MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おでん

おでん

おでんのグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見したおでんのお店を紹介しております。

おでんのグルメ記事一覧

表示順:
黒はんぺんやさんかく、ふわ。魚粉をしっかりかけて食べるのが旨い静岡おでん。
更新: 2019-02-27 12:00:00
京橋駅周辺をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめおでん。おでんが恋しいこの季節。ならば黄金色のつゆが美しいこの店はいかが。
更新: 2019-02-18 15:34:12
小さなコの字カウンターの真ん中には、京風のうすいおダシのおでん鍋。生のりやハモのさつま揚げなど、季節のおでん種も充実。
更新: 2018-04-02 17:13:20
「平澤かまぼこ王子駅前店」は17年前にオープンした立ち飲みのおでん屋さんで、昼間から混んでいる。[交]JR京浜東北線、東京メトロ南北線、都電荒川線王子駅、JR王子駅親水公園口より徒歩30秒 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-01 15:35:47
魚介系の黒い出汁で煮込まれた黒はんぺんや大根、たまご、1本130円の静岡おでんが名物。自分で鍋から取って、鰹節と青海苔の混じった出汁粉をかける。これと京都の昆布屋から仕入れた昆布入り焼酎のお湯割が最高に合う。予約至難だが口開け早々の時間なら入れるかも。西尾さん (にしおさん)交]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅C1出口
更新: 2017-09-01 15:46:53
大正4年から続く老舗。琥珀色の澄んだツユは、カツオと昆布から取るダシをベースに、戦後から継ぎ足し作られている。それに浮かぶのは常時36種類揃うおでん種。3日間かけて味を煮ふくめる「大根」や、生のイワシの身を丁寧にすりつぶして作る「つみ入れ」など、それぞれの具材に合わせた手間ひまかけた仕事で、変わらぬ味を守り続けている。
更新: 2017-12-20 15:48:12
引き戸を開けると、店内にはダシの香りが漂っている。おでんと燗酒を掲げて、店主の川辺さんが店を開店したのは12年前のこと。当時はお燗に対するお客さんの戸惑いも多かったというが、少しずつ飲み手の心を解きほぐし、やがて燗酒の名店として親しまれるまでになった。件 (くだん)[交]東急東横線学芸大学駅西口から徒歩2分
更新: 2019-01-22 09:59:19
渋谷 神泉のおでん店「おでん割烹ひで」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。花街に育てられた粋な味わいのおでん店「おでん割烹ひで」が創業したのは、円山町がまだ花街として栄えていた頃。旦那衆が常連で、通りも賑やかだったという。[アクセス]京王井の頭線 神泉駅から徒歩2分
更新: 2018-09-29 10:42:07
渋谷のおでん店「なだ一」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。「なだ一」は屋台時代から3代続くのんべい横丁のおでん屋。宮大工が手がけたという情緒溢れる店内では、大ぶりのタネが鍋でふつふつと炊かれ、郷愁を誘う。[住所]東京都渋谷区渋谷1-25-10
更新: 2018-10-10 16:07:09
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt