MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
うなぎ

うなぎ

うなぎ・どじょう・あなごのグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見したうなぎ・どじょう・あなごのお店を紹介しております。

うなぎのグルメ記事一覧

表示順:
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
更新: 2019-09-08 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。
更新: 2019-08-09 12:00:00
関東では一般的と言っていいうな串。関西ではほとんど見かけることのないこのスタイルで、10年以上前から人気を集めている。
更新: 2019-07-28 12:00:00
明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。
更新: 2019-07-27 12:00:00
浜松産「活うなぎ」を使用。一番人気の「上うな丼」をはじめ、刺身や煮付け、焼魚といった魚料理までメニューが豊富に揃う。
更新: 2019-07-26 12:00:00
ガラガラッとガラス戸を開けて入ると、開放的なレイアウトでテーブル席と畳の座敷席。敷居は高くないが、老舗らしい空気感。
更新: 2019-07-26 10:14:01
お重の蓋を開けた瞬間、この蒲焼きにひと目惚れした。明治42年の創業から受け継ぐタレを3度まとわせ、紀州備長炭で炙った身は、まるでキャラメリゼしたかのようなテリとツヤを持つ。
更新: 2019-07-26 10:02:32
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-26 10:05:32
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-26 10:03:56
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt