カフェ・喫茶店・スイーツ

カフェ・喫茶・スイーツのグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見したカフェ・喫茶・スイーツのお店を紹介しております。


カフェ・喫茶店・スイーツのグルメ記事一覧

シュークリーム専門店の冬の陣!

シュークリーム専門店の冬の陣!

カリッとしたシュー皮にトロリとろけるクリーム。個性的なシュークリームの専門店のシュークリームをさっそく食べ比べてみました。


何十年も変わらぬ誠実な味のサンドイッチ|ワンモア(喫茶店/平井)

何十年も変わらぬ誠実な味のサンドイッチ|ワンモア(喫茶店/平井)

 直木賞作家の常盤新平さんをはじめ、数々の文化人に愛されてきた『ワンモア』。銅板で焼くホットケーキが有名だが、実はサンドイッチにもファンが多い。


ジャズ オリンパス!|ジャズの音に揺られながら名物カレーを(喫茶店/小川町)

ジャズ オリンパス!|ジャズの音に揺られながら名物カレーを(喫茶店/小川町)

 店の奥に鎮座するのはJBLのスピーカー「Olympus」。50年以上前の名器から鳴り響く、ジャズの心地良い音がこの店の主役である。


蔦珈琲店(珈琲店/表参道)|心地いい空間でいつもそこにあるサントスNo2を

蔦珈琲店(珈琲店/表参道)|心地いい空間でいつもそこにあるサントスNo2を

「蔦珈琲店」にはいつも変わらない一杯があり、身を落ち着けられる空間がある。その価値をしみじみ教えてくれるような店だ。1988年の開店以来、毎日自家焙煎され、手縫いのネルでドリップされるコーヒーは、ブラジルサントスNo.2。


ここだけでしか食べられない老舗喫茶の名物|ロッジ赤石(喫茶店/浅草)

ここだけでしか食べられない老舗喫茶の名物|ロッジ赤石(喫茶店/浅草)

 『ロッジ赤石』は浅草のオアシスである。小さな厨房で2代目の小沢康純さんが腕を振るうメニューは、サンドイッチ類から洋食、丼と幅広い。


トロワ シャンブル(珈琲店/下北沢)|「ニレ」と「カゼ」2種類のブレンドを味わいたい

トロワ シャンブル(珈琲店/下北沢)|「ニレ」と「カゼ」2種類のブレンドを味わいたい

「おすすめはこちら」というブレンドには、「カゼ」と「ニレ」の2種類がある。「ニレ」はオールドビーンズを使った深煎りでやや苦め、「カゼ」は煎りがちょっと浅め。


カフェ ブールマン(喫茶店/成城学園前)|街の人々が集うジャズと料理のシックな空間

カフェ ブールマン(喫茶店/成城学園前)|街の人々が集うジャズと料理のシックな空間

「カフェ ブールマン」は1980年にオープンした店、街の住人の憩いの場であった。2012年から現店主の吉岡さんが引き継ぎ、少し遅めの15時からの開店となり、週末にはトップクラスの出演者によるジャズライブ等が行われる。


画廊喫茶ミロ(喫茶店/御茶ノ水)|路地の奥に今も残された昭和を味わう

画廊喫茶ミロ(喫茶店/御茶ノ水)|路地の奥に今も残された昭和を味わう

駅前の細い路地に隠れるようにある「画廊喫茶ミロ」は創業1955年。先代から娘の清水京子さんへと受け継がれ、60余年を経て今なお懐かしい昭和の面影と味を留めている。


コーヒーロッジ ダンテ(珈琲店/西荻窪)|クリアで深い、サイフォンならではの味わい

コーヒーロッジ ダンテ(珈琲店/西荻窪)|クリアで深い、サイフォンならではの味わい

 ポコポコと音を立て、いい香りのするサイフォンを前に、カウンターでマスターと世間話をするもよし。ロッジ風の椅子席でひとり読書もまたよし。


アリンコ 小石川工場前店|訳ありロールを求めて運試し(ケーキ/春日)

アリンコ 小石川工場前店|訳ありロールを求めて運試し(ケーキ/春日)

 最後に戦いを挑んだのは『アリンコ』のロールケーキ。


ToshiYoroizuka TOKYO|鎧塚氏こだわりの逸品と共に贅沢な休息時間を(カフェ/京橋)

ToshiYoroizuka TOKYO|鎧塚氏こだわりの逸品と共に贅沢な休息時間を(カフェ/京橋)

 国内屈指のパティスリーとして名高い「トシ・ヨロイヅカ」の都内最大の旗艦店。1階のショップ&カフェスペースで軽食やケーキを、2階のサロンでは、目の前で仕上げられるカウンターデザートを楽しめる。


昭和レトロなゴージャス空間で純喫茶時間を|喫茶 丘(喫茶店/上野)

昭和レトロなゴージャス空間で純喫茶時間を|喫茶 丘(喫茶店/上野)

 アメ横の雑踏から階下に降りると、地下1〜2階に広がる空間はレトロな別世界。1964年の創業、そのまんま昭和のエアポケットに入ったような感覚で、純喫茶時間を楽しめる。


20分かけて焼く特厚ホットケーキは中までふわっ!|喫茶 ニット(喫茶店/錦糸町)

20分かけて焼く特厚ホットケーキは中までふわっ!|喫茶 ニット(喫茶店/錦糸町)

 創業52年。親子三代に40年選手のベテランスタッフが切り盛りするアットホームな純喫茶。ワインカラーのソファのボックス席も落ち着くし、壁にはさりげなく本物の押し葉が閉じ込められたタイルがあったり、年代物のお洒落なランプも魅力的。


先代から受け継ぐこれぞ喫茶店のサンドゥイッチ|はまの屋パーラー(喫茶店/有楽町)

先代から受け継ぐこれぞ喫茶店のサンドゥイッチ|はまの屋パーラー(喫茶店/有楽町)

 惜しまれつつ一度幕を閉じた、1966年創業の先代の店を、2012年に改めて引き継いだ。場所や店内の家具はもとより、人気のサンドゥイッチのレシピも先代から丁寧に教わったものだ。


喫茶 ゆうらく|指定席を決めて喫茶店飯を楽しみたくなる(喫茶店/浅草橋)

喫茶 ゆうらく|指定席を決めて喫茶店飯を楽しみたくなる(喫茶店/浅草橋)

 こちらの店は先々代の頃は旅館で、屋号をそのままに1974年、純喫茶として開店。レギュラーメニューはもとより、朝一番のモーニングメニュー、ランチサービスなど、ともかくメニュー豊富でリーズナブル。


レトロ喫茶めぐり「物豆奇」|(珈琲店/西荻窪)

レトロ喫茶めぐり「物豆奇」|(珈琲店/西荻窪)

おとなの週末「中央線レトロ喫茶めぐり」特集掲載店舗。おすすめは「ソーダフロート」。運ばれてうっとり、ザクロシロップを使ったグレナデンソーダのピンク色に浮かぶ真っ白なアイス……。昭和50年から続くアンティークな内装の中で味わうと、さらに格別。


レトロ喫茶めぐり「ペペルモコ」|(珈琲店/高円寺)

レトロ喫茶めぐり「ペペルモコ」|(珈琲店/高円寺)

おとなの週末「中央線レトロ喫茶めぐり」特集掲載店舗。ぺペルモコ』はカウンターのみのお店で、笑顔が優しいママが約37年前からひとりで切り盛り


レトロ喫茶めぐり「名曲喫茶 ヴィオロン」|(珈琲店/阿佐ヶ谷)

レトロ喫茶めぐり「名曲喫茶 ヴィオロン」|(珈琲店/阿佐ヶ谷)

おとなの週末「中央線レトロ喫茶めぐり」特集掲載店舗。そして『名曲喫茶ヴィオロン』は、昭和55年から質の高いSP/LPレコードの音を伝え続ける希少な店。真空管アンプから伝わるクラシックは柔らかで、耳が疲れない。


レトロ喫茶めぐり「珈琲 タイムス」|(珈琲店/新宿)

レトロ喫茶めぐり「珈琲 タイムス」|(珈琲店/新宿)

おとなの週末「中央線レトロ喫茶めぐり」特集掲載店舗。パンのセットにつくポテトサラダは自家製で、ぽくぽくしたお芋とマヨネーズの酸味が絶妙。


レトロ喫茶めぐり「珈琲専門店 エース」|(珈琲店/神田)

レトロ喫茶めぐり「珈琲専門店 エース」|(珈琲店/神田)

おとなの週末「中央線レトロ喫茶めぐり」特集掲載店舗。昭和46年創業の神田『エース』はデジタル化した現代とは一線を画すほっこり空間。


ランキング


>>総合人気ランキング