷらは、口に含んだ瞬間の香りの高さ、瑞々しさ、食感と、そのどれもが驚きの連続を食べ手に与える。
更新: 2019-05-22 10:48:18
渋谷の海老フライ専門店「海老フライ専門店 海老昌(えびまさ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。30㎝はあろうかという特大エビフライに初めての人は度肝を抜かれるだろう。躍動感ある姿にもグッと惹き付けられる。[住所]東京都渋谷区道玄坂2-22-6 クレア道玄坂地下1階
更新: 2018-10-12 14:03:12
天ぷら食堂 ひさご(天ぷら・揚げ物/両国)|大正7年創業、100年近い歴史を持つ老舗の姉妹店。天ぷらは特注の胡麻油を使って揚げられる。
更新: 2018-05-07 10:02:04
麻布十番エリアの串カツ店「中目黒いぐち 上ル」のグルメ記事と写真のページ。焼き鳥をガストロノミックなコースに仕立てた『中目黒いぐち』が新しくチャレンジするのは揚げ物。その名も“上ル”は、天ぷらと串揚げがテンポよく配置されたコースが新しい。[アクセス]は地下鉄大江戸線麻布十番駅4番出口から徒歩2分
更新: 2018-09-23 10:22:42
新橋エリアの天ぷら店[車海老専科 天麩羅 手一束(ていっそく)]のグルメ記事と写真のページ。サイマキとは、寿司屋や天ぷら屋が好んで使う小ぶりなサイズの車エビ。高級食材だが、この店ではコースに追加すると1尾150円という原価で食べられる。[アクセス]JR新橋駅烏森出口から徒歩8分
更新: 2018-09-28 13:13:01
花街・神楽坂でお座敷天ぷらとして長年親しまれてきた『天孝』。初代は美食家に愛された神田猿楽町『天政』出身。その名門が、本店近くにカジュアルなセカンド店『あら井』を開店した。天婦羅 あら井の[アクセス]は地下鉄東西線飯田橋駅B5出口から徒歩6分
更新: 2018-09-06 17:26:18
浜田山「てんぷら 藤吉」は喧騒とは無縁の住宅街の一角に店を構える。“食べること好きが高じて”18年前に始めたという店は、清潔感のある和の佇まいが心地いい。「てんぷら 藤吉」の[交通アクセス]は京王井の頭線浜田山駅から徒歩3分
更新: 2018-09-06 17:29:27
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt