MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
うなぎ

うなぎ

うなぎ・どじょう・あなごのグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見したうなぎ・どじょう・あなごのお店を紹介しております。

うなぎのグルメ記事一覧

表示順:
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-20 12:00:00
堺市の本店は、元々うなぎの持ち帰り専門店として営業。50年近くの歴史を持つ。
更新: 2019-07-19 12:00:00
1995(平成7)年、昭和区白金で創業以来、多くの食通を唸らせてきた『炭焼 うな富士』。ここは初の暖簾分け店として、今年1月にオープン。
更新: 2019-07-19 11:26:09
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-19 11:16:45
常識にとらわれない、これが極意。追求するのは手間をかけて美味しいうなぎを提供すること、ただそれだけだ。
更新: 2019-07-19 11:14:15
「チャレンジ精神を忘れずにいいと思えばやってみることが大事」と店主の飯野さん。50年続く店の2代目として、変化を恐れず味を進化させてきた。
更新: 2019-07-12 11:40:26
店主は鰻問屋に10年勤めてからうなぎ屋になったという経歴の持ち主。旨いうなぎを知りつくした目利きで、うなぎは一尾ずつ(!)選別して仕入れる。
更新: 2019-07-08 12:00:00
分厚い身を頬張れば、舌の上でホロリとほどけ、香ばしさと脂の甘みの余韻がいつまでも続く。創業は今から約70年前。
更新: 2019-07-08 13:33:10
人吉市紺屋町で創業100余年。伝統の味を求めて全国から多くの客が駆けつけ、お昼時は行列ができる有名店だ。
更新: 2019-07-09 11:19:41
神奈川でブランドうなぎ「坂東太郎」を食べたいアナタは急いでココに予約するべし。極厚のそれはお重の蓋をも跳ねのけそうな迫力だとおわかり?
更新: 2019-07-08 13:30:39
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt