和食(その他)

和食(その他)のグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した和食(その他)のお店を紹介しております。


和食(その他)のグルメ記事一覧

喧騒の中でのんびりいただく至福のとき|茅乃舎 汁や 東京駅店(和食/東京)

喧騒の中でのんびりいただく至福のとき|茅乃舎 汁や 東京駅店(和食/東京)

福岡で1893年に創業した醤油蔵が原点の久原本家が展開する、ダシなど調味料類の販売店『茅乃舎』。隣接の『汁や』は、その調味料を使ったお椀を提供する店だ。


とり とうふ 炊きこみごはん 川の音 赤坂店|ピカピカの特級米を精米したてで炊き上げる(和食/赤坂)

とり とうふ 炊きこみごはん 川の音 赤坂店|ピカピカの特級米を精米したてで炊き上げる(和食/赤坂)

 赤坂駅からすぐの立地ながら、足を踏み入れると川床さながらの光景が広がる。京都府丹後産コシヒカリの玄米を当日に使う分だけ店内で精米。


米食米酒 穂のか|稀少な日本酒ばかり!ふっくら土鍋が旨い!(和食/武蔵小山)

米食米酒 穂のか|稀少な日本酒ばかり!ふっくら土鍋が旨い!(和食/武蔵小山)

 ビールも焼酎も置かない、まごうことなき日本酒の専門店。しかも、揃えているのは有名銘柄ではなく、世にあまり出ていない稀少酒ばかりと酒飲みの心をくすぐってくれる。


大阪の味噌屋『天満屋』が前身、4代続く老舗。赤坂で松茸専門店として開業

大阪の味噌屋『天満屋』が前身、4代続く老舗。赤坂で松茸専門店として開業

赤坂 松葉屋(和食/赤坂)|大阪・梅田の味噌屋『天満屋』を前身として創業し、4代続く老舗。1976年にここ赤坂で松茸専門店として開業した。


京都の味を荒木町で堪能|宮わき(和食/四谷三丁目)

京都の味を荒木町で堪能|宮わき(和食/四谷三丁目)

「宮わき」は京料理を基本とした割烹。1合炊きの羽釜を使った炊き込みご飯は、新潟県魚沼市の契約農家から、直送の際に精米してもらうコシヒカリを使用している。


南渋谷 なみの上(和食/渋谷)|「居酒屋以上割烹未満」を標榜する渋谷の和食店。

南渋谷 なみの上(和食/渋谷)|「居酒屋以上割烹未満」を標榜する渋谷の和食店。

「居酒屋以上割烹未満」を標榜する和食店。炊き込みご飯は、カツオとコンブの合わせダシをベースに、薄口醤油やみりんなどで味を調える。


AKOMEYA厨房|毎朝店で精米したブランド米が付く彩り鮮やかな昼セット(和食/銀座)

AKOMEYA厨房|毎朝店で精米したブランド米が付く彩り鮮やかな昼セット(和食/銀座)

 お米を中心としたライフスタイルショップで、店内ではバイヤーが全国から厳選した、ご飯のお供や調味料、食器類を販売している。その一画にある飲食スペースで食べられる名物ランチが「小鉢膳」だ。


全国から鮮度抜群の貝を産直で揃える鶯谷の貝料理専門店。

全国から鮮度抜群の貝を産直で揃える鶯谷の貝料理専門店。

焼貝 うぐいす(和食/鶯谷)|築地をはじめ、全国から鮮度抜群の貝を産直で揃える貝料理専門店。すべての料理に貝のダシや肝などが効果的に使用され、深い味わいが楽しめる。


恵比寿で手間と時間を惜しまず炊いた極め付きのご飯を味わえる。

恵比寿で手間と時間を惜しまず炊いた極め付きのご飯を味わえる。

米福(和食/恵比寿)|毎朝の仕込みは精米から始まる。それを富士山麓の天然水で研ぎ、さらに5~6時間かけて浸水させ、手間と時間を惜しまず炊いた極め付きのご飯を味わえる。


元給食調理員が作る!栄養たっぷりなイマドキの給食メニュー|cafe OGU1(和食/東尾久)

元給食調理員が作る!栄養たっぷりなイマドキの給食メニュー|cafe OGU1(和食/東尾久)

東尾久の「cafe OGU1 (カフェ オグイチ)」は若い女性が切り盛りする、Wi-Fi完備の一見おしゃれなイマドキのカフェ。しかし、ここではオトナの心をくすぐる魅惑のメニューを出している。


むしゃぶりつきたくなる美味しさの「西京焼」|銀政 銀座数寄屋橋 総本店(銀座/和食)

むしゃぶりつきたくなる美味しさの「西京焼」|銀政 銀座数寄屋橋 総本店(銀座/和食)

おとなの週末「三ツ星プレミアムビールを満喫できる店」特集掲載店舗。カウンターの向こうで燃えさかる炉の炎を肴に、杯が重なること必至の炉端焼き店。


高田馬場の実力派和食店「福茶庵」のボリューミーな日替わりランチ

高田馬場の実力派和食店「福茶庵」のボリューミーな日替わりランチ

「福茶庵 (ふくちゃあん) 」(和食/高田馬場)|高田馬場で41年続く実力派和食店。ボリューミーな日替わりランチは魚定食、肉定食ともに800円とお値打ちだが、悩んだときは両方味わえるダブル定食を頼むべし。


新潟を代表する銘酒「久保田」の蔵元が手がける割烹ランチ|久保田(和食/銀座)

新潟を代表する銘酒「久保田」の蔵元が手がける割烹ランチ|久保田(和食/銀座)

 新潟を代表する銘酒「久保田」の蔵元が手がける割烹。新潟の食材を中心にした料理の数々は見目麗しく盛り付けられ、日本酒との相性も抜群。


大使館お墨付きの珍しい料理が!JICAの食堂|食のゾーン J's Cafe(和食/市ヶ谷)

大使館お墨付きの珍しい料理が!JICAの食堂|食のゾーン J's Cafe(和食/市ヶ谷)

 JICAといえば「独立行政法人国際協力機構」。この団体の研究・市民参加施設「JICA市ヶ谷ビル」の食堂が、なにしろ様々な国の方が利用することから様々な国の本格的な料理が食べられると聞き、すっ飛んでった!!


江戸前汽船|昼ごはんも観光もすべて完結!もんじゃ屋形船(和食/新木場)

江戸前汽船|昼ごはんも観光もすべて完結!もんじゃ屋形船(和食/新木場)

 屋形船といえば、贅沢なお遊び! と思いきや、乗合のもんじゃ食べ放題屋形船ランチクルーズというのがあるっていうじゃない!


これぞニッポンの定食!新橋で愛情たっぷりの栄養ランチ|花未月(和食/新橋)

これぞニッポンの定食!新橋で愛情たっぷりの栄養ランチ|花未月(和食/新橋)

「花未月(はなみづき)」は心尽くしの和食が新橋のサラリーマンに愛され続けて20年。昼の定番なら変わらぬ人気の焼き鮭定食だろう。


神泉の名店発見!「定食サトウ」の定食セットがおすすめ!(和食/神泉)

神泉の名店発見!「定食サトウ」の定食セットがおすすめ!(和食/神泉)

おとなの週末「路地裏で舌鼓」特集掲載店舗。 メインの肉や魚料理に、850円の定食セットを頼むと野菜中心の小鉢7品とご飯、味噌汁が付いてくる。お惣菜と酒が充実し、定食以外にも利用できる。


それいゆ(和食/赤羽)|着物を粋に着こなす店主が作る家庭的な料理をつまみにほろ酔う

それいゆ(和食/赤羽)|着物を粋に着こなす店主が作る家庭的な料理をつまみにほろ酔う

 赤羽生まれ、赤羽育ちの店主・三林さんが作るのは、旬の食材を使用し、手間ひまかけた家庭的な料理だ。定番として用意する刺身の他に、野菜の煮物や自家製トマトソースのパスタまで、和洋問わず日替わりで用意する。


浅草 浪花家|これでいい…をこれがいい!に変えさせた隠れた名作(和食/浅草)

浅草 浪花家|これでいい…をこれがいい!に変えさせた隠れた名作(和食/浅草)

 もちろん最初は名物の「たい焼き」目当て。でもメニューにあるのを見て、興味本位で注文してみたところ……豚肉、キャベツ、人参という実にオーソドックスな焼きそばの登場。


人に教えたくない “新宿のオアシス”スポット|飲食笑商何屋 ねこ膳(和食/新宿三丁目)

人に教えたくない “新宿のオアシス”スポット|飲食笑商何屋 ねこ膳(和食/新宿三丁目)

新宿で24時間・年中無休営業にも関わらず、50円から小鉢、500円から定食が楽しめる。旨い安い居心地よし!の太鼓判店。


ランキング


>>総合人気ランキング