MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
バル・バー

バル・バー

バル・バーのグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見したバル・バーのお店を紹介しております。

バル・バーに関連するカテゴリ

バル・バーのグルメ記事一覧

表示順:
目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。
更新: 2019-01-16 12:00:00
千駄木『スパイスバル コザブロ』|スパイスを利かせたつまみや焼き物などが豊富に揃うバル。4種類あるカレーの中で注目すべきは「サメのカレー」。
更新: 2019-01-10 12:00:00
 この店は、通りすがりではなかなか見つけられない神田バル横丁の2階にある。スタイリッシュなカウンターで迎えてくれるのは、はんなりした美人女将の村岡さん。
更新: 2018-06-07 21:00:00
 あるラジオ番組の企画で「東京イチウマいフィッシュ&チップスの店」に選ばれたというソレは、ホントに美味! 白身魚のタラは冷凍を一切使用せず、身がホックホク。
更新: 2018-04-04 16:57:04
6月1日にオープンした鉄道バル。国鉄時代から日本食堂として、列車食堂を営業していた「日本レストランエンタプライズ」が手がけるとあって、“ホンモノ”にこだわる。
更新: 2019-02-20 16:14:27
富山でも数少ないクラフトビールを揃えたバル。その2階にあるのが同じ名前の炭火焼きレストラン。
更新: 2019-06-06 15:09:04
 奥行きのある心地いいカフェのような空間で、メニューには南インド風のカレーやサバサンド、ベトナムのフォーなど、スパイスの利いたエスニック料理の数々が並ぶ。そんなスパイシーな料理によく合うと人気なのが「塩レモンサワー」。
更新: 2018-02-08 22:00:00
 店名は家のようにゆったりとくつろいでほしいという思いから。普段使いできる価格ながら、契約農家からの有機野菜を可能な限り使うなど、食材は“良いもの”にこだわる。
更新: 2018-02-06 18:00:00
 店主・五十嵐さんは、東日暮里にかつてあった広東料理の超人気店『艇家』を営んでいた。諸事情あって閉店後、心機一転ここ赤羽で香港料理をベースにした、つまみとワインの店を開いたのは一昨年のこと。
更新: 2018-02-06 17:26:38
御徒町のビアバール「ビアバール丸々 御徒町店」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。三島に本店を構えるビアバール。15のタップから注がれる稀少なビールに喉が鳴る![住所]東京都台東区上野3-8-6 朝日ビル11号館1階
更新: 2018-10-12 15:34:51
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt