MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
坦々麺

坦々麺

坦々麺のグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した坦々麺のお店を紹介しております。

坦々麺のグルメ記事一覧

表示順:
唐辛子9種類、香辛料9種類を使って作られる香り豊かなラー油。香りが飛ばないように毎日挽かれる花椒の痺れ。
テーマは“毎日食べたくなる担々麺”。濃厚ながらも重くなく、カラダにやさしい汁なし担々麺を提供する。
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
10月に立川のラーメンスクエアにも出店を果たした注目の担々麺専門店。店名のとおり7色の担々麺を展開し、それぞれ異なった味わいを楽しめる。
人気ラーメン店『つじ田』グループが待望の新ブランドをオープン。今回の店舗は担々麺の専門店で、鶏と豚の清湯をベースにした2つの味の担々麺を展開している。※ランチタイム有
フカヒレと担々麺がメインの店。やさしい味わいの「フカヒレ丼」と、濃厚なゴマが香る「担々麺」のセットはランチタイムのみ。※ランチタイム有
「広島式 汁なし担々麺湯島ひよこ堂」は東京でいち早く「広島汁なし担々麺」を名乗った先駆け店。店主の近藤考行さんは広島の出身で、食べ歩きの末に独学でこの味を作り上げた。 ※ランチタイム有
護摩龍の担々麺のスープは鶏と豚を8対2の割合で合わせ、たっぷりの野菜と共に炊いた「濃厚ながらも胃もたれしにくい」と評判。じっくり練り込んだ2種類のゴマと数種類のスパイスが入った“しびれ”と“辛さ”を併せ持つ自家製辣醤を合わせることで、特注の太麺にも負けない濃厚なスープに仕立てている。 ※ランチタイムあり
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt